浅析“百鬼夜行”对日本神魔类动漫创作的影响毕业论文_日语毕业论文

浅析“百鬼夜行”对日本神魔类动漫创作的影响毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

现在的日本文化是多种多样,但日本动漫在世界范围内具有非常大的影响力。好莱坞的科幻大作的故事以及香港周星驰名作的台词,或多或少到日本的动画片的影子。很多的观众们喜欢日本的动画片,最重要的原因就是日本动漫里的独特的风格。日本有句俗话说的一样,“十人十色”各种各样独具个性的日本的动画片蕴含着特别的魅力。

日本的动画素材中,神或鬼怪为主题的动画片作品更是别具一格。本文对他们的动画创作中非常有名的作品《千与千寻》、《平成狸合战》、《滑头鬼之孙》以及《我家有个狐仙大人》的分析对比,可发现日本的现代的动漫创作,和《百鬼夜行》有着密不可分的关系。

关键词:百鬼夜行;动画;影响

目  次

はじめに

1.1 絵師鳥山石燕について

1.2 「百鬼夜行』

1.2 日本百鬼

2 『百鬼夜行』の神魔類アニメに与えた影響

2.1 宮崎アニメ作品『千と千尋の神隠し』

2.2 『ナルト』と『我が家のお稲荷様』

2.3 『渦巻』

3 ストーリーに与えた影響

3. 1『xxxHolic』

3. 2 『ぬらりひょんの孫』

3. 3 『百鬼夜行抄』

おわりに

参考文献

謝  辞 29

はじめに

日本は世界第三の経済大国として大きな影響力を放射している。この強大な経済実力が土台になり、多彩な文化が作られ、日本は世界範囲でも文化的影響力が高まりつつある。

多くの文化形式の中で、日本のACGは世界に対して最も影響があるものといってもよい。「ACG」は一般的にアニメ、コミック、ゲームのことを指しているが、三者の間は切り離すことのできない深い関係を持っている。一方、アニメはACGの中で一番伝達手段が豊富且つ便利なもので、その代表とも言える。ハリウッドのSF大作のストーリーから香港の周星馳の映画のセリフまで、多かれ少なかれ日本アニメの姿が見える。大勢な観客が日本のアニメが好きな最も重要な原因は日本のアニメの中の独特のスタイルにある。

日本のアニメの中で、神やお化けをテーマにするアニメ作品は非常に数の多く、また観客に好まれているものである。2001年に上映した『千と千尋の神隠し』はその代表で、アカデミー賞まで受賞している。本稿では、論述の便を図って、このような神やお化けをテーマにするアニメを「神魔類アニメ」と呼ぼう。

しかし、日本の神魔類アニメは、キャラクターやストーリーの設定もまったくの架空ではなく、その中から日本民間に広まっている数々の怪談や伝説などの要素がしばしば見られる。日本は「妖怪大国」とも言え、民間に大量の妖怪伝説がある。日本人の目の中では、一木一草や人間の目から見れば命のない物も、精神を持っていて、「精」と「怪」になる可能性がある。今、日本の妖怪の種類を全部合わせて約600がある。千変万化な妖異のシルエットは本当に日本の風土人情である。「百鬼夜行』の話は、妖怪話のなかでも代表的なもので、妖怪たちが行列をするさまを語った物語である。

本稿は、数多くの神魔類アニメの中では極めて有名な作品『千と千尋』の神隠し』、『平成狸合戦ぽんぽこ』、『ぬらりひょんの孫』および『我が家のお稲荷様』に対する分析と比較を通して、日本の現代のアニメと『百鬼夜行』との関連を明らかにし、『百鬼夜行』が現代のアニメに大きな影響を与えていることを究明したものである。

1 『百鬼夜行』と絵師鳥山石燕について

1.1 絵師鳥山石燕について

日本の伝統的妖怪文化と言えば、有名な妖怪絵師である鳥山石燕を描いた一連の妖怪絵巻『画像百鬼夜行』について言わなければならない。

今、日本人の知っている多くの伝統的な妖怪造形は鳥石山燕に描かれている。鳥山石燕は江戸時代に有名な妖怪絵師であり、本名は佐野宣房である。永襲土と佐光信の同時期の大和絵師狩野元信正信といっしょに狩野派絵柄を創設した。鳥山石燕は『和漢三才図会』と伝統的な日本の民話から大量の素材を収集し、整理して、それを係譜にした。その一生を掛かって完成した『画像百鬼夜行』、『今昔ペイント続百鬼』、『今昔百鬼拾遺』と『ペイント百器徒然袋』という4冊の妖怪画巻には合計して二百零七の妖怪が描かれ、今日、私たちが見た日本百鬼の原型である。[1]

図1 百鬼夜行図[2]

鳥山石燕の妖怪絵は当時に世間を騒がせただけでなく、今、依然として妖怪関連作品クリエイターの重要なインスピレーションの源である。現代の日本学者、妖怪漫画家、妖怪博士を自称する水木しげるは鳥山石燕の作品を非常に尊敬し、石燕筆下の妖怪なら、彼はほとんど絵を見るだけですぐに妖怪の名前と習性と出沒する場所を思いつく。

1.2 『百鬼夜行』

伝説の中で、日本の平安時代というのは暗い、人間と妖怪が共存の時代で、妖怪の住んでいるところは人間と重なって、ただ人類は昼間に行動し、妖怪は夜に行動するだけである。その時代には、夜になると道路のなかに誰もいなくて、この時に多くの妖怪が現れる。縁日時に行列を稽古を持ってのように、百鬼は凶悪な顔をして、道を歩いている行為は、『百鬼夜行』である。「百鬼夜行』を目の当たりにする人が理由もなくで命を落とすという。

また、お盆の夜に、百本のろうそくを燃え、何人かが団欒順番に鬼物語を話して、話が終わるたびにろうそくをいっぽんずつ吹き消し、百本目のろうそくを吹き消した時に百鬼夜行が見えるという。

図2百鬼夜行図[3]

1.3 日本百鬼

百鬼といえば、その数は百種の上である、数が復雑で、認識を容易にするために、そのイメージの特徴を分けて3類になる:

1、人間鬼化類

2、人間と動物植物との組み合わせ類

3、人間と生活器具との組み合わせ類

1.2.1 人形鬼化類

これは、単純な人の特徴を持つ鬼を指している。。

例えば:

図3 雪女[4]

雪女は多種の伝説の中に出現する妖怪である。「雪女、早帰り家」[5]そういうことわざが日本民間に広まっている。雪女は別名雪姫、雪童などで、伝統的な妖怪として、日本人誰でも知っている。雪女は山奥に住んで、人間とはたいして違わなく、美しい外見を持っているのに、よく雪山に入って男性を惹いて、人のいないところで彼とキスする。そして、その人を完全に氷漬けにしていき、彼の魂の食用する。[6]

図4 座敷童子[7]

座敷童子は主に岩手県の伝説の中精霊で、家宅に住んで倉の神である。

座敷童子は子供の姿をしている。家の中に座敷童子さえあれば、家族が盛んになる。もし一緒に遊ぶの仲間の中では、みんな熟知する顔なのに、なんとなくいつもより一人多いと感じ始めると、このことは彼の仕業である。座敷童子は、子供にしか見えない正直な妖怪である。そのために、常に利己的な家庭は法力の強い法師を雇って、結界で座敷童子の自由を制限している。[8]

図5 靑行燈

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接