浅析东野圭吾作品中的悬疑制造毕业论文_日语毕业论文

浅析东野圭吾作品中的悬疑制造毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

东野圭吾现在在日本是最受欢迎的推理小说家,他的作品很多被拍成了电影和电视。很多东野圭吾的推理作品反映出着日本的社会问题,比如《天空的蜂》把日本的原电枢力发电站作为舞台。《信》探求日本的犯罪受害者和加害者的家族问题。《湖侧面谋杀情况》与日本的升学问题有关。并且,作品很好地有情节富有变化,不能预想结果的事。小说)事件中很好地交结着复杂的人的思想和感情。因此,作品很好地重视人物心理的描写,对人性问题探求细致。东野圭吾的推理世界推理,完美地使之融合社会生活,人性,富有意外性,非常现实。

《嫌疑人 X 的献身》有着东野圭吾作品中最复杂的圈套,如果没有强烈的推理能力,不能设计的那么巧妙。充分体现出东野严密的逻辑推理。

关键词:东野圭吾 《嫌疑人 X 的献身》 推理小说

目 次

  1. はじめに 1
  2. 先行研究 2
  3. 题材と收集方法 3
    1. 東野圭吾について 3
    2. 東野圭吾作家としての成長の経歴 6
    3. 東野圭吾の推理世界 8
    4. 作品の成功した所 8
  4. 『容疑者Xの献身』に見る東野圭吾の推理小説の特徴 13
    1. 厳密なロジック 13
    2. 深い心理描写 13
    3. 意外な結末 14

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

はじめに

東野圭吾は日本の有名な推理小説家で、1958 年 2 月 4 日、日本大阪に生まれた。大阪府立大学の電気の工学の専門を卒業して、その後,会社で生産技術エンジニアを担当する、そして推理小説の作品を始めた。1985 年、『学校が引けた後に』に頼って第 31 回の江戸川乱歩賞を獲得して、これからプロの作家になって、執筆することに専任し始めた。1999 年、『秘密』は第 52 回の日本推理作家協会賞を獲得たて、第 120 回直木賞に入選した。それ以後『白く夜歩きをする』、『片思いをする』、『手紙』、『変化する夜』4 度の入選した。2006 年、『容疑者 X の献身』では前例のない第 134 回直木賞、第 6 回本格推理小説大賞や当年度の三大推理小説のランキング 1 位を一緒に獲得した。初期の作品の多くは精巧で入念な本格推理を心がけて、その後伝統的推理小説の枠組みを超えた。

先行研究

『読者のニュース』は東野を評論して正式に時代の要求に適応して、彼の作品の筋がすきがなくて、ストーリが開くのがすばやくて、あのきびしい息は文章が力強いだ。『朝日新聞』は非常に強い筋と非常に強い人気によって思って、東野圭吾は多種多様な読者を書籍の周囲で集まった。『新京報』は東野圭吾が最も簡単で質朴な言語で絶えず人間性が話して隠れて凶悪だと罪が償いを出して、その作品の最も人を魅惑するしかも技術が独自の境地に至っている部分だ。

题材と收集方法

東野圭吾について

1958 年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が 1999 年に刊行された『白夜行』や『浪花少年探偵団』シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身のエッセイ『あの頃僕らはアホでした』などによると、成績は「オール 3」であり、また読書少年でもなかった。

その後大阪府立阪南高等学校に入学し、2 年生になった 1974 年、偶然手に取った小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌る。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始める。処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在まで内容は公開されていない。

また、『アンドロイドは警告する』を書き終えた後、『スフィンクスの積木』という犯人当て小説を書き始めるが、さほど熱中できず、1978 年にやっと完成した。しかし友人などに見せ、不評を買った、と語っている。

卒業後は 1 年間の浪人を経て、大阪府立大学工学部電気工学科に進学。大学在学中はアーチェリー部の主将を務め、デビュー作『放課後』では題材として使われている。

その後、1981 年に日本電装株式会社(現デンソー)に技術者として入社する。勤務の傍ら推理小説を書き、1983 年に『人形たちの家』を第 29 回江戸川乱歩賞に応募する。結果は二次予選通過であった。この頃結婚するが、当時の妻の職業が女子高の非常勤教師であったため、『放課後』の主人公・前島を女子高勤務にすることを思いつく。

1984 年の第 30 回乱歩賞では、『魔球』が最終候補作にまで残るも落選する。

翌 1985 年に『放課後』で第 31 回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタートさせる[1]。1986 年には退職し、3 月に上京、以後は専業作家と

しての道を歩むこととなる。

作家となってからは、著作が増刷されずに終わることも珍しくないなど、なかなかヒットに恵まれず、また文学賞に 15 回も落選するなど、厳しい時代が続いたが、1996 年に『名探偵の掟』で『このミステリーがすごい!1997』の 3 位になるなど、にわかに注目を集め、1998 年に『秘密』を刊行すると、一気に大ブレイクする。同書は映画・ドラマ化されたほか、第 52 回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞する。

以後、2006 年『容疑者 X の献身』で第 134 回直木賞、第 6 回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞するなど着実に評価を高めてゆく一方で、作家版の長者番付でも上位に顔を出すようになるなど、人気作家の仲間入りを果たした。エッセイ『たぶん最後の御挨拶』で離婚しているとの記述がある。そのほか「たぶん僕のなかで変わったものがあるとすれば、力が抜けたんだと思います。夫として、妻の気持ちをわかろうというのは必要だと思うんです。でも、難しいですよね。夫婦という関係を解消してしまったあとのほうが、相手の気持ちが見えてくるというか。一歩下がって見られるようになったというか……。」と記した。

2009 年 5 月に行われた日本推理作家協会の特別理事会で、大沢在昌の後任の

理事長として選出され、同年 6 月 1 日付で就任した。2014 年から直木賞の選考委員となる。

東野圭吾の初期の作風は、学園物・本格推理・サスペンス・パロディ・エン ターテイメントなど多彩である。エンジニア出身であるためか、原子力発電や 脳移植などの科学を扱った作品も多い。その一方でスポーツにも関心があり、 大学時代には部の主将を務めていたアーチェリーや中学時代にやっていた剣道、野球、スキージャンプ、スノーボード等を題材にした作品もある。『秘密』が ベストセラーになる前は、レベルの高い佳作を数多く執筆しながらも爆発的な 話題作には恵まれず、特定のセールスポイントを打ちだすこともなかったため、一般的には地味な存在であった。ただし、ひそかな愛読者は少なくなく、子供 時代の東野を熱中させたウルトラシリーズを手がけた一人でもある映画監督の 実相寺昭雄は、1993 年にパソコン誌の連載エッセイで、私にとって大切な作家

と言い切っている。エッセイ『あの頃僕らはアホでした』で、ほとんど読書と無縁の青少年期を送ったことを記している(マンガすらさほど読まなかったという)。高校時代まで江戸川乱歩の存在も知らず、姉に「帰

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接