从《梅雨之夕》与『蠅』的比较看中日新感觉派文学的异同毕业论文_日语毕业论文

从《梅雨之夕》与『蠅』的比较看中日新感觉派文学的异同毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

新感觉派文学是 20 世纪 20 年代出现在日本文坛上的一个文学流派,是日本文学史上的第一个现代派。随后,新感觉文学传入中国。中日两国新感觉派文学各自存在的时间虽然都不长,但对文坛的影响却不可低估。中国新感觉派是在深受日本新感觉派的影响下发展起来的,但是它的产生又与中国当时特殊

的社会背景以及在当时的社会背景下产生的小资产阶级思想也有着很大的关系。中日新感觉派诞生的社会背景的不同,对中日新感觉派作家们的创作手法,主

题,小说题材以及艺术感觉等方面也产生了不小的影响,在相差无几的创作理论指导下,又存在迥异点并形成自己的特色。

本文采用比较文学的研究方法,对中日新感觉派文学进行了较为全面的探讨和研究。本文首先写了先行研究。其次,运用影响研究方法分别介绍他们各

自的形成过程以及诞生的背景。最后运用平行研究的方法,通过横光利一的『蠅』和施蛰存的《梅雨之夕》两人作品的比较,分析中日新感觉派文学的特征。

关键词:新感觉派 中国 日本 《梅雨之夕》 『蠅』

目次

  1. はじめに 1
  2. 先行研究 2
  3. 概念規定と収集方法 4
  4. 中日の新感覚派誕生する背景 5
    1. 日本の新感覚派誕生する背景 5
    2. 中国の新感覚派誕生する背景 6
  5. 中日新感覚派文学の特徴比較 8
    1. 日本新感覚派文学の特徴 8
    2. 中国新感覚派文学の特徴 11
    3. 中日新感覚派文学の特徴比較 13
  6. おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

はじめに

新感覚派文学は 20 世纪の 20 年代が日本文壇上の文学流派、日本文学史の最初の現代派である。その後、新感覚派文学は中国へ伝わった。そして自分の中国の特徴を形成した。中日両国の新感派小説はそれぞれの存在の時間は長くないが、しかし文壇の影響に対して軽視できない。本論では,比較文学の研究方法を採用し、中日の新感覚派文学に対して比較的全面的な探求と研究を通じる,中日新感覚派文学の発生する背景となくなる原因を研究する。そして,《梅雨之夕》と『蠅』の分析を通して両国の新感覚派文学の特徴に対して比較する。

先行研究

张小青(2000)は,日本の新感覚派作家たちがよく表現した資本主義社会の中に人と人との関係及び人生の哲理の思考であるような作品と違い、中国のこの流派の作家たちはただ一つの小さい範囲内で 20 世紀 30 年代に大都市

上海の人々の様々な世情を描写して、その着眼点は都市文化の消極的な面で、更に深い思考を作り出さないと述べている。

郭惠珍(2007)は,論文は具体的なテキストの比較と理論探求を通じて、以前の学界の思った中国の新感覚派が日本の新感覚派の安全の模倣を否定して、中国の新感覚派自身の存在した独特な芸術の価値を肯定する。文芸理論の方面で、それは日本の新感覚派がより明確的な理論を支えて、しかし芸術を伝達や文字の珍しい表現など方面で、中国の新感覚派が出藍の誉れと述べている。

王艳凤(2003)は,中国の新感覚派は日本の新感覚派の直接の影響が誕生した現代主義文学流派。中日新感覚派と表現主義の文学の関係から見れば、日本の新感覚派は理論と実踐にと西方の表現主義に近く、しかし中国の新感覚派が印象主義に傾く。中国の新感覚派は内容の方面で現代都市の贅沢に陶酔して、芸術表現の方面で印象主義に傾く。だから、中国の新感覚派は日本の新感覚派の現代主義の精髄を捉えない、両者は大きい相違を持っていますことを認めている。

