从瓷器浅析日本民族精神毕业论文_日语毕业论文

从瓷器浅析日本民族精神毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

中文摘要

日本瓷器历史悠久,深受大家的欢迎。陶瓷器在日本人的日常生活中使不可缺少的、占有十分重要的地位,在日本更是作为艺术被传承。并且在造型、图案、色彩等方面包含了日本人的审美观。日本瓷艺工作者们对绘画作品一丝不苟、精工细描,他们将对生活的美好追求与祝愿,完美地注入进瓷器绘画作品中。

所以本文以日本陶瓷器为研究对象,对日本的发展和特征进行研究。最后通过以上分析,得出日本民族性分为创造性和吸收性、自然观、武士道等三个部分进行探讨。

关键词:陶瓷器;历史;特征;民族精神

目 次

はじめに 1

  1. 日本の陶磁器の発展 3
    1. 日本の陶磁器の起源と歴史 3
    2. 日本陶磁器の現状と応用 4
  2. 日本陶磁器の特徴 6
    1. 形から 6
    2. 色から 7
    3. 図案から 7
  3. 日本陶磁器の中の民族精神 9
    1. 吸収性と創造性 9
    2. 自然観 10
    3. 武士道 12

おわりに 14

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

昔、日本では時代名はその当時の土器の名称で表している。例えば、縄文時代、弥生時代などように。日本の陶磁器は長い歴史を持っている。芸術品としての陶磁器は、5~6世紀ごろ朝鮮、中国から技術の導入、技術者の渡来によって大きく影響された。そして、その上で、独特の発展を遂げた。磁器の代表的なものとしては、有田焼、清水焼、九谷焼などが挙げられる。

日本の陶磁器は長い歴史を持ち、今にも人々に愛用されている。何故かというと、陶磁器がきれいなだけでなく、その中に日本人の民族精神も含まれているからである。日本人が陶磁器への愛は一種の文化意識である。日本の陶磁器は独自なシステムと厳格な形式を持っている。これは素朴で、静かな美を強調している。陶磁器は中国から日本に伝えられ、日本で根を下ろし、芽を吹き、自ずから特別な陶磁器文化となった。陶磁器を研究しているうちに、日本民族は好学の精神も備えた。日本人にとっては古来、自然はあくまで恵みを与えるもの、それゆえ、陶磁器も自然と一体化した。陶磁器の心をわが心として生きる感情が、日本人の思想、武士精神、などすべての精神活動の根本に流れている。

日本はすでに世界中の有名な陶磁器強国になった。国内には日本の陶磁器に関する研究も多数ある。例えば、郭富純と孫传波の『日本の古い陶磁器は研究する』。この本では日本磁器の形が中国の陶磁器に似ているが、明らかに日本風を持って、中国の陶磁器と違っている。だが、中日における陶磁器の最大の相違は図案と色にある。日本の陶磁器は図案と色が美しくて、明快であり、よく青と緑、あるいは白と黒のような対照的な色を使いあるいはる。そして、茶

碗、グラス、椀、小皿などの日用の陶磁器にも金の線で輪郭をスケッチし、、非常に精巧だ。

さて、新渡户稻造が編集した『武士道』では、さらに武士道精神を全面的に説明して、武士道の実質と内包を真実に反映した。日本は自分の独特な文化表現を持って、独特な民族精神がある。

本文は陶磁器と日本の民族精神を結びつけ、両者の繋がりを見つけ出したい。

1 日本の陶磁器の発展

日本の陶磁器の起源と歴史

陶磁器は日本の伝統文化として、日本国内だけでなく、海外でも認められている。今や、日本文化を理解する上で不可欠なものと言っても過言ではない。

「日本最初の陶磁器は、奈良時代に中国の唐三彩を模して作られたと思われ る。奈良三彩と呼ぶ白、緑、茶のうわぐすりを用いたものである。日本で本格 的な陶磁器が焼かれたのは鎌倉時代に、中国から技術が日本に伝わったもので、壺や香炉などが作られた。土の種類、火の温度、うわぐすりの使い方などによ って、個性的な焼き物ができる。」1日本の陶磁器の発展は長生から昭和まで共 に 500 年余りの歴史を経験して、陶磁器の焼きの業界は絶えず発展していて、技術もあるのが絶えず進歩的で、あるものすでにとても高いレベルに達しまし た。明治に入った後、九谷焼の名声の日は盛んだ。 同時に、大量の九谷焼はヨーロッパ各国に輸出することができ始める。 今日の九谷焼は各個時代の彩色上絵伝統的芸事を受けてそのとおりにして、りっぱな上にもいっそうりっぱ にして、新しい光輝いている時期に入る。

