中日曹操对比毕业论文_日语毕业论文

中日曹操对比毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

中文摘要

曹操,中国历史上一个被争论不休的人物。但是大部分对他的评价都是负面的,认为他是一个奸诈狡猾的人物。但在日本,他却是一个正面的形象。日本人谈论到他都说他是一名诗人,一位英雄。所以就有了中国人眼中的曹操和日本人眼中的曹操。

三国是一个人才辈出的时代,出现了许许多多的英雄:刘备,孙权,曹操, 关羽,赵云,诸葛亮等等。每一个人物都能说出一段段脍炙人口的故事出来。在 罗贯中先生的《三国演义》中将三国历史进行了一定程度上的改编,以尊刘贬曹 为主旋律。于是,一个狡诈狡猾的曹操形象就被塑造出来了。《三国演义》作为 我国的四大名著之一,自然广为流传。也是对曹操这一形象了解的主要途径。日 本对于中国的三国文化十分热爱,自从江户时代罗贯中的《三国演义》传到日本, 掀起了一股三国热。吉川英治通过对罗贯中《三国演义》的再翻译,改编。形成 了属于日本的《三国志》,也是后世日本对三国文化了解的主要来源。在吉川英 治的《三国志》中与罗贯中《三国演义》中最大的不同则是对曹操形象的塑造, 在《三国志》中,曹操被塑造的很完美,是一个智勇双全,充满激情的诗人英雄 形象。

关键字:三国 曹操 英雄 奸雄

目 次

  1. はじめに 1
  2. 先行研究 2
  3. 概念規定 4
  4. 《三国演义》と『三国志』の比較 6
  5. 「三国志演義」の曹操における中日の理解の違い 9
  6. 曹操と織田信長の比較 10
  7. 曹操と関羽 12
  8. おわりに 14

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

西晋史家陈寿評価に曹操さんが書き込んだ評論‘太祖运筹演谋,鞭挞宇内, 揽申、商之法术,该韩、白之奇策,官方授材 ,各因其器 ,矫情任算 ,不念旧恶,终能总御皇机,克成洪业者,惟其明略最优也。 抑可谓非常之人,超世之杰矣。’1多くの中国人の中では、曹操はずる賢くて、残酷で、正真正銘の悪役である。しかし、日本人の中では曹操はほぼ完璧で、ロマンチックな詩人である。中国で曹操のイメージは自然と悪い人をイメージして描いているのだが、日本では、曹操のイメージはほぼ「まっすぐな眉毛、鋭い目、立派な鎧」という非常にハンサムな男子のイメージである。中国人が考えている曹操と日本人が考えている曹操のイメージは完全に真逆で、共通点は一つもない。描いているのは、同じ三国時代の曹操であるが、こんなにも大きい違いがあるのはなぜだろうか?ここで、罗贯中の《三国演义》と吉川英治の『三国志』に対して比較する必要がある。それは中国人が考えている曹操のイメージの情報提供は罗贯中の《三国演义》で、日本人が考えている曹操のイメージの情報提供は吉川英治の『三国志』からである。この二つの著作を研究するには非常に重要である。この二つの著作を研究することで、どうしてこんなにも大きい違いが生じ、曹操は一体にどのような人物であることが分かる。

1陈寿:太祖运筹演谋,鞭挞宇内,揽申、商之法术,该韩、白之奇策,官方授材 ,各因其器 ,矫情任算 ,不念旧恶,终能总御皇机,克成洪业者,惟其明略最优也。 抑可谓非常之人,超世之杰矣。—《魏书・武帝纪》

