论日本女性的就业状况及其变化——以毕业女大学生为中心毕业论文_日语毕业论文

论日本女性的就业状况及其变化——以毕业女大学生为中心毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

随着日本经济的发展,“男主外,女主内”的传统思想正在发生改变,越来越多的女性进入到社会中工作。女性就业,是实现自我价值的方式,也在一定程度上反映出女性社会地位的变化。工作是女大学生参与社会经济发展的基本形式, 是其获得与男性享有平等权利,拥有独立人格的重要条件。

本论文以毕业女大学生为中心,把日本近代社会的工作状况和现代日本女性的工作状况进行对比,研究日本女性的就业状况及其变化,分析出原因及影响, 进一步了解日本社会的发展。

关键词:日本女性;女性工作;女大学生;原因

目 次

はじめに 3

  1. 日本女性の就職状況と変化 3
    1. 戦前の女性の就職状況と変化 3
    2. 現在の日本女性雇用状況と変化 3
  2. 女性の就職状況の変化の原因 3
    1. 歴史背景 3
    2. 政治の視点から 3
    3. 経済の視点から 3
    4. 社会の視点から 3
  3. 就職状況の変化の影響 3
    1. 個人的な影響 3
    2. 社会的な影響 3

終りに 3

参考文献 3

謝 辞 3

はじめに

女性の就職は女性が財産権利の獲得と保有する上で重要なルートと保障であり、男女平等、女性の社会的な地位を実現させる上での前提条件である。日本はすでに少子高齢化社会に入り、労働年齢人口の減少と高齢者人口の増加より、日本は厳しい労働力不足の問題に直面している。女性就職率を向上させることは、今の労働力不足問題を解決できる有効的なルートである。しかし、その他の先進国と比べ、今の日本における女性の就職率は依然として著しく低下しており、管理職位を従事している女性の割合もとても低いのである。

現状では、女性の大学卒業生における在学期間中の成績は男性より優れており、仕事能力も男性より低いわけではないが、初めての就職率においては男子大学卒業生より一般的に低くなっている。就職時の給与も男性より低く、かつ男性の職位はより高くなっている。女子大学生の特殊な生理、心理的な特質及び今の社会現状の下で、女子大学生の就職をさらに難しくしている。

卒業された女子大学生を事例として、日本女性の就職状況及びその変化を分析することで、彼女達の就職観の志向性を伺え、そこからこのような状況に至った深層的な原因を追求する。本論文は日本の歴史、政治、経済、文化などの方面を及び、より良く日本文化を理解できるのに、貢献できることを希望している。

本論文はまず日本女性の就職状況と変化、女性の就職観の変化の原因、影響という三つの種類に細かく分けて、就職状況の変化から出発して、先行研究と結びながら、その原因と影響を把握することを試みたい。本論文を通して過去の不足な知識を補充し、また新たなものを身に付けるつもりである。今後の勉強に役立つのではないだろうかと思う。

1 日本女性の就職状況と変化

女性就職問題は日本社会における重大な社会課題である。特に高齢化社会に入り、女性労働力への必需も増えるような様態を呈しはじめている。近年の女性の社会進出はめざましい。社会の一員として、誇りをもって働く女性は増えている。日本は近代になるまで、特に武家社会では、女性は跡取りを生み出すためだけの存在とされる。明治維新後、日本は近代歴史的段階に入った。女性は自由を獲得したが、政治的な基本の公民権利と高等教育を受ける権利はなかった。しかし、日本経済の発展に伴い、女性の社会地位も高くなり、「男は外、女は内」という伝統的な考え方が変化しつつあり、多くの女性は社会進出するようになっている。

戦前の女性の就職状況と変化

第二次世界大戦以前、中国封建社会文化の影響につれて、儒家思想の隆盛と封建制度の確立し、日本の封建制度は近世で広く発展した。以前、女性は結婚したら、または子供が生れたら、仕事をやめて家庭に入り、家事や育児に専念するという仕事をするのが一般的な女性の生き方であった。日本には「男尊女卑」という伝統思想があり、女性の地位は男性より低いと見られている。日本の女性は「男は外、女は内」という考えの影響の下で、大学を卒業してから、結婚、子供の出産まで、何年間か仕事をし、一端退職をして、子供の世話や老人介護などが一段落してから仕事を再開するといった傾向が強い。それから、 教育は女性の教育を軽視し、そのような「女子は文化がないのはそれこそ徳」の観点は女性の文化と知識を学ぶの権利と機会を奪われた、彼女たちの知性を

開発せず、能力は育成もしてないそれによって自立ができない。外国人の視点から、日本人はずいぶん勤勉な国民だと考えられているが、日本の女性の地位は昔々からずっと低かった。

現在の日本女性雇用状況と変化

今日の世界で、女性の地位は次第に高まってきた。女性の地位は社会の進歩を示す重要な指標の一つである. 経済発展にとって、女性就職は必要な要素である。

日本女性の就職概況と変化

第二次世界大戦以降、日本女性の独立意識がだんだん強くなった。また少子高齢化が進展しつつある。それから、グローバル化の進産もあり、海外で長期滞在して働く日本人は増加しておる。近年、日本人の女性が就職者数が増加しているうえに、働く女性に対する関心が高まっている。1

就職市場の競争がますます劇化され、女性は就職市場中の弱勢集団になり、その就職問題に多くの特徴が表れている。今の女性の就職について、その過程で性別的な差別を受け、女性の給与待遇は男性より低いなどの問題が表れており、ますます深刻化されている。

日本において、採用を行っている企業は普遍的に女性は生まれつきで弱々しく、負荷の高い高強度の仕事ができないと認識されている。それ以外に、女性の特殊的な生理需求(生理期、妊娠出産期)より、彼女達は仕事を中断するだけでなく、国家の福利制度に従って手当を支払う必要があり、企業経済におけ

1藤井治枝「日本型企業社会と女性労働-職業と家庭の両立をめざして」,1995:P332

るコストを抑えるのに不利である。1以上のような懸念事項より、コストの増加を避けるため、企業は出来る限り女性を採用しないようにしている。

大学女子卒業生の就職概況と変化

近年では、高等教育の普及より、大学生はすでに珍しい資源ではなくなり、大学生就職難の問題がますます深刻化している。女子大学生が就職市場で不利な地位になっている問題もますます劇化され、社会各界から幅広く注目され始めているが、女子大学生の就職は依然として多くの問題が存在し、以下の三つの現象を表している。

一、性別格差が女子大学生の競争力を弱まっている

人材を募集している企業は採用の過程中において、深刻な「性別差別」を持っており、より男性社員を採用したいと考えている。この種の現象はとても普遍的になっている。リストラされた社員の中で、女性社員が多く占めている。育児は生理的特殊性から、女性の生まれながらの使命であると言える。日本 の女性は結婚や出産のために仕事を辞め、落ち着いたら再就職するというスタイルは普通である。年功序列をいまだに重視している感じがある日本企業の中

で、これは女性が仕事を続けていく上で、極めて不利である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接