一方、九州の有田一帯〔肥前〕では、朝鮮半島の陶工の技術を基礎に、1610 年代に日本で初めての陶磁器がつくられ、製品の積み出し港にちなみ「伊万里焼」の名で知られるようになった。当初、中国景徳鎮の青花磁器を手本とした伊万里焼は、その後、中国から上絵付である色絵の技法も吸収するなど急速な発展を遂げ、17 世紀後半から 18 世紀前半にかけて、オランダ東インド会社を

1 北島似水. 日本陶磁器史論【M】. 日本:五月書房, 1979.

通じて、ヨーロッパなどにも輸出されて一躍脚光を浴びた。初期伊万里、古九谷様式、柿右衛門様式、金襴手に代表される古伊万里様式など、伊万里焼は時代に応じて様々なスタイルを生み出し、日本各地に流通した。さらに、佐賀・鍋島藩の御用窯で徳川将軍家への献上を目的につくられた鍋島焼は、精緻なつくりと洗練された文様デザインを特徴とし、日本陶磁器の最高峰として知られている。

日本陶磁器の現状と応用

中国から伝わった陶磁器は、日本で独自の発展を遂げ、日本の風土や日本人の心情に合った伝統文化の陶磁器。陶磁器は、時代と共に形の変化は見られるが、その精神は変わることなく。陶磁器は、こうした日本人の生活に深く根ざし、芸能として確立された。「陶磁器」は洋食器なども含め、タフな日常食器として幅広く愛用されている。薄手なのに耐久性もあるため、取り扱いが簡単なのも優れた点だ。器のふちを指で弾くと、キーンと金属音のような高い音が出るのも「陶磁器」の特長といえるだろう。現在、有田以外で「陶磁器」の産地として有名なのは、波佐見・京都・美濃・瀬戸・九谷などだ。ほのぼのとした手作り感が愛される「陶磁器」と、洗練された美しさと万能の機能性をもつ

「陶磁器」。それぞれに独特の味わいがある。

その中で、日本人がふだん使用する西洋式食器、和式食器の約 50%以上の実は美濃焼である。日本著名な磁器美濃焼は、それぞれの図は組み合わせることを押して、そして精巧な木容器があることを配合して、その上食器として非常に実用的で、まだ価値を収蔵することを持っている。だから日本女性は十分それに対して好きだ。普通の旅行者として、あなたは日本料理店へ行って食事し

てすぐ見つかることができて、日本料理の食器はとてもこだわって、人に手放すに忍びないようにする。日本で、たとえ低収入の家庭だとしても、何セットの陶磁器を収集するかがも、このようなは人が食事をしないでください時美しい食器を使うことができた。経済の条件の良い家庭は更に良い陶磁器をかぶせるのを数えるのを収集して、そして重んじる陶磁器の使う場所。新婚と祝日を祝っていて贈り物をする場所、会社の若い人はひとまとまりの陶磁器を心をこめて選んで永久の紀念として新人にあげる。日本の消費者は陶磁器を買う時、ブランドを重視して、そのため日本国内は高級な陶磁器の需要に対しても絶えず高まる。

日本陶磁器の特徴

形から

美術品など複雑な形のものをつくるときには機械を使わずに、手で形を整える。これを手工法といい。工場では、円板を回転させ、その上に生地土をおいてへらか使って成形するろくろ法やセッコウの型の中に流しこんで成形する流しこみ法生地土を金属の型におしこんで成形する押圧法などが使われている。

造形方法には手びねり、型を用いて土の形を整える方法、轆轤の上に置き手足や機械で回しながら両手で皿や壷などの形を作っていく方法などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。土の種類やこね方、釉、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。したがって、世界中にいろいろな技法が存在する。手びねりは最初期から存在した手法である。球、紐などの形をした粘土を手でこねて形を作る。他に、板状に伸ばした粘土をつなぎ合わせたり皿状に成形するタタラ成形や、中をくり抜いた粘土塊をつなぎ合わせるくり貫きといった手法がある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接