先行研究

赵莹(2012)は【《三国演义》在日本的译介于研究】の中で、文学の比較と文化の比較の方法を通じて、《三国演义》が江戸時代から今までの翻訳と再創作の作品に対して歴史性の考察を行った。違う時代の違う特徴を持つ作品を通じて、《三国演义》が日本で流行った原因について研究し、正確に当時の社会的に政治、経済、文化、文学の関係を把握し、的確に《三国演义》が日本での運命を分析した。また、《三国演义》の再創作で、《三国演义》の新しい角度、新しい視野を見つけ直すことで、中日両国文化の交流を促進することができると思う。赵莹は「たくさんの日本学者は曹操の詩を切り違ンで、詩は志が言えるという観点を通して。曹操性格にある真実のー面を透析して。新しい英雄イメージを描き出す」と述ベている。このことがら、曹操の詩は曹操のイメージを変われることが分かる。従来、奸雄のイメージで中国の文学と史書に現した曹操は日本でのイメージが変わった。罗贯中の《三国演义》での乱世奸雄の曹操は吉川の『三国志』に詩人的な気質とオ気がある上品な英雄のイメージに変わった。

陆志腾(2014)は《三国演义》と『三国志』の曹操のイメージを比較して、日 本民族の「自我」と「他者」、「本土」と「异地」の関係の自覚を原因として。曹操のイメージは日本文化で意識的に無意識的に濾して変わったと述べている。このことから、中日曹操の違いを比較することが分かる。

萨苏(2012)は、《日本人眼中的曹操》に曹操と似っている人物、織田信長を示した。二人ども滅ぼす状況に面していた王朝を操り人形として自分の覇権を実行した、伝統文化を越えて、自分らしい特色な軍隊を成立した。必要のときは、戦争中殺戮した手段を採用した。賢い人材は役に立つというのは先進的な経済観念があリ、敏感的な芸術気質があった。後代は自分を及ばせず、強い家臣は政権を奪った。二人ども現実主義者であった。

杭天(2010)は吉川英治の『三国志』と罗贯中の《三国演义》の中の人物曹操、諸葛亮、劉備に対して比較をした。また、曹操を日本戦国時代の織田信長

と比較することで、日本人の悲観的な感情を表現し、中国文化と日本文化を比較することで、中日両国文化の違いと両国間の歴史的淵源を見つけた。

谢立群、张永(2011)は【论吉川英治《三国志》对《三国演义》中人物形象的塑造】の論文の中で、《三国演义》に対しての十分な認識を通じて、吉川英治が作り上げた人物を中心に、諸葛亮等の人物像の書き直しに対して研究を行った。また書き直した原因を研究することで、吉川英治は《三国演义》の中で人物を日本の審美観念に合うように作ったことが分かったし、《三国演义》とその中の人物が日本の伝播に非常に大きい影響を与えたことを強調した。

概念規定

歴史人物として、曹操は議論を呼ぶ人物だとは言える。天子を脅迫し、諸侯を指示する曹操が乱世の奸雄だという話はよく聞こえるが、曹操は優れた軍事家と政治家と戦略家と詩人を一身に集める人である。また、曹操は性格が多変であり、形象も多様化である。腹黒いが、時には率直な一面もあり、包容力があるが、たまには疑り深いという点で、曹操は個性であり、矛盾の人である。要するに、中国人にとって、曹操は世を治める人で、乱世の奸雄である。

罗贯中の《三国演义》では、曹操はマイナスの形象である。重点的に漢室王朝の正統思想を基調とする《三国演义》では、劉備を尊し、曹操を貶すということはあたり前のことになった。このために、中国人にとって、曹操は疑いなく乱世の奸雄になった。

しかしながら、曹操は日本人に親しまれる人物である。日本の三国を題材とする漫画やアニメやゲームなどでは、曹操は完全に美化された。このために、曹操は日本人に親しまれる。同時に、英雄的な曹操の形象は日本人の心に深く入り込んだ。

日本は中国以外三国に強い感情を持つ国である。日本人の三国についての知 識はほどんど三国志から得たものである。この原因で中国人と比べると、印象 が随分変わっている。中国には、曹操は乱世の悪知恵にたけた英雄。日本には、曹操は天下を奪う英雄、しかも劉備より素直な人。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接