浅析《舞女》与《伊豆的舞女》中女主角的异同毕业论文_日语毕业论文

浅析《舞女》与《伊豆的舞女》中女主角的异同毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

『舞姬』和『伊豆の踊子』分别是日本作家森鸥外和川端康成的代表作品。展现了社会底层舞女的纯美爱情。两部作品的女主角是生活在最底层的女性。薫子和爱丽丝虽然有着不同的遭遇,却有着相似的结局。身份卑贱却对爱情忠贞不渝。而男主人公最终都离开了,放弃了爱情。首先,就《舞女》和《伊豆的舞女》这两篇作品进行了简单的介绍。接着,写了《舞姬》的悲剧原因。还有《伊豆的舞女》之表现。最后,对薰和爱丽丝做了些简单的比较。

本文以两者形象,悲剧性等方面作比较,从而突显舞女所代表的底层女子对爱情的纯洁追求。

关键词:『舞姬』;『伊豆の踊子』;纯洁;美好;悲伤

目  次

はじめに 1

1 『舞姫』と『伊豆の踊子』について 2

1.1 『舞姫』の簡潔紹介 2

1.2 『伊豆の踊子』の簡潔紹介 3

2 『舞姬』の悲劇原因 5

2.1 『舞姬』の背景 5

2.2 森鴎外と豊太郎の思想と性格 5

2.3 エリスの性格 7

3 『伊豆の踊子』の愛情悲劇 10

3.1 物哀文化 10

3.2 薫は悲しい 10

4 『舞姫』と『伊豆の踊子』の単純と美妙 13

おわりに 18

参考文献 19

謝  辞 21

はじめに

森鴎外と川端康成は日本の有名な小説家である。『舞姫』と『伊豆の踊子』は彼らの代表作品である。二つの小説はともに悲しい結末を持っている。女主人公たちは愛情に直面しているが異なる態度を持っている。けれども、最後に、二人とも男に捨てられ、いっしょに生活する夢が叶えなかった。二人の境遇は、その時の社会背景の影響を受けている。本稿は、この二つ作品にに対して分析し、女主人公の愛情悲劇を解読しようとする。

1 『舞姫』と『伊豆の踊子』

1.1 『舞姫』について

周知のように、『舞姫』は森鴎外が自身の愛情のストーリーにもとづいて書いた、一冊の懺悔録である。1980年、『国民の友達』で発表されている。そして、日本近代文学史の上でロマンチックな小説の高潮を巻き起こした。

森鷗外(もりおうがい、1862年2月17日(文久2年1月19日)~1922年(大正11年)7月 9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将 相当)、官僚(高等官一等)。森鷗外は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎。 石見国津和野出身。東京大学医学部卒業。[1]

大学法学部の優等生豊太郎は、卒業後で政府で就任して、長官に高く評価させられて、ドイツへ留学させられる。偶然の機会で、彼はお金に困っているエリスと出会った。エリスは父の埋葬費を苦労している。豊太郎はエリスを救済した。この後、二人の関係は日に日に親しくなり、そのために、豊太郎は免職されて、ドイツで貧しい生活をしている。それから、友達の相沢は天方伯に従ってドイツへ考察して、彼は豊太郎に、女との愛情のために自分の前途を失わないように勧めている。豊太郎はいろいろ悩んだ挙句、苦しい決定を下し、帰国を準備した。しかし、愛情の苦悩は彼の病気を悪化させた。数週間後で、彼が意識不明の状態に置かれている。エリスはこの事実が分って、発狂した。

1.2 『伊豆の踊子』について

『伊豆の踊子』は川端康成代表性の作品の中の一つであり、1926年1月~2月、「文藝時代」に発表されている。少男少女の清純な愛情を描写しているのである。

川端康成(かわばたやすなり、1899年(明治32年)6月14日 – 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。[2]

