浅谈日本音乐毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本音乐毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

日本的传统音乐作为日本特有的音乐文化闪耀着光彩。本文从日本音乐的传统 、发展中受到的中西方的影响,现代音乐的兴起之路等三个方面介绍了日本音乐。文章重点分析了日本的音乐的现代化的过程。摇滚乐传入日本后开始了音乐现代化的发展。继盛行一时的歌姬之后,日本的流行歌手和音乐团体也逐渐的多样化和国际化。

通过研究发现,日本音乐是日本文化中不可替代的一部分。我认为日本音乐在当下的社会背景下要发展现代化必须要继承传统,接受改变,不断借鉴创新。

关键词:日本音乐;传统历史;发展;现代化

目 次

はじめに 1

1 日本の伝統音楽の略説 2

1.1 雅楽 2

1.2 能楽 2

1.3 民間音楽 2

2 日本音楽の発展の中で受けてきた影響 4

2.1 中国からの影響 4

2.2 西洋からの衝撃 4

3 日本の現代音楽の発展 6

3.1 ロック—近代化の始まり 6

3.2 “新しい音楽”時代 6

3.3 新しい音楽の発展—“都市の音楽” 7

3.4 J—POPの創意性と多様化 7

3.5 歌姬の時代 7

おわりに 9

参考文献 10

謝 辞 11

はじめに

古代中国の音楽が日本に伝わって、日本のクラシック音楽を確立した。そして日本の伝統音楽「雅楽」、「歌舞伎」などの公演団体は中国を訪問し、出演をしたことが多くある。現代においても、多くの日本のアーティストや音楽団体は中国で非常に人気がある。これによって、中国音楽と日本音楽の関係を探求する価値がある。そのほか世界範囲におき、指揮者小沢徴爾、NHK交響楽団などが多数の音楽愛好者に知られていて、日本の音楽は世界範囲内においても影響力があることが分かった。そのため、日本の音楽の発展過程も研究する価値があると思う。

1 日本の伝統音楽の略説

日本人は日本の伝統音楽を“邦楽”と称される。様式の違いに基づいて、邦楽は雅楽、能楽、仏教音楽と民謡の4類に分かれることができ、演奏の場合に基づいて、雅楽と民族音楽に分かれることもできる。西方の音楽が日本に伝来する前に、邦楽はずっと日本の主流の器楽の地位にある。

1.1 雅楽

雅楽(ががく)は中国語で“雅正之乐”を指し、日本の平安時代の伝統的音楽の1種類で、これも大規模な合奏という演奏の音楽だ。 雅楽は雅楽、能楽と仏教音楽を含め、楽曲は器楽曲という形が多く、主に宮廷と祭祀にある時に演奏し、世界の最も古い音楽形式だ。雅楽は最初は奈良時代に中国と朝鮮から日本に伝わって、そのあと、日本雅楽を模倣して融和し、雅楽が現れる。

1.2 能楽

能楽は能とも称し、日本古典劇の種類の一つだ。 能楽は日本田舎の酬の神の猿楽から発展してきてそれで、猿楽はまた中国唐の時代の散楽から来る。 能楽の創始者は観阿弥と世阿弥父子だ。能楽は14世紀末15世紀初、足利義満将軍の支持のおかげで、ますます繁栄になってきて、独特な特徴を創造する。それで、 能楽は日本で最終的に形成する。 能楽は音楽、歌、ダンスを主とし、俳優は頭にマスクをつけて、その面は木彫りを結んで、俳優につけ、前の無表情で、上向きをする時に笑顔があって、下向きをする時に号泣する。そのため、彫り刻みがたい所は想像することができる。 服飾はカラフルで、ロングヘアとかつらをつけるのが多い。 歌詞は優雅で、韻律を重んじて、格調は慎重で典雅で、公演する時はお客様に1種の夢幻的でロマンチック的で、奥深い感じを与え、詩劇と称される。

