中国人観光客の日本での「爆買い」現象について毕业论文_日语毕业论文

中国人観光客の日本での「爆買い」現象について毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

这几年,每当连休的时候,在各地都能看到中国人蜂拥访问包含日本在内的外国,并大量购物的独特景象,使“爆买”成了日本的流行语。中国人的“爆买”现象也在日本的媒体上备受关注。

首先,本论文的开始部分介绍了研究的动机形成过程。接着,从三个部分探讨中国游客在日本的“爆买”现象。第一章据“爆买”现象的研究,对“爆买”的定义有了深入理解的同时,对这些“爆买”的人气商品和时期做简单的说明。

然后第二章分别以中日两国为例,举例分析了这种“爆买”现象发生的原因。有中国的经济成长、对本国制品的不信任感、日元贬值所带来的便宜感、中国的税制、代理购入这五个因素。

第三章中为了有效解决“爆买”现象,主要从中国方面的政府政策和游客自身理性的消费这两方面,列举了对应解决的方法。最后,提出自己的见解,对于谩骂去日本爆买的人为“汉奸”、“卖国贼”的现象,不应该用道德捆绑,而是应该客观理性对待。

关键词:爆买;中国游客;日本;理性的

目  次

はじめに 1

1 「爆買い」現象について 2

1.1 「爆買い」とは 2

1.2 「爆買い」の人気商品 3

1.3 「爆買い」の時期 6

2 「爆買い」現象の原因 7

2.1 中国人がわざわざ日本で買う理由 7

2.2 日本の中国人に爆買いさせる方法 10

3 「爆買い」現象への対応と解決策 13

3.1 中国側の対応政策 13

3.2 観光客の理性的な消費 14

おわりに 16

参考文献 17

謝  辞 19

はじめに

近年、海外旅行ブームが起こっている。中国人観光客が海外で見せる、驚くほどの高級ブランド購買力は世界中で注目を集めている。日本では「爆買い」をという言葉を耳にする機会がなってきった。特に2015年の春節、訪日した中国人は約45万人で、日本の人気観光スポットや商店街などでは過去最高の集客となった。免税品売り場がある家電量販店やドラッグストアの外には、中国人観光ツアーのバスが引き続いて絶えず、中国人観光客が殺到した。日本の温水洗浄便座や紙おむつなどは、一気に売り切れ状態になった店もあった。この期間、中国人の消費金額は約60億元(約1040億円)に達した。

しかし、歴史や民族感情などが原因で、中国人ネットユーザーの多くは日本でショッピングにふける中国人のことが理解できず、やゆする人や、日本で爆買いする人を「漢奸」「売国奴」などとののしる人もいる。

筆者はこれについて、道徳を押し付けるのではなく、理性的な見方をすべきだと考える。経済のグローバル化という背景の中、どの国の人も海外で買い物をしている。責められたり、罵られる言われはない。それで、訪日中国人観光客の「爆買い」現象についての問題を研究した。

1 「爆買い」現象について

1.1 「爆買い」とは

「爆買い」という言葉は、2015年12月1日に発表された日本のユーキャン新語・流行語大賞[1]で、「トリプルスリー」(打率3割、30本塁打、30盗塁)とともに年間大賞を受賞した。中国人観光客が日本国内の家電量販店や百貨店、ドラッグストアなどで、根こそぎともいえるほどの購買意欲を見せつける風景が当たり前になった。その姿は「爆買い」と形容され、子供も大人も知る新たな単語となった。

図1 日本政府観光局(JNTO)調べ、推計値を含む

日本政府観光局(JNTO)の調査によると、日本を訪れた外国人観光客の数は、2013年が約1036万人、2014年が約1341万人、そして2015年が約1974万人と3年連続で大幅に伸びた。そのうち、最も伸び率が高かったのが中国からの観光客で、その数は2014年が約241万人と前年比 80%増となった。ちなみに、2015年が約499万人で過去最高を記録し、韓国や米国からの観光客を抑え、訪日外国人観光客の中で最大の割合を占めるまでになった。中国人観光客が際立っているのは消費金額で、全外国人の中で最も多く、2014年の総額は5583億円と全体の27.5%にも上った。1人当たりでは約23万円で、観光客の旅行支出の55%が「買い物代」となっている。[2]

1.2 「爆買い」の人気商品

1.2.1 日本で買うもの定番“四大宝”

中国人観光客が日本で買う定番商品を、中国では“四大宝(スーダーバオ)”と呼ぶ。四つの宝とは、「炊飯器」「魔法瓶」「温水洗浄便座」「セラミック包丁」である。 

1.2.2 日本で中国人が買ったものつぶやきランキングNO.1「雪肌精」

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの口コミ情報を収集・分析しているホットリンク(東京)のグループ会社「図解中国トレンドExpress」によると、2015年10月から12月までに訪日中国人観光客が「買った」とつぶやいた商品のベスト10は表の通りである。中国版ツイッターなどで日本旅行について発信された週30万本以上の情報を元に算出したという。

図2 2015年10~12月に日本を旅行した中国人のSNSなどの口コミのうち、「買った」とつぶやいた商品をトレンドExpress社が集計

1位になった「雪肌精」は、中国でも1994年から販売されているロングセラーである。中国市場で長年展開してきた老舗ブランドとして、訪日中国人の間で知名度が高く、安定して人気があることが分かる。KOSEの広報担当者は「(アジア女性の肌が)本来持っている優しさを前面に出す点が支持されていると思う。メード・イン・ジャパンの安心感もあるのではないか」と言う。[3]

1.2.3 「神薬12」

2014年中国で話題になった「神薬12」である。2014年10月に、中国のサイト・捜狐(SOHU)に「去日本不得不买的12种神药(日本に行ったら必ず買わなければならない神薬12種)」という記事が紹介されたのをきっかけに、たくさんの中国人観光客がドラッグストアに行くとその商品を買い求めるようになった。

図3 上記画像はWBS 2015/08/10(月)放送より引用

図4 2014年中国のネットメディアで「12の医薬品」のランキング[4]

医薬品を買う理由は、日本の薬には細かな配慮があるから、という声が聞かれるようになった。

1.3 「爆買い」の時期

年間を通して底上げされ、いつでも爆買いをしている。その中でもピークとされているトップ3のランキングはこちらである。

1位:春節(旧正月)
2位:国慶節(10月)
3位:夏休み

夏休みは航空便だけでなく、クルーズ船の需要も高く、子供が休みなので家族で日本へ来る人も多くいる。国慶節は中国のゴールデンウィークのような連休である。中国は西暦のニューイヤーよりも旧暦の旧正月に連休がある。春節は財布の紐も緩むため旅行もするし爆買いにもつながる。

2 「爆買い」現象の原因

近ごろでは日本で買った製品が実は「中国産」だったという話が中国メディアを賑わしているが、それでも「爆買い」は止まらない。簡単に言えば、同じ商品でも日本で買う中国人は中国で買う人より圧倒的に多いのである。なぜだろうか。では、その理由を探ってみよう。

2.1 中国人がわざわざ日本で買う理由

中国人観光客の訪日理由は大きく二つ分けられると考えられている。一つは「純粋に日本の自然や歴史・文化に触れたい」という観光目的であり、もう一つは周知のとおり、「爆買い」といわれるショッピングを目当てとするものである。最近日本人はあまり買物しないと言われて不況のイメージが漂っていて、中国人はそんなのは関係なくどんどん買物していく。理由はたくさんあるのが、大きく言うとこの五つである。

2.1.1 中国の経済成長

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接