二十歳の一高生の「私」は、自分の性質が孤児根性で歪んでいると厳しい反省を重ね、その息苦しい憂鬱に堪え切れず、一人伊豆への旅に出る。「私」は道中で出会った旅芸人一座の一人の踊子に惹かれ、彼らと一緒に下田まで旅することになった。一行を率いているのは踊子の兄で、大島から来た彼らは家族で旅芸人をしていた。「私」は彼らと素性の違いを気にすることなく生身の人間同士の交流をし、人の温かさを肌で感じた。そして踊子が「私」に寄せる無垢で純情な心からも、「私」は悩んでいた孤児根性から抜け出せると感じた。

下田へ着き、「私」は踊子やその兄嫁らを活動に連れて行こうとするが、踊子一人しか都合がつかなくなると、踊子は母親から活動行きを反対された。明日、東京へ帰らなければならない「私」は、夜一人だけで活動へ行った。暗い町で遠くから微かに踊子の叩く太鼓の音が聞えてくるようで、わけもなく涙がぽたぽた落ちた。

別れの旅立ちの日、昨晩遅く寝た女たちを置いて、踊子の兄だけが「私」を乗船場まで送りに来た。乗船場へ近づくと、海際に踊子がうずくまって「私」を待っていた。二人だけになった間、踊子はただ「私」の言葉にうなずくばかりで一言もなかった。「私」が船に乗り込もうと振り返った時、踊子はさよならを言おうしたが、止してもう一度うなずいて見せただけだった。船がずっと遠ざかってから踊子が艀で白いものを振り始めた。「私」は伊豆半島の南端がうしろに消えてゆくまで、沖の大島を一心に眺めていた。船室で横にいた少年の親切を「私」は自然に受け入れられるような気持になり、泣いているのを見られても平気だった。「私」は涙を出るに委せ、頭が澄んだ水になってしまって、それがぽろぽろ零れ、その後には何も残らないような甘い快さだった。

2 『舞姬』の悲劇

2.1 『舞姬』の背景

明治時代の社会風気

豊太郎とエリスの愛情の悲劇は濃厚な社会の歴史文化の背景を持っているのである。明治維新後で、西洋学問は日本へ入る。それで、文明文化が開ける風は物質と精神の方面で強烈に衝撃する。日本政府は孤立無援な苦境を抜け出すため、欧米を見習いを始めて、資本主義の性質があるし、近代化改革を実行した。しかし、明治政府の改革は根本的に封建的な束縛を抜け出しない。「国家が至上で、絶対に、犠牲自己に従う」の民族の品質は依然存在する。人々の思想を縛っている。特に、官僚主義的な機関の中で、部下は機械性の生物たるものは、育て上げられる。『舞姫』の主人公の豊太郎は東洋文化に影響をうける。同時に、豊太郎は西洋文化の薫陶を受ける。自由な人生の道を求める上に、よく「個人が至上だ」の人本主義の思想と「国家が至上だ」の伝統観念の間が揺れる。豊太郎は帰国して尽力を選んで、封建的な官僚制度の犠牲になった。それによって、自分とエリスの愛情の悲劇を招きた。これによって、その時日本の封建社会の秩序は悲劇にストーリ発展する根本的な原因である。

2.2 森鴎外と豊太郎の思想と性格

豊太郎の信念と言行は森鴎外自信の代表である。そのため、森鴎外と豊太郎と『舞姫』は分けられない関連性を持っている。

豊太郎は幼少から儒教の思想の教育を受けた。彼の心の底でずっと官吏になりたがっている。封建的な思想は依然保留している。しかし、このような根強い封建の思想が彼とエリスの愛情の悲劇をひきおこした。豊太郎にとって、彼の理想は功労と名声と愛情の両方の収穫である。しかし、その時の社会の背景の下で、このような理想的は空想だけである。西方の民主の自由な思想を受けてちょうど目覚める豊太郎がまたはっきりこの社会が現実的なことを理解していないのに影響する。豊太郎は日本社会に適応するため、愛情を諦捨てるしかできなくて、官吏になる道を選んだ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接