王莉丽(2008)は,日本の新感覚派の影響のもとで、中国の新感覚派作家たちは始めて本当に都市の美を発見し、そしてそれで現代の都市の生活の中の個体は生命の生存の状態や感情の関心及び小説の表現の形と表現技巧の大胆な革新、中国で新文学史に残した濃厚な一筆。論文は日本の新感覚派の歴史の背景の形成、文学の資料や文学理論から着手して、重点的に分析する新感覚派の文学作品はどのように更に伝えた現代の中国の都市の風景や都市の

人間性の復雑、そして独特の文学史の価値と意義を明らかに示すと述べている。

歴史と文学の観念の相違のため、中国の新感覚派文学が創作して日本新感覚派に影響を受けて、しかしながら、両者は異なるところがある。靳从林

(1992)は,前者は都市の罪悪を表現して、作家は奇形の社会人の変態の心理を描写し、後者は資本主義社会のでたらめな現実を描写する。前者は感じる振る舞いを強化し,後者は象徴する振る舞いに傾くと述べている。

以上の先行研究ではいずれも、中日の新感覚派文学作品の創作の手法の異

なるところを分析する。本論では、両国の新感覚派文学作品の比較を通じる、中日の新感覚派文学の現れる原因と両国のその時の歴史の背景と社会環境を

分析する。

概念規定と収集方法

概念規定と収集方法

日本の新感覚派は 20 世纪の 20 年代が日本文壇の小説の創作を主な形式の文学流派。彼らは西方の現代派の文学の影響を受けて、伝統の現実主義に反対し、文学の革新運動を展開するを企めた。彼らは変形する主観を通って客観的な世界を反映し、超現実の幻想を描写し、現実の中に芸術がないと思って、そこで幻想の世界の中で美を求める。中国の新感覚派文学は日本の新感覚派とフランスの都市文学の影響で発展する。題材は多く半植民地の大都市の日常の現象と世態の人情を表現し、そして重点をおいて都市の生活の奇形と病態を描写する。芸術は表現で、多く現代派の手法を使って、人の潜在意識と病態の心理表現を重視する。それは近代的な都市の文学の発展を促進する。

本論は比較文学1の研究方法を採用し、中日の新感覚派文学に対して比較的全面的な探求と研究を行う。先ずはじめに影響的な研究の方法を運用し、彼らの各自の形成の過程を紹介する。そして平行的な研究の方法を運用し、横光利一の『蠅』と施蛰存の《梅雨之夕》の 2 人の作品の比較を通じて、中日の新感覚派文学の異同を分析する。作品の反映したテーマと内容から着手して、中日両国は 20 世紀の 20、30 年代の社会環境の異同を分析する。

1比较文学是一种以寻求人类文学共通规律和民族特色为宗旨的文学研究。它是以世界文学的眼光,运用比较的方法,对各种文

学关系进行的跨文化的研究。

中日の新感覚派誕生する背景

日本の新感覚派誕生する背景

日本の新感覚派は日本の 20 世纪 20 年代の初め現れた文学流派。日本の新

感覚派は揺れ動いている社会の背景の下で誕生した。1914 年 7 月から 1918 年

11 月までの4年間、第 1 次世界大戦はヨーロッパで爆発した。この大戦はヨーロッパの人民の生活に巨大な災難を持ってきただけではなくて、同時にヨーロッパの各国の文学の思潮に重大な変革が発生した。大戦前後のヨーロッパの現代主義の思潮は影響を受けて、日本の文壇も現れた一番の現代主義の文学――新感覚派文学。

第一次世界大戦後、日本の経済は回復と発展を得ますが、しかし 1923 年に関東大震災が発生して、政治、経済が大きい混乱を引き起こして、社会全体が至る所に危機をはらんで、社会問題はとりわけ鋭いた。このような社会の背景の下で、社会は広がっていて虚無と絶望する思想、ニヒリズム、唯私主義と無政府主義を広げて、これらはすべて日本の伝統の価値観を衝撃して、彼らは自分のあった社会に対して不安なことと感じて、消極と絶望の情緒を発生し、刹那の美感を追求し、このような精神上が悪くなり、新感覚派の誕生ために可能性を提供した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接