从日本的酒諺看日本文化毕业论文_日语毕业论文

从日本的酒諺看日本文化毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

语言是文化的基石,没有语言就没有文化。语言不能超越文化而单独存在,不能脱离一个民族的传统,一个民族的风俗习惯常常会在语言中有所反应。

谚语是民族语言长期发展的产物,可以说是人们生活经验的结晶和智慧的源泉。如果说语言是文化的一面镜子,那么谚语可以说是一个民族精神状态和文明程度的参照。因此,通过谚语我们可以在一定程度上了解一个民族的思维方式, 价值观念,美意识。

日本谚语是日本语言文化的重要组成部分,其内容非常丰富,涉及日本人生活的各个方面,因此,日本谚语是认识和理解日本人和日本文化的一把钥匙。本文以关于日本的酒谚语为焦点,研究日本文化中的阶级意识、和意识和美意识。

关键词:酒;谚语;阶级意识;和意识;美意识

目 次

はじめに 1

  1. ことわざについて 3
    1. ことわざの定義 3
    2. ことわざの種類 4
  2. 日本語における酒の諺 6
    1. 日本人の飲酒観念 6
    2. 日本人の飲酒礼儀 8
    3. 日本人の飲酒目的 9
  3. 酒の諺から見る日本文化 12
    1. 階級意識 12
    2. 和意識 13
    3. 美意識 14

おわりに 17

参考文献 18

謝辞 19

はじめに

言語は人類の最も重要な交際の道具で、人々が交流する時の記号である。人々は言語を借りて人類の文明的な成果を保存して伝える。言語は民族の一つ重要な特徴である。言語は文化の基盤で、言語がなければ文化も存在できない。言語は文化を越えて単独で存在することはできない。ことわざは言語の中の真髄で、それは最も簡単な俗な語句で深い寓意を言い表して、それは民族の言語の長期にわたり発展する産物で、豊富な文化の内包を積載している。それは民族の文化特徴を表現して、人間言語文化と知恵の結晶だ。

ことわざは日本言語文化の重要な部分であり、人間生活のあらゆる方面に関連するほど豊富であり、したがって、ことわざは日本人と日本文化を理解するための重要な鍵であると言えよう。

日本国民は多くの美味な清酒を製造しただけではなくて、民間にはまた人々によく知られている酒のことわざがある。これらの酒のことわざは中国からのものもあれば、日本この民族固有のことわざもある、いずれにせよ、この民族の特有な独特な酒の文化を体現している。

酒文化は国家文化の重要な構成部分で、ライフスタイル、伝統的観念、考え方などの原因のため、酒文化も国によって異っている。

日本ではことわざと酒文化についての研究はたくさんある。例えば、古橋信孝が書かれた『日本における諺の成立』(1996)、日本のことわざの起源を紹介した。国府田宏が編集された『日本酒物語』(1999)、酒場上の習俗と少しの礼儀を紹介して、日本人の酒を飲むときの階級意識、“和”意識と美意識を詳説した。坂口謹一郎が書かれた『日本の酒文化』(1997)、酒の日本人の付き合いの中で起きたマスコミ効果を紹介して、それは文化、歴史、経済、科学技術、宗

教、民俗などの角度から出発して、日本の酒、日本の酒の文化を深く探求した。言語と文化は深いつながりがある。ことわざは日本語の特徴であると言えよ

う。日本でもことわざについての研究もかなり深まってきたが、大部分は生活して密接な関係にありました。古今東西、酒にまつわる諺や名言名句は数え切れない。先人は酒に対する思考と賛否を諺の中に預けており、様々な考えが構築されている。本文では、酒に関する諺の日本に焦点を当て、独特な日本文化を研究する。

1 ことわざについて

ことわざの定義

ことわざは熟語、ストーリ、格言とと同じに、各民族の言語の重要な構成部分である。ことわざは言語の芸術のが形式を表現するので、通常使うのはすべて固まって縮めるの、分かりやすくて、生き生きとしている言語だ。

『日本国語大辞典』(小学館)のことわざの欄には、「昔から世間に広く言い習わされてきたことばで、教訓や風刺などを含んだ短句」といっていますし、『日本民族資料事典』には、「簡単なことばで効果的に相手を納得あるいは屈服させようとする、一つのまとまった軽妙な文句である」と定義付けをしている。

藤井乙男は、『諺の研究』のなかで、「コトワザは為業に対する言業にして、イイグサという程の義と見ゆ」と記述されている。柳田国男は、『民俗学辞典』において、ことわざを「言語の技術、コトワザの意」と説いている。

「ことわざの語源は、本居宣長が『古事記伝』のなかで、「こと」は「言」、

「わざ」は「童謡・禍・俳優」などと同じ「わざ」であり、神や死霊が祟ることを「もののわざ」というし、人の口を借りて神の云わせたことばが「ことわざ」で、神の心であり、人の口を借りることで吉凶を人々に諭したものを云うのが、やがて、世間に広くいいならわされたことばそのものを云うようになったと云うのである。この宣長の説に近似たのが折口信夫の説で、「わざ」は神意の宿る物をいい、神意の宿ることばが「諺」であり、ことばは神の精霊に下されたことばと考えるのである。」1

1本居宣長.古事記伝[M].4 巻

日本にはお酒についての諺が数多くあるが、筆者の能力には限界があるため、筆者は「酒、カップ、飲み、酌み、樽」という文字がある諺を本稿の研究対象にした。筆者は『日本常用諺語成語辞書』という辞典を参考に、お酒に関する諺を 62 条抽出した。

ことわざの種類

諺には多くの分類方法があり、筆者は 6 種類方法を研究する。歴史学の観点から見ると、古代、近代と現代などに分けられる。大部分は現代の諺だ。例えば、酒が酒を飲む・酒飲み本性違わず・酒は天の美禄。

学問分野から見れば、天文、地理、経済、心理などに分けることができる。酒は十の徳あり・酒の徳弧なく必ず隣あり。これは典型的な心理の諺。

諺の意味と性質から見ると、社会、家庭、生活と婚約などに分けられる。酒は百薬の長:酒は、適正飲酒を心掛ける限り、ストレス解消、食欲増進など、薬では得られない多くの利点を持っている。これは典型的な生活の諺。

性質という観点から分けると、流伝性、沿習性、定型性、完全性などがある。沿習性の諺、例えば、酒は燗、肴は刺し身、酌は髱。この現象はまだ保留られている。

機能という観点から分けると、「大藤時彦は、『世界大百科事典』の「ことわざ」の項で、ことわざを「その機能によって、攻撃的諺・経験的諺・教訓的諺・遊戯的諺の四群に類別」している。」2教訓的諺の例:酒の酔い本性違わず・駆けつけ三杯。

本文は内容という分類から論述し、主に三つの方面から展開し、それぞれが

2大藤時彦.世界大百科事典[M].28 巻

観念、礼儀と目的である。観念から見ると、酒は天の美禄・酒は百薬の長。礼儀から見ると、聞かずの一杯・置き注ぎはせぬもの・相酌すると仲違う・手酌貧乏・手酌は恥のもの・杯に推参なし。目的から見ると、酒は本心を表す・酒外れはせぬもの・酒に酔って虎の首・酒は憂いをはらう玉ぼうき。

  1. 日本語における酒の諺

日本人の飲酒観念

国と地域により、人々はお酒に対する理解は違ってくる。日本でお酒は「天の美禄」「繁栄の水」と呼ばれ、日本人は酒を飲むことが非常に好きで、お酒は既に日本人の生活の多くの面に溶け込んでいると、これは周知のことである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接