论日本速食毕业论文_日语毕业论文

论日本速食毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

日本速食业在日本餐饮行业中占有非常重要的一席之地。本文首先对日本速食做了一个介绍,研究了速食的产生、兴起、发展的一个过程。通过这个研究纵观日本速食产业的现状。了解到了日本快餐业有独特的优势,像快餐业巨头的日本松屋等都有自己优秀的经营理念,吉野家和モスバーガー也是日本速食店的成功典范,通过研究这些成功速食店经营的案例,得出了日本的速食业需要继续发展扩大,需要借鉴成功的速食连锁店的经营经验和方法。

本文还通过研究速食业发展的影响,速食给忙碌的日本人带来绝大的好处,将更多的日本妇女从“家庭主妇”行列里解脱出来,远离厨房,成为与时代一起发展的都市职业女性。其次,便当的缩小文化一定程度上冲击了日本的传统的集团意识。从研究快餐的影响得出速食店的全面兴起和便当等速食产业的发展对日本长久传统的男尊女卑的意识和集团意识有一定冲击的结论。

关键词:速食;速食店;女性;种类;意识

               

目  次

はじめに 1

1 ファストフードの紹介 2

1.1 ファストフードの起源 3

1.2 ファストフードの特徴 4

2 ファストフードの形成要素 6

2.1 ファストフードの発展現象 6

2.2 各ファストフードの奮起 7

3 ファストフードの影響 9

3.1 一部の日本女性の解放 9

3.2 ファストフード店普及の促進 10

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

日本ファストフードチェーン店は1965年に生まれ、第二次世界戦争後の日本工業が急速に発展し、資本主義はすでに成熟に発展された。1964年、東京が開催した世界オリンピックが標識として、その時の日本経済情勢が非常によく、外食産業も発達していた。あとで、1967年に、日本は初めて資本自由化を実行し、国外資金の投入を許可するが、資本を出し合うことしかできなくて、50%を上回ってはならなくて、1969年まで第2回の資本自由化、すでに国外の独資を許して、投資は100%に達することができる。そして、国外企業の侵入に従って、米国のファストフードチェーン店の経営理念が日本に入った。

 チェーン経営は日本で普及し、毎年都有為連鎖本部の催す征集加盟店の交流会。チェーン経営の目的は、市場を制御して経営の無限な可能性を実現し、企業の単純化と標準化を実現する。

1ファストフードの紹介

日本のファストフード業の奮起は20世紀70年代で、大阪国際博覧会の開催によって、米国ケンタッキーなどのファストフードが迅速に日本に入り、日本の飲食業界はファストフード時代を迎えた。外国のファストフードの誘導で、日本の田舎ファストフード業が発展し始め、ゆっくりと標準化と現代化に進める。しかし、日本が田舎さくてとっくにファストフードをできて、ファストフード業を形成するが、しかしいくつかファストフードはたいへんけんかして歓迎を受け取る。

1.1 ファストフードの起源

 ファストフードは短時間で調理、あるいは注文してからすぐ食べられる手軽な食品や食事のことである。ファストフードコストが低くてスピードが速く、21世紀初期に次第に流行っている。ファストフードは普通に箸を使う必要がなく、持ち帰りが可能である。

ファストフードはある意味から見れば、近代文化の標記だとみなされるが、ファストフードの起源は都市の歴史が同じに長く、各文化の間にファストフードの内容も違っている。古ローマ都市の中で、パンとオリーブ油を販売する小さい屋台がある。東アジアでラーメンの屋台がよく見られる。中東では、パン、サラダとサンドイッチである。現代ファストフードの起源は普通にハンバーガーと関連している。なぜなら、最初のファストフード店の主な製品はハンブルクである。米国は1921年に最初にファストフード店White Castleを開いた。その時のハンブルクは五つの銅貨で、WhiteCastleはハンブルクのミートパイで5つの小さい穴を作る。これは加熱の表面積を増加するとともに、肉の必要な料理時間を短縮する。WhiteCastleはファストフード業の先祖で、多くの競争業者が派生した。

江戸時代、京都で松本山甫という医者がいる。彼は各海鮮を酢に置いて一夜を浸した。翌日、松本医者は酢の中から酸っぱい海鮮を取り出し、ご飯を握っていていっしょに食べてしまった。このような創造精神がある松本山甫は最初に食物の鮮度を保つ。その時、日本は食物に不足するので、人々は各方法を考えて動物の蛋白質の新鮮度を保存したい。彼のこのような革新精神は寿司の発展に貢献する。

第二次世界戦争前後、日本はひどい食品不足の状況に直面し、人々は空腹でイモの苗さえ食べる。安藤百福はラーメン屋台を見て、粗末な服装を着る人々は寒風の中で数十メートルを並んでいる。それで、彼はラーメンに対して極めて大きい興味が発生する。1958年春、安藤百福は大阪府池田市の住宅の裏庭で10㎡の研究室を建て始め、古いラーメン製造器を探して直径が1メートルの中華鍋、18キログラムの小麦粉、食用油などを買い、専門にインスタントラーメンを研究する。安藤百福が作りたいインスタントラーメンはお湯を入れてすぐに食用することができるラーメンで、食用しやすい。安藤は繰り返して試験し、1958年8月25日に、全世界の第一の「ニワトリスープラーメン」というインスタントラーメンを販売し始める。これは日本最初のファストフードに対して研究だ言える。その時、インスタントラーメンを研究する原因について、安藤の話によると、「十分な食物があれば、世界が平和になれる」である。

1.2 ファストフードの特徴

 (1)種類が多く、様式が多様である。日本では、洋式ファストフードがあるだけではなく、日本式と中国式もある。洋式ファストフードはハンバーガー、ホットドッグ、サンドイッチ、パン、イタリアクッキ、ジュース、コーヒー、アイスクリームとステーキなどがある。日本式のファストフードは、弁当、ドーナツ、寿司、弁当などがある。中国式のファストフードは餃子、ラーメンなどがある。ファストフード企業から見れば、多様化の特徴が非常に明らかである。日経新聞によると、1984年の外食統計では、売上げが最大のはマクドナルドと第6位のケンタッキーである。これらはアメリカのブランドで、第三位は小憎寿司で、第4位は弁当、第10位は灶屋で、これらは日本料理の中心とするファストフードである。日本式のファストフードは普通に店内で食用しなく、家に持ち帰って食べるのは一般である。つまり、前五位のファストフード業の中で、四つの経営内容が違っている。これは日本ファストフード企業が多様化の方向に発展していることがわかる。

(2)便利。ファストフードの弁当は加工完成品で、食用が便利である。

(3)冷たくて食べられる。日本人は中国と違い、非常に刺身などの生物と冷たい食品が好きであるので、各地の消費者習慣を考慮して適切な料理を選ぶ必要がある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接