中日服饰文化的比较毕业论文_日语毕业论文

中日服饰文化的比较毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

校服是学校文化的载体,更是校园时尚与个性的一种象征。目前,中国的校服款式陈旧,缺乏活力和时尚元素,运动服几乎成为校服的代名词,而日本的校服充满了活力与时尚。而本文通过中日校园服饰文化的比较突出本国校服存在的不足之处以及提出如何改进的几点意见。

本篇论文拟从四个方面来探讨中日两国校园服饰文化的差异。第一部分主要是对校园服饰意义的解说。第二部分详细阐述中日两国在不同历史时期校园服饰的发展及现状。第三部分从服饰的设计、质地、技术及认知方面对比论述本国校服的发展为何落后于日本。第四部分针对两国服饰文化产生差异的原因提几点改革方案。通过分析比较二者差异,总结出国内对校服文化的教育不重视以及缺乏创新,不能与时俱进等原因提出了一些改革建议,笔者认为学习西方先进科技和思想的同时更应该发挥校服文化的教育作用,可以借鉴民国学生装的革命理念突出校服文化的精神层面,培养学生关注国家服饰文化的意识,以期扩展我们对本民族文化知识的掌握,对他国的文化知识有更全面的了解。

关键词:制服文化;中国制服;日本制服;差异;改革方案

目 次

はじめに 1

先行研究 2

1 制服の意味 3

2 学校の制服の発展と現状 4

2.1 中国における学校服飾の発展と現状 4

2.2 日本における学校服飾の発展と現状 6

3 現在、中日制服の優劣評判 9

3.1 設計の差異 9

3.2 生地の差異 9

3.3 技術の差異 10

3.4 制服の認識に対しての差異 11

4 中日の高校制服が違う原因、改革政策 12

4.1 原因 12

4.2 改革政策 12

終わり 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

制服というのは、その国家の文化を伝承しているキャリアであり、民族の知恵の集まりである。その中にはその国の人々の価値観、審美観が反映されていると私が考えている。従って、中日の制服文化を比較するためには、思想的な要素ばかりでなく、教育の作用も考えなければならない。

日本で戦争によって、各家庭の経済状況はよくなかった。学校は貧しい家庭出身の学生が劣等感を感じないように、同時に生活条件が良い学生がみせびらかさないようにするために、同じ衣服を着なければならないと規定した。本当の制服が生まれた。

小さいときから、私達は中国制服の不足点を知っていた。でも、こんな制服を突っ込んで研究しない 。日本語を学んだ後に、日本の制服文化に興味を持っていた。だから、今回をきっかけ中日の制服を研究したい。そして、これは研究に値すると思う。 

本論文は四つの方面から「中日制服文化の比較」の中に両国キャンパス文化の差異を検討する。両方差異の分析を通じて、国内は制服文化の教育を重視しなくて想像力がない。そして問題に対していくらかの改革案を提出して、西洋の先端技術を勉強して、外国の先進的な思想を汲み上がりながら制服文化の教育の作用を発揮させると思う。民国制服の理念を基づいて、本国の制服文化の精神を強化して、本国の文化知識の理解を拡大して他国の文化知識はさらに全面的な理解があった。

先行研究

近年、注目されている服飾研究の発展とともに制服に関する文章が私達の視野に入る。中日両国における服飾の研究のうちに、中日両国に関する服飾を対象とした論文は多い。下記の例が挙げられる。

孟蕾、宋忠芳「現代ではキャンパス服飾文化と大学生の審美教育」という論文では、キャンパス服飾文化の特徴を紹介して、生まれた原因を分析した。その上、大学生の服飾行為にたいする指導と教育について述べた。

崔蕾、張志春「汉唐の文化交流史から中国の服飾が日本へ影響を見る」によると、唐代の服装と和服を例として、その異同から服飾の文化的な特徴を研究した。中日両国の生活環境と歴史的背景の面から中国の服飾が日本への影響を研究した。

以上から分かるように中日に関する服飾を対象とした研究が多かったが、対比研究は依然として少ない。そして、中国服飾が日本服飾に与えたが限られている。そして中日キャンパス服飾文化に対しての研究がもっと少ない。年代が分類されていない。それゆえ、本論で分類の方法を利用して中日制服文化の比較を行う。

1 制服の意味

制服は学校の象徴としてのイメージを引きずっており、学校文化的であり、統一感がある。この組織性・保守性の象徴が制服なのである。これを着ていれば、少なくとも外観は他の人から逸脱はしないし、また仲間意識を芽生えさせる上で非常に有意義だと考えられる。一方、制服はある資格や基準・規則の「象徴」としての意味がある。またこういう制服を着れば、今度はしてはいけないことも出てきる。それが「規則」として表れる。現代教育は益々人性化教育を重視し、人の地位を尊重し、学生の個性と気質の発展と自己価値の位置づけを強調する。

和やかなキャンパス文化の表現は学生に環境文化や服飾文化が感じさせられる。学生団体において特有の文化の内包と鮮やかな個性で本質的にも教育の一種である。

2 学校の制服の発展と現状

服飾は物質だけでなく、同時に精神文化の内包に染み込んでいる。制服が特定の服飾として、もっと独特な文化特徴を持っている。違う歴史時期に、制服のスタイル、風格、柄、生地なども異なる歴史の背景を反映し、学校の趣旨と生徒の精神風貌を示しているだけでなく、同時に国家の教育レベルと服飾文化の水準をも反映する。

2.1 中国における学校制服の発展と現状

2.1.1 中華民国以前の制服

近現代に、漢代の学生はすでに青色の服を着始めた。宋元時代の文人はタオルで頭を包んだので、だからこの時に、蘇東坡のタオル、逍遥のタオルなどのティアラ文人の標識になった。明朝は進士の衣類と儒教学者の衣類がある。伝統的な儒家の観念に影響されていた学校服飾は保守と束縛が現れていた。

宋元时代的学士文人用巾裹头,所以便有程子巾、东坡巾、逍遥巾等头饰作为文人的标识了。明朝有进士服和儒士服。传统儒家观念影响下的学校服饰呈现出的是一种保守与束缚。

1 漢代以後の服飾

時期

漢代

宋元

明朝

基本服飾

袍、襜褕(直身的单衣)、襦(短衣)、裙

襦、袄、衫、袍

披风、褙子、竖领、白子衣

2.1.2 中華民国以後の制服

20世紀に、中華民国は創立して、政治的な変革をもたらすことだけでなく、  それから思想文化の上、自由と解放がある。この巨大な変革にあって、学生の制服もこの大きな変革に新しい時代の息吹と文化の趣を付与された。革命以後に、多様な科目の学校が創立され、これらの学校は学生服を統一して伝統的な服飾を中心にした。

2 民国以後の服飾

服饰款式

时期

民国

新中国建国

文化大革命

改革開放

現在

(1)中華民国女性の制服

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接