中日《西游记》电视剧的比较毕业论文_日语毕业论文

中日《西游记》电视剧的比较毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

《西游记》是最为外国人所熟知的中国古典文学作品之一。而日本恰是最早引进《西游记》的国家。在中国和日本都有很多《西游记》相关的影视作品、虽然角色相同、但被赋予的形象和性格却截然不同。
  本论文在前人研究的基础上、先总结了中日两国《西游记》的相关影视作品、主要是电影和电视剧的部数。其后、围绕影视作品展开了对比研究、明确指出了中日两国《西游记》相关作品的梗概和中心思想、以及角色上的共同点。再者、从对原作的理解和延伸、故事的发展、以及玄奘女性化、沙僧的形象和孙悟空的作用方面分析了相关影视作品中的不同点。最后得出了对待古典文学作品、两国确实存在较大差异、但我们需要用正确的心理去对待和借鉴。

本文的结构如下:

第一章.中日《西游记》背景和收视率对比。

第二章.中日《西游记》内容对比

第三章.中日《西游记》演员对比

第四章.中日《西游记》拍摄历程对比

关键词:西游记;影视作品;共同点;不同点

目 次

はじめに 1

先行研究 2

1.中日『西遊記』のドラマの背景と視聴率の対比 4

2.中日『西遊記』のドラマの内容の対比 6

3. 中日『西遊記』のドラマの役者の対比 8

3.1孫悟空:六小齢童和堺正章 8

3.2猪八戒:馬徳華と西田敏行 9

3.3三蔵法師:徐少華、遅重瑞、汪粤、夏目雅子 10

3.4沙悟浄:闫懐礼と岸部四郎 12

3.5まとめ 13

4. 中日『西遊記』のドラマを撮影した過程の対比 14

おわりに 17

参考文献 17

中国語参考文献 18

日本語参考文献 18

謝  辞 19

はじめに

『西遊記』は1部の中国クラシック不思議な神魔小説で、中国の“四大名著”の一つとされている。『西遊記』は、中国で16世紀の明の時代に大成した伝奇小説で、三蔵法師が白馬に乗って三神仙、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に従え、幾多の苦難を乗り越え天竺へ取経を目指す物語である。全100回で中国四大神書に数えられる。数百年来、『西遊記』は改作されて各種の地方の伝統的な演劇になり、映画、ドラマ、アニメーション、漫画が非常に多い。日本などのアジアの国々でも孫悟空が主役として文芸の作品に現れて、様式が多く、数量が驚異的である 。しかし、中国と日本の2つのバージョンの『西遊記』はいろいろな違いがある 。本稿は中日の『西遊記』に対する比較を通じて、両国の文化差異を明らかにし、中日文化交流が少しでも深まるように役立ちたい。

先行研究

近年、注目されている『西遊記』の研究の発展とともに『西遊記』に関する文章が私達の視野に入る。日中両国における『西遊記』の研究のうちに、『西遊記』を対象とした論文が多い。下記の例が挙げられる。

清朝の学者張書紳の『張書紳西遊記総論』で次のように述べている。

《西游记》一书、自始至终、皆言诚意正心之要、明新至善之学、并无半字涉于仙佛邪淫之事。或问《西游记》果为何书?曰实是一部奇文、一部妙文。——清代学者

訳文:『西遊記』という本は、最初から最後まで、全て誠意正心の要を唱え、新しい至善の学を明らかにし、仏陀邪淫な事は一切書いていない。『西遊記』はどんな本かを聞かれるかもしれないが、実に一冊の珍しく素晴らしい本であると言える。           (筆者訳)

魯迅は『中国小説史略』で『西遊記』について、次のように評価している。

吴承恩撰写的幽默小说《西游记》、里面写到儒、释、道三教、包含着深刻的内容、它是一部寓有反抗封建统治意义的神话作品。吴承恩本善于滑稽、他讲妖怪的喜怒哀乐都近于人情、所以人人都喜欢看。——鲁迅

