浅析有关哭泣的日语拟声词和拟态词毕业论文_日语毕业论文

浅析有关哭泣的日语拟声词和拟态词毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

中文摘要

无论哪种语言,都存在拟声词和拟态词。语言不同,拟声词和拟态词的数量、种类也不一样。日语中有许多拟声词和拟态词。日本人在讲话时,经常使用这些词汇。拟声词是模拟事物或动作的词。拟态词是通过声音将一切事物的状态和样子表现出来的词。同一个词语在不同的时代,词义也不同。拟声词和拟态词的使用, 让语言显得生动活泼。

和其它语言相比,日语的拟声拟态词更加丰富,应用广泛、使用频率极高。日本人常用的拟声词·拟态词,约为 1500 个。据说是英语的 3 倍多。

本文在正文部分分为五个部分:1、拟声词和拟态词的定义;2、拟声词和拟态词的词形分析;3、拟声词和拟态词的词义分析;4、日中拟声词和拟态词的比较分析;5、拟声词和拟态词的影响。

通过先行研究,笔者找到了许多直接描写哭泣的拟声词和拟态词。根据它们的词形结构和词义解释进行比较和分析,并且通过统计和对比的方法,归纳出日语中,人物神态的拟声词拟态词的特点。

关键词:拟声词 拟态词 哭 日语

目次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
  2. 題材及び収集方法 4
  3. 擬音語と擬態語の定義 5
  4. 擬音語と擬態語の語形の分析する 6
    1. 撥音 6
    2. 長音 6
    3. 疊音 6
    4. 促音 6
    5. り音 7
    6. 清音と濁音のオーバーレイ 7
  5. 擬音語と擬態語の語義は分析する 8
    1. 同じ語の違う意味 8
    2. 語義に基づく分類 8
    3. 後続語に基づいて分類する 9
  6. 日中擬音語と擬態語の比較 12
  7. 擬音語と擬態語の応用と発展 14

7.1 応用 14

7.2 発展 15

おわりに 16

参考文献 17

謝辞 18

はじめに

日本語の中で、擬音語と擬態語の応用は非常に重要である。擬音語は物事と動作を模倣する単語で、擬態語は音によってすべての物事の状態と様子を表現する。擬音語と擬態語は単語の発音と語義の間に挟まって存在する単語。これらの単語は特別な心理が連絡を持っている。それは自分の形態の分類が存在する。日本語の中で、擬音語と擬態語のはっきり特徴は数量が多くて、使用頻度が多くて、新しい単語を作り出って能力が強いである。日常生活の中で、擬音語と擬態語はしばしば漫画と広告の単語と子供のテキストの中に広く応用されている。簡潔な言語で細かい描写を行って、人に深い印象を残す。擬音語と擬態語を通じて、人物の表情にいっそう豊富させて、動作にいっそう誇張させる。日本語の中で、擬音語、擬態語は人の動作間のかすかな違いに異なる描写に行ってことができる。

例えば

(1)J.授業中にともだちと冗談を言い合ってくすくす笑う。

(2)J.その笑い話を聞いて、みんなげらげら笑い転げていた。

(3)J.サンタクロースのおじいさんがにこにこしながらやってきた。

本論は人の動作、形態、メンタルな同類擬態語を描写して研究する。擬音語と擬態語の同類類語は同様の動作と違った程度の表現に対する。

1 先行研究

擬音語と擬態語に対した分析は研究して、私は以下の先行研究を作って。日本の著名な学者金田一春彦、四つ日本語の擬態語の規律を総括して:

(1).「カ」行は仮名最初の擬態語、一般的に「乾していて、硬いである」の状態を描写する。例えば、「カラカラ」。

(2).「サ」行は仮名最初の擬態語、一般的に「爽快で、湿度が高いである」の状態を描写する。例えば、「サラサラ」。

(3).「ナ」行は仮名最初の擬態語、一般的に「粘って、滑らかである」の状態を描写する。例えば、「ヌルヌル」。

(4).「ハ」行は仮名最初の擬態語、一般的に「気楽で、軽やかである」の状態を描写する。例えば、「フワフワ」。

张建芳(2010)の中で、発音、詞の意味と語義から三つ角度は日本語の擬声語と擬態語の多義性を調査する。多義性の擬音、擬態語の語義転化過程の中で、比喩と換喩はとても大きいことに役立って、そのうえその語義はどれだけか具体的語義から抽象の語義に転化してと述べている。

梁淑梅(2006)の中で、擬音語と擬態語を母音あるいは子音の違いに基づいて、分類する。

(1).母音アルファベット(a、i、u、e、o)の中で、「e」音の語は明らかに他の語より少ないである。

(2).「i」音の語は物事の音または幅の小さいを示して、運動速度は比べて比較的に速いである。「a」「o」音の語はこれと相反する。

(3).子音「k」「g」によって最初の擬音語はどれだけか物体を示してお互い衝突する出す音声。

(4).「s」によって最初の擬音語はどれだけか水流の差し出しの音声を示して。

(5).「r」によって最初の語はどれだけか物事を示して粘い様子。

(6).「h」「p」によって最初の語はどれだけか何でもがなく阻碍することを示して、とても順調な様子。

(7).「m」によって最初の語はどれだけか一種類を示し出して柔らかい小さい様子。

廖雪辉(2006)擬音語と擬態語を形式によって六種類に分けった。

(1).ABAB 型、凡そ 21.3%を占める。

例えば、ずかずか、いらいら、ひりひり、はきはき

(2).AB ッと型、凡そ 19%を占める。

例えば、ごろっと、ぴかっと、ぼきっと、ぽたっと

(3).ABCABC 型、凡そ 10%を占める。

例えば、おそるおそる、くびりくびり、ぐでんぐでん

(4).A ッBC 型、凡そ 6.9%を占める。

例えば、しっかり、あっさり、うっすら、むっつり

(5).A ッBA ッ B 型、凡そ 6.1%を占める。例えば、あっぷあっぷ、がっぽがっぽ

(6).A んBC 型、凡そ 3%を占める。

例えば、ぼんやり、やんわり、すんなり

上記の先行研究によって、擬音語と擬態語を知って自身構造の違い、発音した違い、意味の違いに基づいて、分類する。

本論は郭华江(2012)を中心として、人物の泣いた擬音語と擬態語を描写することに分類で分析する。

2 題材及び収集方法

2 題材及び収集方法

擬音語は物が発する音を字句で模倣したものである。生物の声や無生物の出す音を表す語。同じ言語でも時代によって異なる。擬態語は状態や感情などの音を発しないものを字句で模倣したものである。動作と状態などを音で象徴的に表現する語。擬態語の多さは日本語の特徴でもある

本論によって泣いた擬音語と擬態語に関連して相手を研究することとして、語形と語義分析することから研究して、これによって出した関連することの泣いた擬音語と擬態語の特徴にまとめる。先行研究によって、私はずいぶん泣いた擬音語と擬態語を直接の描写することを探し当てました。そのうちに、大いに泣く語を描写することがあって、例:わんわん、おんおん、おいおい。低い声の泣いた語を描写することがあって、例:おろおろ、しくしく、めろめろ。涙を流す時の様子の語を描写するがあって、例:ぽろぽろ、ほろり、ぽろり。本論は“泣き”を中心として、これらの語を研究することとして、それらに基づいた語形構造と語義は比較して、日本語の中に人物顔色の擬音語と擬態語の特徴にまとめる。

3 擬音語と擬態語の定義

3 擬音語と擬態語の定義

日本で、擬音語と擬態語の応用は広いで、日本人の生活と互いに密接な関係である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接