1.3 民間音楽

民間音楽は民謡で、民間で広く伝えられ、ジャンルはとても豊富だ。民謡は特定の国家あるいは地区で、口頭で伝え合って称賛するのを主な伝統の歌謡にする。民謡の中で子供の童謡が大部分を占める。それは日本の伝統の音楽として、古代から伝承してくる歌謡の総称で、大部分の歌謡は伴奏する楽器がない。日本語が発声する中から誕生する日本の固有の音楽の原点と称することができる。1987年の調査によって、現在大体58、000の曲がある。広義的に言えば、民謡は人々によく知られている歌謡を含んで、流行歌をも含める。しかし狭義的に言えば、琉球の民謡と阿伊民謡を含まない。

2. 日本音楽の発展の中で受けてきた影響

2.1 中国からの影響

隋唐の時期に中国から日本に伝来して音楽の形式には主に3種類ある:唐楽、技楽と散楽。唐楽は唐の宴会の時に音楽を使い、つまり、私たちの言っている燕楽と民間音楽。これらは日本に伝わってから、日本の雅楽に改造される。技楽は露天で公演する舞踊の劇で、つまり中国の楽踊だ。日本に入って来た後、舞姫という。隋帝の8年に呉国で学ぶ人たちが日本に帰国し、日本でこの技楽を広げようとしている。散楽はつまり、中国の芸能だ。それは周時代の民間楽踊から発展してきた芸能だ。これは音楽と合わせて番組になる。それに、唐時代に唐楽と一緒に日本に伝来する。雅楽の隆盛につれて散楽と技楽は宮廷から民間に伝わって以来、日本の元来の滑稽な芸能と合わせて日本の特有なものを形成して、すなわち能楽だ。

平安時代は唐時代から伝来した音楽理論が日本化をされるようになっている。 唐時代の音楽理論が伝来する前に、日本は豊かな音楽実践を持っていも、音楽理論上で何か手柄を立てることがない。732年、日本留学生が帰国した時、中国から10本の《楽本要録》を持ち帰った。その他、中国にやってきた留学生の忠実は経論や韻律を勉強し、帰国する時は輪宮図、日月図のそれぞれの2本および、律管12個を持ち帰た。 これらの音楽理論著作の流入につれ、中国の音楽理論と音楽思想は日本に伝来して影響をもたらす。例えば、奈良時代の吉備真備は《楽本要録》を日本へ持って行くことによって、今知ることができるのは楽学に関して様々な論じだ。例えば、“辨音声”、“ 审声源”、“ 七声相生”“二变”、“三分の損益”、“12の音階”、“輪の宮”などのように、日本音楽家に対して全てが新しいものであるように見える。初期に、日本は唐朝の音楽理論12の律名称のようなものをそのままに採用する。しかし平安時代以後中国の12の律名称を参照して、日本は自分の名称を創造した。

2.2西洋からの衝撃

それに対して、日本で“洋楽”と呼ばれた西洋音楽の転入により邦楽に大きく衝撃を与えた、しばらく間に、西洋音楽は段々日本音楽の主流になった。楽器演奏の邦楽は段々西洋音楽に圧倒された。1868年、日本は明治維新の時期に入り、日本音楽は近代発展の段階に入った。その基本的な特徴は日本が急速に欧米音楽文化を吸収し、そして今に至る”邦楽”と”洋楽”並存の局面になった。 この時期の日本伝統音楽が大きく変わった。

日本の作曲家達は絶えず、西洋の音楽の知識を勉強して、次第に単純なまねの西洋の音楽の段階を離れた。この方面で業績が大きいのは宮城道雄。彼の作品は十分に“西洋の音楽の中から吸収して伝統の音楽を改造する”の創作思想を体現されて、日本音楽界の中で「邦楽」、「洋楽」の限界を破った。例えば、1919年に創作した作品《秋のメロディー》は1首のがカノン形式を採用して、セレナーデスタイルを持っている歌曲だ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接