訳文:呉承恩が書いた面白い小説『西遊記』は儒教、仏教、道教に関係し、深い内容を含んでいる。それは封建的統治に抵抗する意味を持っている神話作品です。呉承恩が元来滑稽に優れ、彼の描いた妖怪の喜怒哀楽がすべて人情に近いので、誰もがすべて愛読しているのである。(筆者訳)

 フランス当代比較文学者エデンは『中国通俗小説書目』で 『西遊記』を次のうように評価している。

没读过《西游记》、就像没读过托尔斯泰或陀思妥耶夫斯基的小说一样、这种人侈谈小说理论、可谓大胆。 ——法国当代比较文学家 艾登堡

『西遊記』を読んだことがない人は、まるでトルストイあるいはドストエフスキーの小説を読んだことがないようである。このような人が小説の理論を論じるのは大胆なことと言わざるをえない。  (筆者訳)

私の考えは魯迅の言ったことに似ていると思う。まず、『西遊記』は1冊の封建的統治下で生まれた作品であり、本の中に作者の封建的統治に対する不満を暗示している。例えば後ろ盾がある妖怪が飼い主に連れられていくに対して、後ろ盾がいない妖怪はその場で殴殺される。 そのうえ妖怪は同じく喜怒哀楽という人間の感情に近いものを持っている。例えば獅子の駝の国の妖怪3兄弟は、彼らの兄弟間の愛情が同じく称賛に値する。呉承恩は確かに本で封建的統治者に反抗しようとする気持ちをはっきり示している。

1.中日『西遊記』のドラマの背景と視聴率の対比

世界の第一部『西遊記』のドラマは日本に出て、日本は全部で5部の西遊記を撮影して、日本の『西遊記』は1978年に中日平和友好条約の締結を記念して作られたそうだ。このドラマは日本で大ヒットした。当時から国民的人気を誇っていた、聴率はスタッフの予想を大きく上回り、初回視聴率29%超、月曜日9時枠では久々の全話20%越えをするドラマとなった、これはキッズ層の視聴率が常に30%前後を維持していたことが大きく、最終回や特別編のCMでアニメDVDや子供向けソフトなど、通常の月9ドラマ枠では見られないCMがオンエアされるなどの成功だった。中国の中央放送局である中央電視台でも放送された。英語版では、タイトルが『Monkey 』とされ、悟空がモンキー、八戒がピグシー、悟淨がサンディ、三蔵はトリピタカと呼ばれている。日本国外でのドラマの人気も非常に高く。1970年代のカルト的ドラマとなった。BBCが英語吹き替えの声優陣も個性的なベテランメンバーで堅めたことが、この英語圏での成功につながったようである。イギリスやオーストラリアなどでは現在もこの声優陣が日本のキャスト同様にファンからは愛されている]。特に初回放送時は子供達の圧倒的な支持をえて、ファンレターは日本にまでも届けられた。ただ昔のBBCのお約束として、いくつかのエピソードは飛ばして放送しており、欠番となっていた。これらは日本に先駆けてBBC版がDVD化されたことで、補完された。その際に一部のエピソードは旧声優陣でアフレコが行われている。

後年、岸部が外国でインタビューされている時、途中で相手から「あなたはサンディでは?」と尋ねられた。「そうだ」と答えると相手の目の色が変わり、同僚らに「サンディがいるぞ!」と呼びかけ、彼らが岸部に駆け寄ったという。

しかし、その内容は原著からあまりにかけ離れていたため中国人には受け入れられず、中国国内の放送も途中で打ちきりになったと解説した。中国の西遊記の誕生の原因が中国の国民がこのような西遊記を受け入れることができなくて中国自身の『西遊記』を撮影することを決定した。中国の『西遊記』で最も有名なのは1983版の『西遊記』で、それに勝るものはない。1982~1988年撮影された中央テレビ局版『西遊記』は楊潔によって監督され、六小齢童、遅重瑞、徐少華、汪粤、馬徳華、闫懐礼が主演したのである。この劇は放送されたとたんに、きわめて高い評価を獲得して、1部の越えがたい時代劇であると評価された。1998~1999年再度もとクラスの要員で続編を撮影して、一度多くの観衆の認可を獲得したことを放送した。この中で何部かの『西遊記』を複写したことがあって、しかしなくて思ってと古い版の『西遊記』を越えることができる。

