浅谈宫崎骏电影中的教育观毕业论文_日语毕业论文

浅谈宫崎骏电影中的教育观毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

中文摘要

所谓教育观,就是对教育价值观基础的判断,会根据文化的差异而有所不同。而在宫崎骏电影中表现出的教育观就是他自身对教育的认识,同时也是受日本文化的影响。

本稿列举了宫崎骏的代表作品,分析了其中的教育观。首先阐述孩子应该独立生活,通过行为上的独立和心理上的独立进行分析。其次,阐述孩子应该在苦难中成长,从责任感,对抗苦厄的勇气和乐观的心理三方面进行分析。最后,从理解孩子需要拥有伟大的人格力量入手,对周围生命的善,有正义感和不忘初心这三个方面仔细分析。

通过宫崎骏作品中的教育观,理解日本文化以及日本教育观的独特之处,另外就是把握那样的教育观在现实家庭中的运用价值。

关键词:宫崎骏;电影;孩子;教育观

目 次

はじめに 1

  1. 子供が独立生活すべき 2
    1. 行為上の独立 2
    2. 心理的な独立 4
  2. 子供が苦難の中で成長すべき 6
    1. 責任がある 6
    2. 苦難を超える勇気がある 7
    3. 楽観的な心理状態がある 8
  3. 子供が優れた人格を持ちべき 10
    1. 周りの生命に優しい 10
    2. 正義感がある 11
    3. 初心を忘れない 12

おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

宮崎駿の作品が今の日本アニメーション界の最高峰である。これについて、

「厳しい現実世界からの、子供の一時の逃げバン場が必要だ」1という趣旨の発言をしている。児童文学を愛読し、「アニメーションは基本的に子供の物」と公言するだけあって、その作品はほぼ一貫して子供の目線に立ち、悪役を大人にすることが多い。但し、多くの作品は単純明快な勧善懲悪ものではなく、「悪役」もまた、重層的で複雑なキャラクターであることが多い。彼は思想が急進し、考え方も感性し、想いに溢れている夢想家と強い責任感がある子供教育家である。2

宮崎駿は日本のアニメーションの大家として、作品は世界中で良い評価を受けている。彼の数多くの作品は子供を主題としている。いつの間にか観衆の教育意識を呼び覚ますものとなった。これは両親は子供の最初の先生で、子供の後の発展にとって重要な影響を与えている。宮崎駿の映画は教育観に深い分析と見解があり、子供の成長教育に大きな助けがあった。

本論文はまず子供の成長過程に必要な品質を分析する。独立生活、苦難の中で成長すると優れた人格という三つの種類に細かく分けて、子供の教育から出発して、先行研究と結びながら、この三つのポイントの本質と特徴を把握することを試みたい。

1 山口康男.日本アニメ全史 世界を制した日本アニメの奇跡[M].東京:テン・ブックス, 2004.5.

2 易今.试述宫崎骏动画片的艺术特色[N].林沧教育学院学报,2004 年第三期.

1 子供が独立生活すべき

世界で一番強い人は独立した人である、独立は強さの後押し、独立する人材が成果を上げることができる。だから、小さい頃から子供を独立させたのながら、もっと独立を理解することが必要である。

行為上の独立

宮崎駿のいろいろな作品が子供の独立を反映している。例えば、『魔女の宅急便』の少女は自立して生活する代表的なキャラクターである。

魔女といえば、一般的に不思議な力をもち、悪魔のように性悪な女と思われている。しかし、このアニメにおけるキキという魔女は、ちょうど相反している。キキは海に近付く町で修行する夢を持って、実家を出た。箒に乗って、空を飛ぶようになった。大変な旅を経てから、ようやくあるにぎやかな町に着いた。最初、キキは町の人々の冷たさで、すこしがっかりしていたが、幸い親切なオソナというパン屋さんに出会った。オソナさんのおかげで、箒で飛べる力を持っていたキキは自分の宅急便屋を開けた。

キキの何も恐れない顔を見るたびに、心から感心な気がしている。自分の好きな町を探すために、一人で風雨を問わず心強くて頑張っていた、新しい町の人に好まれるように、いつも笑顔をしてきた、仕事をする時に、無事に時間通りに荷物を送っている。彼女の仕事ぶりは熱心そのものである。そういう態度を持っているだけに、みんなは彼女を好んで信頼するようになってしまう。このアニメーションは架空のものだが、私たちはそこからいろいろなことを悟る

ことができる。このアニメーションのおかげで、責任感や誠意や勇気などの大事な品質を教えてくれて、まるで渇いた心に潤いを与えているようである。

また、宮崎駿監督によると、『千と千尋の神隠し』は冒険物語と呼ぶべき映画であるという。冒険物語といえば子供の行為上の独立が、武器を振り回したり超能力の力比べをしたりするイメージが強いが、「千尋」にはそのようなシーンは登場しない。また、正邪の対决が主題という訳でもないから、誰かが絶対的な善人として描かれることがなければ誰かが絶対的な悪人として描かれることもない。まして、正義の味方が武器や超能力を使って悪者を倒すような物語ではないという。

千尋は、ある日突然不思議な町に投げ込まれ、湯屋という神様のお風呂屋さんで働き始める。そこで修業し、友愛と献身を学び、積み重なっていく経験の全てが、千尋にとって冒険そのものであり、その中から「生きる力」が引き出されていく。この「生きる力」というものは、人間なら誰でも潜在的に持っている力であり、普通の女の子である千尋が自ら「生きる力」を引き出していくからこそ、普通の 10 歳の女の子のための冒険物語になり得るのである。

けれども、もし千尋のような子供が、突然働かなければ生きていけない大人の環境に放り込まれたらどうなるだろうか、と宮崎駿監督は考えた。退化した

「生きる力」は再び蘇ることはないのだろうか。

まず自分の足元を固めることたり。それなくして自分が将来に何をしたいかという希望も見えてこないのだろう。10 歳の女の子の「生きる力」を信じ、10 歳の女の子が「本当の自分の愿いに出会っていく」ことを信じる。宮崎駿監督は、そのサポートが出来るような作品を作ろうとしたのかもしれない。

心理的な独立

現代日本の子どもたちは「生きる力」が衰えているのではないか、と宮崎駿監督は考えている。子供だけで自由に振る舞える空間が小さくなり、大人によって囲われ、安全に守られ、危険から遠ざけられていると、生きることがうすぼんやりにしか感じられなくなって、「生きる力」そのものが弱くなってしまうと言うのである。千尋は、まさにそのような子供の象徴として登場した。 一人で生活、一人で行く、一人で困難に直面して、独立に成長している。

「今日、あいまいになってしまった世の中というもの、あいまいなくせに浸食し喰い尽くそうとする世の中を、ファンタジーの形を借りて、くっきりと描き出すこと」がこの映画の主題であるという。3すなわち、湯屋はある意味において「社会の縮図」であり、湯婆婆は「人間というものの見本」なのである。千尋は一人で直面する社会を暗示している。世の中というものは善人も悪人もみな混じり合って存在しており、これを峻別することは出来ない、と宮崎駿監督は指摘する。善人だけの社会とか、悪人だけの社会というのは存在しない。もちろん、一人の人間の中にも善人的なるものと悪人的なるものが共存して おり、完全な善人とか完全な悪人というふうな割り切り方は出来ない。その代表ともいうべき存在が湯婆婆という湯屋を支配する魔女であり、一見悪人のように見えるが悪人と言い切れる訳ではなく、厳格なように見えても甘い一面も垣間見せる。同じように、湯屋で働く者たちの誰が善人であり誰が悪人である

というふうな分け方もしない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接