浅析日本人寒暄方式的差异--以日剧『ディアシスター』为中心毕业论文_日语毕业论文

浅析日本人寒暄方式的差异–以日剧『ディアシスター』为中心毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

日本是一个非常注重礼节的民族,而寒暄语则是人类生活的产物,是人类社会赖以生存的重要手段,日语中常见的问候语看似简单容易却蕴含着非常深厚的文化底蕴,表现了日本人的思维习惯和文化习俗。日本人在运用这些寒暄语时会非常谨慎,他们对待不同的人用不同的寒暄语,对待同事、邻居以及熟悉的人之间都会用不同的寒暄语,追求和谐是日本文化的核心之一,而且日本人在社会生活中非常重视集团主义的作用,同时也非常注重自然意识,能看出他们对于语言的应用是很严谨的。

日本是礼仪之邦,语言与文化相互影响、相互制约的关系决定了语言研究不可能脱离文化而发展下去。日语里寒暄语的表达形式,反映了日本的社会结构和特征折射出日本人的语言心理和国民性格。人与人交往时不可避免的运用到寒暄语,而且对于日语学习者来说学好寒暄语是更好地与日本人交往的必备条件之一, 本论文先从寒暄语的定义与由来着手,并且分析了它的特点定型性与省略性,同时寒暄语也是日本民族文化的根源,所以分析了它的文化背景,通过日剧《亲密姐妹》研究其在不同场景下所出现的寒暄语,并且以它们为中心分析日本人的性格特征以及日本文化,从而更直观的体现出寒暄语在日本人生活中的重要地位。语言与文化相互影响、相互制约的关系决定了语言研究不可能脱离文化而发展下去。日语里寒暄语的表达形式,反映了日本的社会结构和特征折射出日本人的语言心理和国民性格。

关键词:寒暄语 日本文化 差异 日剧《亲密姐妹》

目 次

はじめに 1

先行研究 3

  1. 「挨拶」に関する 5
    1. 概念規定 5
    2. 「挨拶」の特徴 6
    3. 文化背景 7
  2. 違う人に対して違う挨拶方式がある 9
    1. 同僚間 9
    2. 友達や隣の間 10
    3. 知り合い人の間 10
  3. 挨拶語の差異から日本人の性格特徴を見る 13
    1. グループ主義帰属心理 13
    2. 調和を追及する心理 14
    3. 自然意識 14

おわりに 16

注釈 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

人と人との交際は、この社会に存在することの必要条件である。その中に、言語形式の交流が一番の地位を占める、あいさつは言語交流の重要な部分として、地域と文化の違いのため、表現形式の差異をもたらした。日本語勉強の深く掘り下げることにつれて、私たちは挨拶言葉を勉強することがますます多いのである。違う地点で違う人に違う時のあいさつ言葉を使うことは難点をなる。だから、日本挨拶語を正確に把握と運用することが容易でなくありたいと思う。日本人と見知らぬ人や日本人と知りあい人のあいさつ語を典型的な例とすることが分析する。

たとえば、

  1. 日本人と見知らぬ人が初対面の時渋川:どうも、どうも。

葉月:こんにちは。美咲;初めまして。

渋川:美咲ちゃんだね? 美咲:はい。

渋川:初めまして、いやぁ、二人とも、奇麗だね、さすが七重ちゃんの娘さんだ。(1)

  1. 日本人と知りあい人が初対面の時や電話する時に、「どうも」は常用語である。

陽平:はい、APPLESEED でございます、ああ、どうも。葉月:今、出ました、とりあえず、お店に向かいますね。

陽平:はい、分かりました、お待ちしており、、、お待ちしております。(2) 謝意や謝罪の意を表することにかかわらず、「どうも」を言う。そのため、小

さい方面から日本挨拶語の差異を見つけることができる。本論では、ドラマ「デ ィア シスター」を例とする、あいさつ語を研究する、次の論文の 4.3 の中に、

「どうも」に関したさらに多くの詳しい用法がある。また、あいさつ語によると、日本人の性格特徴の大まかなところは分析できる、日本語の勉強者に助けることができることを希望する。

先行研究

先行研究では、多くの学者は中日挨拶語を研究した、しかしただ個別的な単語またある範囲をめぐる。

単語に焦点を合わせたもののうち、柳田国男(1968)は、単語「スミマセン」に詳しい説明をする、「スムはおそらく澄むという漢字を宛ててもよい語で、気が済む心が澄むというのは、安らかで動揺の無いことを意味をしたかと思います。あなたにこのようなことをしていただいては、私の心が安らかでありませんというのが、このスミマセンの最初の感覚でありました」と述べる。