 2.中日『西遊記』のドラマの内容の対比

中国の『西遊記』は全部で25回で、石から生まれた猿・孫悟空の生い立ちから始まる。天界から追放されて500年後、三蔵法師、沙悟浄、猪八戒との出会いを経て天竺への取経の旅をするという冒険活劇である。旅中に遭遇するさまざまな厄難とそれに伴う三蔵一行の絆や成長を描くドラマである。日本の西遊記と比較して、この記事は「ウルトラマンのような特撮を用いた、孫悟空が岩から生まれるシーンで出てくる悟空は、サルではなくまるでゴリラ」、「三蔵法師が女性」、「猪八戒もブタっぽいのは耳だけ」、「沙悟浄に至っては河童で、ちっとも風格がない」とバッサリ。さらに、本来兄弟である金角・銀角が夫婦とされたことなども「中国人には受け入れられなかった」とした。
その一方で、「客観的に見れば、日本版の『西遊記』の撮影レベルは相当なものであり、コンピューター技術などではその後の中国版よりはるかに優れていたのである」と評価している。日本の『西遊記』の風格である「クソ」路線となっており、全部で11回で、三蔵法師が女優によって演じられ、多くの中国のネットユーザーから「余りに酷いやり方」で、受け入れられないとされた。あるネットユーザーは、「クソ」の国家広電総局に反感を持ち、日本人にクソ許可書を発行したのかとする。中国の多くのネットユーザーから厳しい非難を受けた。その原因は、テレビドラマと同様に原作から著しく乖離し、登場人物のイメージを歪曲して損なっているからである。今年のカンヌ国際映画祭でも宣伝が行われ。その報道がなされ、映画の内容が『西遊記』を歪曲しているものであり、孫悟空が神経質でミニスカートを履いていることは、多くの中国のネットユーザーの不満を引き起こした。日本の『西遊記』の最大の魅力といえば、夏目雅子さん演じる三蔵法師、堺正章さん演じる孫悟空、岸部シローさん演じる沙悟浄、西田敏行さんが演じる猪八戒の個性的なキャラクターと、この4人の軽妙な会話である。会話を聞いていると本当に笑える。この記事では紹介されなかった、『西遊記』では、妖怪役などとして、毎回多彩な俳優陣が出演していた。主な出演者は、カルーセル麻紀、ハナ肇、中尾彬、池波志乃、谷啓、岸本加世子、蟹江敬三、研ナオコ、和田アキ子、市毛良枝などである。
夏目雅子は亡くなってしまったが、堺正章、岸部シロー、西田敏行、左とん平、藤村俊二は、健在である。できれば、当時のキャスト・スタッフが再結集して、『西遊記』について、当時のことを語り合ったり、なにか仕事をしてもらえたらいいかもしれない。

3. 中日の『西遊記』のドラマの役者の対比 

3.1孫悟空:六小齢童和堺正章

“悟空”は仙術の師匠・須菩提祖師からもらった法号であるために準じ“孫行者”と呼ばれる。孫悟空の孫は猿の昔の呼び方である「猢猻」から来ている。はじめの通称は美猴王天界時の自称は。天界の乗っ取りを目論み下界の妖怪を引き連れて反乱を起こすが、釈迦如来の策で五行山に五百年間拘束される。罪を償うべく三蔵の弟子として同行し、妖魔を下して取経の旅を支えた。西域より帰還の後、未来世に成仏して闘戦勝仏となることを釈迦如来より約束される。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接