从宫崎骏的动漫作品看日本人的自然观毕业论文_日语毕业论文

从宫崎骏的动漫作品看日本人的自然观毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

宫崎骏被迪斯尼称为“动画界的黑泽明”,他继承了手冢治虫的生态理想,对于人与自然的关系进行了深刻的思考。不仅如此,他将自己的环境保护思想与电影巧妙的结合在一起。他的作品里包含了对于现实的揭露,对战争和环境的思考,对生命大自然,森林的赞美以及对人与自然间关系的思考等深刻内涵,即使宫崎骏的每部作品题材不同,但是他的生态观始终贯穿其中。本文在先行研究的基础上提出了从宫崎骏的动漫作品看日本人的自然观的研究目标。从宫崎骏的作品中我们可以看到日本人的自然观:人属于自然的一部分,应与自然和谐相处而非征服。通过本文的研究希望能够理解日本文化即日本人独特的自然观,并把握这种自然观在社会的运用价值。

关键词:宫崎骏 《风之谷》 《幽灵公主》 《龙猫》 和谐 自然观

目 次 

はじめに···························································1

1 宮崎駿の三つの作品の解読········································2

1.1『風の谷のナウシカ』—環境保護の代表作························2

1.2『もののけ姫』—人類と自然の対置······························2

1.3『となりのトトロ』—静謐の故郷································3

2 三つの作品における自然観の共通点·································5

2. 2.反人間中心主義·················································5

2.2独特な動物観···················································6

3 日本人の自然観···················································8

3.1自然観·························································8

3.2形成原因·······················································9

3.3昔の木を初めとする自然観·······································10

3.4今の和を初めとする自然観·······································11

おわりに····························································14

参考文献····························································15

謝辞································································16

はじめに

今、環境問題は人間の生存を脅かす深刻な問題の一つになる。それに、ますます深刻になる傾向もある。それゆえ、世界各国は環境問題に色々な関心を払った。日本の環境保護の事業はずっと世界の前列に行くのである。それと日本人の正しい自然観は密接な関係があると思う。宮崎駿は「環境保護の教主」と称される。彼の数多くの作品は人間と自然の付き合いを主題としている。いつの間にか観衆の環境意識を呼び覚ますものとなった。宮崎駿作品において、人類と自然の対置から、絶対に平和に付き合いの不可能まで、ないし、ある方式で平和に付き合いの可能への変化が発生してきたように見える。そのため、再び人類と自然の関係を深く検討すべきであろうかと思われる。

拙論の研究内容は次の三つ挙げられる。まず、宮崎駿の代表的な作品をあげて、その中における自然観を分析する。それから、宮崎駿アニメが自然観の面での共通点を中心にする。 最後、自然観が形成した原因を究明しようとする。また、昔と今の自然観を研究しようとする。

論述を通じて、宮崎駿が代表している日本人は、自然と人間の調和が期待している。「宮崎駿が映画を通じて、観衆に一番伝えたがっている感想は、「これからの人間は自然にどう対処するべきか」ということであろう。この映画を見れば、「このままだと数年後、世界はこのような様子だろうか。」、「その時、人間はどこで生きられるのか。」、「千年後の人間はどうやって自然と共存するのか。」等の感想について、皆も自然に考えられるであろう。現実の中の困難に悩んでいるが、依然として両方が共存する理想が実現できるために努力する。自然は人間に利益をもたらすだけでなく、災難ももたらす。」[[1]]それで、日本人は自然を深く畏敬して、共存する理想が実現できるために工夫を凝らしている。そのために、さまざまな法律を立てた。日本人の環境保護の意識もゴミ分類ような政策まで行き届く。そのことは、深刻な環境状況に面する中国人にとって、学ぶべきだと思う。

1 宮崎駿の三つの作品の解読

1.1『風の谷のナウシカ』—環境護の代表作

この映画で、汚染された水と消えた森で、虫と胞子は生存することができる。しかし、人間は生存することができない。宮崎駿は現在の環境問題に保対して心配することを示している。『風の谷のナウシカ』の中で、どこもかしこも腐臭が充満する「腐海」と呼ばれる菌類の森や獰猛な蟲に覆われ、世紀終末のような様子が現れる。この作品の主人公・ナウシカは最後に、「腐海」についての真相に気づく。本当は、菌類の森は有毒ガスを出ているのではなく、むしろ空気や土壌の中での有毒物質を殺菌したり浄化していたのである。王蟲は森の守護神として、ずっと人間が森の浄化システムを壊すことを阻止してきたが、無知で愚かな人間に天敵と思われ、鋭い激しく対立する関係となった。クシャナは王虫の群れを攻撃させように、巨神兵を復活させる。これは人類が自然を征服するために、どんな手段で目的も必ず達することを示す。これは「人間中心主義」ということだろう。宮崎駿はこの「人間中心主義」に反対する。映画の最後で、自然が寛容で、人間に生存する機会を与える。映画の最後で、人間や虫や菌類は共存している様子が描かれる。自然は人間に新しい生存条件を提供してくれた。人間と自然が共存する理想を表すと思う。

宮崎駿はこの映画を通じて、人々に最も伝える問題は「この後、人間は自然にどう対処するべきか」ということと思う。人々はこの映画を見れば、色々な自然についての問題を考える。

1.2『もののけ姫』—人類と自然の対置

『もののけ姫』の舞台は原始森林である。映画の中で、人間は自分の発展のために、山と森林を破壊した。人間と自然との調和が両立できない場合、人間は先に自分を満足する。これも「人間中心主義」と思う。『もののけ姫』に「シシ神」という神は一匹の鹿で、同時に彼は「シシ神の森」の生と死を掌握する神である。人類が森林を占領することを阻止するために、人類と反抗する、人類も一生懸命「シシ神」を殺そうとして戦う。戦いの中で、森は破壊されて緑を失ってしまう。そしてついに「シシ神」を殺す。「シシ神」が死ぬと、森に緑が戻って来た。「シシ神」が死んだので人間はもう森を恐

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接