浅谈日本社会老龄化的影响毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本社会老龄化的影响毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

人口老龄化作为21世纪人类社会的主要发展特征之一,在全世界都引起了极大的关注。从先进国家来看,70年代以后,欧洲各国首先成为人口零增长国家,步入了人口老龄化社会。日本从 1994 年开始也进入了老龄社会,现在也成为了世界老龄化现象最为严重的国家之一,而我国也开始出现老龄化现象的征兆,随着人类社会的发展,生产力的提高,人类必将面临一个普遍性的问题,也就是人口老龄化.日本已经成为全球老龄化最严重的国家,早在 1970 年,日本就已经进入到了老龄化社会,全国超过 65 岁的老人构成了全国人口的 7.1% ,而经过三十年的发展,日本的老龄化问题进一步加剧,给社会的各方面都带来了负面影响,无论是文化、教育,还是经济政治。如何解决日本的老龄化问题,直接关系着未来日本经济水平,影响着日本在国际上的大国地位所以一直以来都有研究如何面对老龄化日趋严重的问题,经过几十年的探索研究,日本积累的丰富经验教训,相关老龄化的法律、法规、政策都有出台,已经逐步构成了完善的老龄化应对机制。

本文从日本高龄化的现状、成因、社会影响等三方面,对此问题进行探讨。中国进入到老龄化社会相对时间较晚,过研究日本的老龄化问题作为中国老龄化问题应对措施的参照。

关键词: 老龄化;应对措施;启示

目  次

はじめに 1

1 日本における高齢化現象 2

1.1 高齢化社会の発展 2

1.2 高齢化社会の現状 2

1.3 高齢化社会の未来 3

2 高齢化の影響 4

2.1 社会にもたらした影響 4

2.2 経済にもたらした影響 5

3 日本の高齢化の対策 9

3.1 個人の面から 9

3.2 政府の面から 9

おわりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

人口高齢化は21世紀人類社会の発展特徴の一つとして、世界的に極めて注目を浴びた。先進国家では、70年代以後、ヨーロッパ各国をはじめ、まず人口ゼロ成長になり、高齢化社会に入った。日本は1994年から高齢化社会に入り、今は世界中で高齢化現象が最も厳しい国家の一つとなった。わが国にも、高齢化現象の兆候が出てきた。特にこの半世紀以来、科学技術の高速発展のおかげで、人類の経済レベルと文化レベルが質的な進歩を遂げ、高齢化問題はもう多くの国にとって最も重要なことになった。高齢化問題は単なる人口数量の問題ではなく、経済、政治、文化と人口計画などに関わった戦略的な問題である。数多くの国では、人口高齢化は非常に差し迫って、直接に国民の生活レベルに影響を及ぼした。日本の高齢化問題はもう全世界に一番深刻になった。したがって、日本の高齢化に対する分析により、高齢化対策に関する豊富な経験を得ることができる。それは高齢化問題に直面している中国にとって、参考になるであろう。

1 日本における高齢化現象

1.1 高齢化社会の発展

 日本はすでに1970年の時に、高齢化社会に入り、全国に65歳を超える老人が人口の7.1%を占めた。30年の発展を経って、経済が急速に発展したから、国民の生活水準が向上し始め、衛生状態の改善と医療水準の向上をもたらすため、乳幼児の死亡が減り、高齢者の健康水準が普遍的に上がり、平均寿命は70歳になった。したがって、日本の高齢化における問題はもっと激しくなり、欧米など先進国より数倍ぐらいの速度で高齢化社会になる一方であり、老人の比が徐徐に上ぼってばかりいる。今はすでに世界中高齢化現象が最も厳しい国家の一つとなった。

 一方、中国では90年代に入り、一人っ子政策が持続的に実施され、人口出生率が下落し続けた。2000年に第5回国勢調査、60歳以上の高齢者が1億3000万に達し、全人口の10.34%になった。中国の人口年齢構成も老年型へ変わり、徐々に高齢化社会に入った。[1]

1.2 高齢化社会の現状

日本の街に歩んでいたら、老人の姿はどこでも見られる。現在、日本の総人口は1億2,796万人で、うち、65歳以上の高齢者人口は2.888万人であった。高齢者が総人口に占める割合(高齢化率)は22.1%となり、つまり5人に1人以上が高齢者である。高齢者人口のうち65~74歳の前期高齢者は1,500万人で総人口の11.7%、75歳以上の後期高齢者は,1,322万人で総人口の10.4%であり、初めて後期高齢者の割合が10%を越えた。高齢化率は今後も上昇を続ける見込みである。日本はもう高齢化現象がはっきりとした国家になったのは、疑いようのない事実である。

周知のように、中国は計画生育政策を実施してから、高齢化が加速された。高齢化社会の到来により、新たな問題が生じると考えられる。なので、他の国も経験を参考にして、わが国の問題を解決することはかなり重要だと思われる。日本は既に高齢者社会に入り、アジア諸国の中に人口高齢化最も早い国になっている。日本の街に回ると、高齢者の姿が常に見えるであろう。日本は既に高齢化現象が著しい国であることは明らかである。

1.3 高齢化社会の未来

2009年5月29日に日本内閣が公布された「平成21年版高齢化社会白書」により、2008年10月まで、日本総人口は1億2千769万人になった。その中に、15歳未満の児童の人口数は約1740万人であり、だだ総人口の13.6%を占めたが、65歳以上の高齢人口は2822万人であり、総人口の22.1%を占めた。高齢の比率は去年より1%を増やし、歴史の記録を再び更新した[2]。白書には、未来の日本社会のことに対して予測も行われた。2020年ぐらいになると、日本の後期高齢者の数は前期高齢者を超えるはずだ。2055年になると、高齢化の比率は40.5%に至るかもしれない[3]

2 高齢化の影響

2.1 社会にもたらした影響

長生きということは、本来は幸いなことであったが、資本主義制度の下では、高齢化が高齢者の生活や労働、健康、福祉など一連の深刻な社会の問題を持ってきた。日本人の高齢化が急速に発展するに従い、一連の問題が社会生活、労働就業や家族関係などの方面にも反映されたうえ、日々深刻になっている。

2.1.1日本労働力の高齢化と企業の現代化の矛盾が著しい

百年の発展を経たから、日本は既に技術が高度に発展した資本主義国家になった。近代化に熟練技术や労働力などが必要である。一部の特殊技能を持つ老人を除き、多くの老人は今の新しい知識が必要とされる仕事に適応しない。これは日本の高齢化が企業の現代化に相応しないところだ。従って、人口高齢化程度の深まりに伴って、日本の労働力の減少は避けられない問題になるであろう。

2.1.2就職と雇用の矛盾

失業率が高くなり、高齢者の退職や再就職の対立が著しい。日本社会の高齢化で就職と雇用の葛藤が深刻になった。日本の企業には、定年の60歳の時、相当の人が体の調子が元気だが、失業率が高くなっており、多くの人がこの年齢になっても安楽に過ごせない。日本厚生労働省の統計によると、たくさんの人が退職前に、本人の収入は家族の主な源であり、このうち、43%の世帯がほとんど自分の所得で暮らし、生計のために、一家の主要所得者として、大部分の引退者は他に生計を立てざるを得ない。

ところが、90年代に入って、特にバブル経済が破裂した以来、日本経済は長期不景気だから、失業が頂点に至り、たくさんの若者が就職難に陥った。若者はこの苦境に遭って、、老人の再就職はいっそう難しくなった。日本の高齢化が発展し、今後、高齢者の退職と再就职の矛盾はさらに鋭くなるはずだ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接