態谷智子(1993)は「お詫び」に定義する、「話し手のあやまちや相手への被害などへの責任を認め、許しを乞い、それによって相手との人間関係における均衡を回復する行為であり、相手との関係修復の部分までが本質的な内容に含まれており、その目的を達成するための種種の方策をも含む対人相互作用的、対人関係調整的な営みである」と解釈する。

ただある範囲には挨拶を研究することのうち、江端義夫(2000)は、日常挨拶の表現に関する調査手形を統計する、これ以外、江端義夫(2001)は、日本全国で実地調査と情報調査に関するデータを描写した言語版図によると、あいさつ語の表現を研究する。

藤原与一(1992)は、「挨拶言葉の世界上」に「挨拶語は何ですか」、「挨拶語の独特な風格」と「挨拶語の民族性」などの話題に対して基礎研究をしていた、さらには、表現型や理解力に基づいて、俚言世界にあいさつの研究を展開する。卜雁(1990)は挨拶語の意味と表現した場面や条件などの方面に調査する、

この調査は行動スタイルに関した基礎研究である。

以上の先行研究ではいずれも、個別的な単語やある範囲について、しかしながら、あいさつ語に関した整体性研究がない。全体的に問題を見ると考える、それぞれ異なる場面と対象を含んでいる研究中心が探さなければならない。だから、本論ではドラマ「ディア シスター」を例として、あいさつ語の文化背景、表現方式の差異性と日本人の性格に大した影響などの方面を研究する。違う人について、いったいどんな表現方式の差異があるかとどのような全体的に挨拶語を研究したのかを見ることで、これらの点を探っていくことにする。

1 「挨拶」に関する

概念規定

挨拶に言及する、その意味は多いのである。『スーパー大辞林』には、

      • 1 人と人が出会った時や、別れるときに交わす礼儀的な動作や言葉。また、その言葉を述べること。相手に敬意、親愛の意を示す行為で、対人関係を円満にし、社会生活を円満にする。
      • 2 公の席や舞台などで、大勢の人に向かって祝いやお礼などの気持ちを述べる言葉
      • 3 受け答え、応対、返答
      • 4 礼儀的な通知
      • 5 (「御挨拶」の形で)呆れた言いざま
      • 6 「仕返し」を言う不良仲間の隠語
      • 7 禅宗で、門下の僧と問答をして悟りの程度を知ること。
      • 8 二人の仲、交際関係
      • 9 仲介、仲裁、調停と説明する。

本論で題材にしたのは、ドラマ「ディア シスター」を例としてあいさつ語を分析する。このドラマの中には、二つ主役の姉と妹は性格が明らかに異なる、彼らは違っている人に対することの態度も同じない、だから、彼らはほかの人に交際する時の話をカットインポイントとしている。このような方法を採ってたのは、違う地点で違う人に違う時のあいさつ語を収集している。たとえば、彼らは同性、異性および若者と年長者に対している同じない挨拶語を話す。さらに、あいさつ語に関した差異の分析を通じて、日本人の性格特徴を研究する。

以下の論文主体の中に、適切な例を挙げることができる、そして分析している。

「挨拶」の特徴

      1. 定型性

言語は文化の伝えるものであって、また民族個性の伝えるものである。日本人は挨拶語にしょっちゅう使用して、相互間の特に親しいことを重視することと言うくらいならむしろ、双方は礼儀を一層重視して話すと言っている。だから、あいさつ語は言語に反映することが定型的に言い表すことが多いのである。個々国は挨拶語をあるけれども、日本のように固定する言い方が多い国は少ない。たとえば、ドラマ「ディア シスター」の中に、姉葉月さんは一人だけご飯を食べても、「いただぃます」「御馳走様でした」を言う。外出する前に、「行ってきます」「行ってらしゃい」を言う。家に帰るときには、「ただいま」「お帰りなさい」を言う。初対面の時、「初めまして、どうぞよろしくお願いします」を言う。中国語‘你好’は日本に「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」三つ言い方がある。日本人はほかの人に足並みをそろえるや同じ生活をすることを自分の目標としていることが好きだ、高い同調性および同一性がある。つまり、みんなと同じ普通の行動をするさえすれば、すべてのものは順調に進んでいる。もしかしたらこれは大部分の日本人が同じと固定した挨拶語を使う原因である。

      1. 省略性

日常生活の中に言葉の使用頻度が高ければ高いほど短縮されるや省略されることが容易である。挨拶語は生活の中に広い使用することのため、その特性もある。いったん挨拶語は形が定まれる、この音のタイプや言葉のタイプはます

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接