日本园林的禅宗思想毕业论文_日语毕业论文

日本园林的禅宗思想毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

日本和中国对日本园林的研究都有很长的历史,并留下了大量的研究成果。本论文将在日本园林的先行研究的基础上,加以自己的理解和创新,对日本园林的禅宗思想进行研究。

本论文将先对日本园林进行介绍,主要介绍日本园林的起源和发展,然后分析日本园林的主要造园要素。其次,将主要以日本禅宗园林为对象进行研究。分析禅宗思想的核心,并探讨日本禅宗园林的历史变迁。接下来,将重点分析禅宗对日本园林的影响。包括日本禅宗园林的特点,分析禅宗在日本园林中的体现,即禅宗对日本园林的影响。作者希望能通过本文的研究,使日语学习者能够加强和深化对日本园林的历史、特征和禅宗对日本园林的影响的理解。

关键词:日本园林;禅宗思想;影响;特点

               

           

 目  次

はじめに 1

1 日本庭園 3

1.1 日本庭園の起源 3

1.2 造園の重要な要素 5

2 日本の禅庭園 7

2.1 日本の禅庭園の歴史的な変遷 7

2.2 禅宗思想の核心 8

3  禅宗の日本庭園への影響 10

3.1 日本の禅庭園の特徴 10

3.2 日本庭園に反映される禅宗思想 10

終りに 12

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

 日本庭園は、1000年を越す歴史を持つが、禅の影響を抜きにその歴史を語ることができない。日本庭園は禅宗から大きな影響を受けていた。そのため、中日両国では、日本庭園と禅宗に関する研究が多く行われた。例えば、中国では、

『中日庭園芸術における禅宗思想の比較研究について』の中で王業帥は、「禅宗思想と文化の起源から、まず中国庭園の影響のもとで、日本の寺院庭園、皇室庭園、自家用庭園の造園の特徴を分析し、そして禅宗思想の日本の庭園文化及び枯山水庭園に対する影響を分析し、さらに、禅宗思想の中日両国への影響の共通点と相違点をまとめ、分析を行った」[1]

 そして、『禅宗と庭園--日本の枯山水庭園について』の中で王発堂は、日本の枯山水庭園について、枯山水庭園が存在する凝固の境地美と枯淡の境地美という二種類の基本的な境地の美を研究した。凝固の境地美と枯淡の境地美について、「凝固の境地美は、日本の枯山水庭園に反映される歳月の変遷の美であり、枯淡の境地美は、日本の枯山水庭園に反映される悲愴の美である」[2]と述べている。さらに、王発堂によると、枯山水庭園が存在する二種類の基本的な境地の美を分析する際に、禅宗思想を論点として、文章全体に徹底された。

 一方で、日本で、日本庭園と禅宗の関わり合いについて、研究も多くある。

例えば、『禅と禅芸術としての庭』の中で、枡野俊明は、「禅の思想は、これまでにはなかった画期的な考え方を庭園に持ち込んだ。それは、心の内に見、心の内なるものを無限定に表現することである」[3]と分析した。枡野俊明により、禅の思想が日本庭園に大きな影響を与えたと指摘された。これらの先行研究により、大いに啓発された。

 本論文は、日本庭園の起源と発展を紹介し、さらに禅宗思想が日本庭園の形成と発展にもたらした影響を分析することに重点を置くことを試みたい。本論文を通じて、過去の不足な知識を補充し、また新たなものを身に付けるつもりである。今後の勉強に役立つと考える。

1 日本庭園

 本章で日本庭園について紹介する。まず日本庭園の起源、歴史を紹介する。飛鳥時代から明治時代にかけて、日本庭園の発展を明確にする。それから、日本庭園の種類と造園の重要な要素を分析するつもりである。

 1.1 日本庭園の起源

 日本庭園は、歴史的には、古くは祭祀、儀式の場に始まり、その後、饗宴、逍遙、接遇などの場として、あるいは観賞の対象となった。『日本書紀』では、「園」、「苑」「囿」などが用いられている。『古事記』・『日本書紀』が伝えるところによると、「日本庭園は、西暦3-4世紀に遡る。日本庭園が中国庭園思想から深い影響を受けた。古代中国で、永遠の生命、不老不死を求める神仙思想があり、達成した仙人は、東海に浮かぶ蓬莱・方丈・瀛洲・壺梁という四島からなる神仙島が住んでいるとされた。 中国などの庭園で、古くから神仙思想に基づき、日本庭園が作られた。」

 飛鳥時代から、奈良時代末期にかけて、日本で、中国唐代文化が大量に受け入れられ、日本社会の各分野が影響を与えた。その中、日本庭園は、主に中国の唐宋代の山水庭園から大きな影響を受けた。教の伝来に伴い、庭園文化も中国から伝わり、本格的な庭園作りが始まった。日本最古の庭園としては、平成11年、奈良県明日香村で、発見された園池跡が、飛鳥京の宮廷庭園である可能性が高く、最古の庭園遺構であると考えられている。日本庭園は、仏教世界の中心、須弥山を表現する山を中心に構成された。庭園に、神の世を作る趣向は、中国がその起源である。そして、日本の庭園も同様に見立てである。その後、阿弥陀信仰が広がるにつれ、今度は日本庭園に存在する島は、極楽浄土となる。その島には、現世と極楽浄土を結ぶ橋が作られ、庭園は、生きながらにして、極楽浄土を体験できるアミューズメントパークとなった。奈良時代には、築山・島・池・水流・白砂・滝という基本的な構成が、様式化してきた。

 平安時代なると、遷都につれて、本格的な日本庭園の歴史が始まった。特に、京都は、優美な稜線の山、起伏にとんだ地形と大小の清流などの自然条件に恵まれた。さらに、豊富な植物材料と庭石も産されたため、庭園作りに絶好の地であるとされた。この時代において、庭園様式は、寝殿造庭園と浄土式庭園の二種類あった。 

 鎌倉時代、武家政権ができたが、文化の主導権は、依然として京都にあった。そのため、武士の隆盛に伴い、禅宗寺院、浄土式庭園が興隆したと同時に、ミニチュア型の書院式庭園も発達してきた。

 室町時代になると、西芳寺庭園から深い影響を受けた鹿苑寺(金閣寺)と慈照寺(銀閣寺)という庭園が作庭された。この二つ庭園は、平安から鎌倉時代の美を受け継ぎつつ、新しい禅宗の造形感覚が加味された。新しい造園方法として、枯山水が出現した。砂で限られた空間に象徴化した枯山水は大いに流行していった。禅宗の隆盛により、抽象的な芸術、陰の余情を好む傾向となった。禅の自然観を石や砂で限られた空間に象徴化した枯山水は大いに流行していた。枯山水庭園は、その後、独立した庭の形式として、後に引き継がれた。

 安土桃山時代に入ると、茶室が作られ、茶庭が生まれた。当時、庭園は庶民のものとして、普及していた。

 さらに、江戸時代に入ると、日本庭園の集大成とも呼べる大名庭園が生まれた。形式として独自のものがあるわけではなく、枯山水庭園や浄土庭園、茶庭などをもとにし、順路にそって、移動することで変化していく風景を楽しむものであった。

 明治時代に入ってから、こうした大名庭園の多くは壊されており、新たに作られる庭も和洋折衷のもの、洋式化したものへと変わってきた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接