从“会社”看日本人的集团意识毕业论文_日语毕业论文

从“会社”看日本人的集团意识毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

现今日本社会,集团意识在日本人的思想意识中根深蒂固,对日本人的思想和行为有着重大的影响发。集团意识表现在许多方面、许多场合,如育儿方式、学生教育等,而日本的“会社”就是体现集团意识的场所之一。

不论是在日本还是中国,关于日本集团意识的研究历史都很长久,并留下了很多研究成果。本论文在在这些先行研究的基础上,加上自己的想法对集团意识进行研究。所以本论文从“会社”的角度出发,第一章介绍日本的会社、会社中体现的集团意识及特征;第二章研究集团意识的意义及形成的原因;第三章从正面和负面两个方面分析集团意识的影响。并通过研究来更好地理解日本的社会。

关键词:集团意识;会社;成因;影响

目  次

はじめ 1

1 日本の会社 3

1.1 会社というのは意味 3

1.2 会社の中で集団意識の表現 3

1.3 会社の中で集団意識の特徴 7

2 集団意識 10

2.1 集団意識の定義 10

2.2 集団意識の形成 10

3 集団意識の影響 14

3.1 プラスの影響 14

3.2 マイナスの影響 15

おわりに 18

参考文献 19

謝  辞 21

はじめに

日本のアニメとかドラマから、日本人の集団意識が鮮明に表れる場面がとても多いことが感じられる。例えば、『Priceless』というドラマの中で、職員は大屋敷統一郎社長の経営方針について不満が爆発して、全員が会社を辞職するシーンがある。このシーンが少し誇張するかもしれないが、この誇張するシーンの中で体現したものは日本人の集団意識にほかならないと思う。だから、日本の会社は集団意識を体現する場所の一つであると考える。

 羅伯特は『日本精神』の中で、「日本人にとって、成功と失敗は全部集団のこのである。」[1]このような観点を表す。集団一人一人に対して、仕事中に成功だろうが、失敗だろうが、集団と苦楽を共にしなければならない。だから、たとえ会社は家族企業でも、社長が独断専行してはいけないで、何かあったらみんなで相談して決めるべきである。

日本人はよく「鉄砲が先頭に立つ鳥を撃つ」というのことわざがある。つまり、人は優秀すぎたら、他人の障害になって、彼は他人に憎悪される。日本では考えが異なる者はつねに排除されるから、集団の中でずっと自分の原則を堅持するの人は排除されやすい。それで、日本人にとって、自分の独立をふまえてできるだけ同調の平均化を保っている。日本人は集団を重視して、個人のことを集団に調和することがもう慣れるのは当たり前になる。

魚群は秩序を保って前に向かって泳ぐ。この隊列は水に込まれたの石に乱された時、魚群は逆の方向へ泳げる。方向を変えても、隊列は元どおりに整えていて、群れを成して泳ぐ。張健と王金林の『日本两次跨世紀的変革』の中で、「日本人をこのような一群の魚に例えるようにする西洋の評論家もある。これは日本の集団意識が生み出した力である。」[2]このような内容がある。

夏目漱石の『草枕』の始まりには、「智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」[3]と言う観点がある。この観点は日本人が人間関係に対処するとき、自己顕示しすぎるのではなくて、集団を守ることを体現しているのだ。

本論文はまず日本の会社から出発して、集団意識を体現された終身雇用制、年功序列、取引の特徴を紹介して、そして集団意識が形成した原因を分析して、集団意識の影響を研究する。

  1. 日本の会社

日本の会社は集団意識を体現する場所の一つである。日本の社会で、違う集団のメンバーの間に相互のつながりが薄く弱い。自分の集団外のことより彼らは自分と上級、下級および同僚の個人関係をもっと注意する。日本の会社の中で体現されるの集団意識を分析して、そして集団意識の本質と影響を探ることを試みたい。

    1. 「会社」というのは意味

会社は同じ志をもって物事を行う集団で、営利を目的とする社団法人である。会社法による会社は合名会社、合資会社、合同会社、株式会社をいう。共同により資本と労力を結合し、危険の分散を図るために発達。会社は、共同目的をもつ複数人の集合体であり、法人であるから権利義務の主体となり、営利法人であるから構成員への利益分配を目的とする。会社は大量の非経済の構成要素から成っているの経済社会組織で、「経済―社会」型の集団である。

日本の「会社」とは中国語で「公司」に訳される。このような翻訳は、あまり適当しないと思う。言語学で「公司」と「会社」は意味の対応する語ではあるが、語意学にとって「公司」は「会社」の社会学もつ意味が含まれないからである。

    1. 「会社」の中で集団意識の表現

日本人にとって、個人の社会の地位が個人の業績から来るのではなくて、職業と団体の深く関係に属するからだと思う。だから重要なのは会社で個人の業績を取ることを求めるのではなくて、会社は個人に誉れを与えることだ。日本人はある会社に入ったら、完全に会社忠誠を尽くして努力することができる。それに、彼は会社の成功と失敗が彼の一生と局外者がどのように彼を評価するかと関係があることを十分に知っている。これによって日本の会社は集団意識を体現する場所の一つだと言える。

      1. 終身雇用制

二十世紀五十年代から、日本でたくさんの企業は「終身雇用制」と「年功序列制」を広めて実行させる。つまり日本式の経営というものである。終身雇用制は同一企業で定年まで雇用され続けるという、日本の正社員雇用においての慣行である。長期雇用慣行ともいう。

日本の学者青木昌彦と奥野正寛は「終身雇用制は明確な固定制度ではない、ただ習慣や慣例である。」[4]のような観点を表す。日本の『経営学辞典』の解説による、「国際の経営方式と比べて、終身雇用制は社会的な組織を中心とする日本企業の独特な経営管理制度である。」[5]のような定義がある。『朝日現代用語―智慧庫』の解説による、「外国の企業の経営方式と比べて、終身雇用制は日本の独特な経営方式です。終身雇用制はただ相対的な概念で、比較の対象が変わるにしたがって、内容も違うようになる。」[6]のような定義がある。

終身雇用制は1918年に創立した松下電器産業株式会社によって提出された。松下電器産業株式会社の設立者は「経営の神」と呼ばれた松下幸之助である。彼は「松下の社員は定年退職まで失業が心配しない。松下の人によって会社は絶対誰でも解雇しない。」のような提案を出した。この終身雇用制はたくさんの企業にモデルとされる。

日本のドラマを見たとき、会社の中で中高年者の比率は高いと思う。そして、年を取ればとるほど会社に忠誠心が非常に固いようす。例えば前に話が及ばた『Priceless』というドラマの中で、五十二歳の専務財前さんは三十年前に会社で働けっているから、会社の元老と呼んでもいい人である。彼は会社に全力を尽くすので、みんなが会社を離れても、ずっと大屋敷統一郎社長のそばにいて、会社を守る。彼の会社への忠誠心から、終身雇用制の影響を体現された。財前専務のような社員にとって、会社は仕事をやる場所だけでなく、第二の家になっていると思っている。これは会社で集団意識が出ることの原因の一つと思う。

      1. 年功序列制

年功序列制とは官公庁、企業などにおいて勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度、慣習のことを指す日本型雇用の典型的なシステムである。その他、個人の能力、実績に関わらず年数のみで評価する仕組み一般を年功序列と称することもある。年功序列制度は、加齢とともに労働者の技術や能力が蓄積され、最終的には企業の成績に反映されるとする考え方に基づいている。職員の賃金は、年齢と勤続年数を延長するにしたがって年々増える。普通に、賃金は年を取ればとるほど高いである。だから、中高年職員と青年職員の間に賃金格差がある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接