南京市老年长期护理保险制度的日本经验借鉴毕业论文_日语毕业论文

南京市老年长期护理保险制度的日本经验借鉴毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

笔者对日本的看护系统有着深厚的兴趣,也读了很多关于这方面的书籍。由于只是大体了解这方面的内容,笔者决定去日本之后真正地研究具有挑战性得日本看护系统这方面的学问,重点研究日本看护系统的领域。

在日本,研究中国社会老龄化的学者很多。大和三重,石田路子,毕丽杰,郑小华,吴婕等都是综合性的对中国高龄福利制度进行扩充以及去向研究的先行者。从这样的先行研究中,能够了解中国老年人看护的现状,问题点及保障系统的去向与看护服务的现状。但是,对于中日老年看护状况的对比,并综合性地归纳中国南京市看护系统创立的问题点、可能性以及对未来展望的著作目前还很少。本研究在对日本看护保险先行研究的基础上,对比中日老龄化的现状、看护人才的培养及老年人的看护系统,进一步考察中国南京市新的看护保险制度创办的可能性及去向。

首先,本文分别介绍了日本与南京的老年福利状况。

接下来从以下(1)经济、(2)政治、(3)社会三个方面来分析南京市老年看护保险制度实现的可能性。并且确立路径的选择以及具体的内容。得出的结果是, 日本的老年看护保险制度经验对于南京市的启示归纳为以下几点:(1)规范法律法规、(2)加大宣传力度,增强意识、(3)注重护理预防、(4)注重居家养老模 式、(5)完善护理机构及护理人员队伍建设。

关键词:老年人;看护保险;日本;南京市

目 次

はじめに 1

  1. 日本介護保険制度 3
    1. 介護保険制度の創設の背景 3
    2. 介護保険制度の創設のプロセス 4
    3. 日本の介護保険制度の特徴 5
  2. 南京市の介護保険制度 7
    1. 南京市の介護保険制度現状と問題点 7
    2. 南京市における介護保険制度の創設の必要性の分析 11
    3. 南京市における介護保険制度の確立の実現可能性の分析 14
    4. 南京市における介護保険制度の経路の選択と具体的な内容の確立 15
  3. 日本介護保険制度における経験と中国南京市への示唆 17
    1. 法律の整備 17
    2. 宣伝の強化 17
    3. 介護予防に焦点を当てること 17
    4. 老人ホームに焦点を当てること 17
    5. 介護施設や介護を担う人材の改善 18

おわりに 19

参考文献 21

謝 辞 22

はじめに

日本では、1970 年に「高齢化社会」、1994 年に「高齢社会」に突入してきた。そして、今、まさに 23%を超え、5 人の 1 人が高齢者、9 人の 1 人が 75 歳以上人口という「本格的超高齢社会」となっている。1世界で最も高齢化が進んだ国となった日本に、伝統的な家庭介護方式が急速に減少し、高齢者の一部とはいえ、数多くの人が介護施設に入るしかないであろう。その介護問題を根本的に解決するため、介護保険制度は 2000 年 4 月から施行され、2005 年に改正された介護保険制度と新しい介護施設は、日本社会と老人個人におおいに役に立っている。

その一方で、中国南京市では人口高齢化の問題が深刻に受け止められている。中国の「高齢化社会」への突入は,日本などの先進国より遅れたが,そのスピードはいまや他の先進国よりも速い。経済成長の途上で人口高齢化を迎えてしまった中国は、経済発展水準とのバランスを欠いてしまっている「未富先老」の状況であり、高齢化への対策が大幅に遅れている点が他の高齢先進諸国と異なるところであると指摘されている。

2001 年、中国は高齢化社会に入って以来、国内外では中国の高齢化社会をめぐり、対応策とした建言が多い。でも、国内の著作のほとんどは単なる日本のより健全的な老人介護制度を紹介し、その仕組みを分析し、そして結びに中国政府への献言を少し加えただけである。日本では、中国の社会高齢化を研究する学者が多い。中国高齢福祉制度の整備や行方を総合的に分析するのは大和三重、石田路

1 出所:YAHOO JAPAN 介護保険がよくわかるページ

子、畢麗傑、鄭小華、呉婕などの研究がある。このような先行研究からは、中国高齢者介護の現状、問題点及び保障システムの行方と介護サービスの現状がわかる。こうした状況を背景にして,高齢者介護問題が中国社会において注目されるようになった。

これから未曽有の超高齢社会に向かう中国では、高齢者介護に関してそ介護保険は重要な鍵を握っていると思われる。本論文では日本における人口高齢化の問題および高齢者介護サービスの現状と課題を整理して、とくに介護保険に関する問題点等を考察し、日本と中国の高齢者介護事情を比較し、これからの中国南京市における介護保険に関する方向性について検討する。研究方法として、基本的には、資料を大量に収集して読書し、先行研究を参考する。それに、インターネットを利用して、日本学研究者の意見を拝聴し、まとめる方法も取りたい。

1 日本介護保険制度

介護保険制度の創設の背景

      1. 急速な高齢化の進行

日本の人口高齢化は、欧米諸国と比較をして、急速に高齢化が進行している。人口高齢化に伴う要介護高齢者の増大、家族形態の変化による家族介護の限界、女性の就職率の増加等が介護保険制度の創設の背景として挙げることができる。日本におけて人口の高齢化問題は、高齢化率が低かった 1980 年代頃から将来の大きな課題として論じられてきた。八十年代の日本の高齢化率は九~十一%台の低位であったが、社会保障制度を始めの経済社会のシステムを高齢化の進行にいかに適合させるのか、ということが常に社会的な論点となっていた。

      1. 今後の高齢化の推移

図表 1 は、これまでの高齢化の推移と将来推計を示したものである。この図は、日本の高齢化の特徴が示されている。第一に、日本の高齢者人口の規模が大きいことである。2005 年時点で 25672 千人である。第二に、高齢化率の水準が高い、2050 年には 40%近くになる。第三に、高齢者にの中でも後期高齢者人口と呼ばれる七十五歳以上の高齢者が急増することである。第四に、これが最大の特徴であるが、総人口が減少する「人口減少社会」の中で高齢者が進行していくことである。日本の総人口は 2010 年トップを迎えた後、長期の人口減少過程に入っている。2050 年には 9500 万人を下回る。人口減少は、労働力人口や消費者人口の減少による経済への影響、税や社会保険料を負担する現役世代の減少による社会保険制度への影響など、日本社会に多大な影響を与えるものである。

2表 1 高齢化の推移と将来推計

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接