关于日本的阴阳道毕业论文_日语毕业论文

关于日本的阴阳道毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

本文首先介绍了什么是阴阳道,以及阴阳道的起源和发展。然后进一步阐述了阴阳道的基本概念。并且把阴阳道分为兴起期、兴盛期、衰退期和再兴期四个时期进行了研究,通过研究阴阳道在四个时期的不同的发展变化,进一步了解了阴阳道真正的文化内涵。其中,重点研究了阴阳道的兴盛期以及其代表人物安倍晴明。这个时期反映出日本贵族和平民对阴阳道的重视。此外,本稿还研究了阴阳道对日本的政治、宗教、文化等不同方面的影响,从而更加系统地、全面地了解阴阳道对日本历史发展的重要性。

关键词:阴阳道;阴阳师;起源;发展;影响

目 次

はじめに 1

1.陰陽道の紹介 2

1.1陰陽道の起源 2

1.2陰陽道の基本的な概念 2

2.陰陽道の発展 4

2.1派生期 4

2.2繁栄期 5

2.3衰退期 8

2.4再興期 9

3.陰陽道は日本社会への影響 11

3.1政治の方面 11

3.2宗教の方面 11

3.3文化の方面 12

おわりに 14

注 釈 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

日本の文化の中で、陰陽道は悠久の歴史を持つ特別な文化の一つだと言える。陰陽道は中国古代の陰陽五行説から生まれたものであるが、日本に伝われた後、特色に富んだ自然科学と呪いが相互に結合する文化に発展してきた。陰陽道というのは、古代中国の陰陽五行説に基づき、天文、暦法と占いの学科を含み、「天人合一」を中心思想とする精神システムを指す。また、陰陽道は吉兆、災い、呪いや祭祀などの一連の物事を推算する精神システムである。日本における陰陽道が盛んだ時期もあれば、衰退した時期もあった。実は、陰陽道は主に四つの時期、即ち派生期、繁栄期、衰退期、再興期を経歴した。

目下、陰陽道に関する研究が多く出現した。しかし、ほとんどの研究は日本歴史の角度から陰陽道が異なる社会背景における発展を論述した。換言すれば、それを分類別で研究する専門家と学者が少ない。そして、多くの学者は平安時代の陰陽道に関心を持ち、平安時代の陰陽道を詳しく研究した。平安時代が陰陽道が最も盛んだ時期であるので、学者からの強い関心を引き起こしたわけである。今、陰陽道について、既存の研究はほぼ歴史発展の過程及び社会原因などの面から研究した。一方、本論文は歴史の角度だけではなくて、政治、文化、科学技術、宗教などの因素から日本古代の陰陽道の発展を分析した。これらの研究によって、より一層系統的に、全面的に陰陽道が日本歴史の発展に対する重要な影響を分析しようとする。

1 陰陽道の紹介

1.1 陰陽道の起源

陰陽道は中国古代の百家争鳴時期の陰陽五行説から生まれたものであるが、日本に伝われた後、特色に富んだ自然科学と呪いが相互に結合する文化に発展してきた。陰陽道は日本の神道の一部分であると同時に、日本の呪い術の代名詞である。中国の陰陽五行説が日本に伝わった後、道教、仏教と一緒に日本の神道教の理論に基礎を築いた。一方、日本の神道教、道教、仏教の影響を受け、陰陽道は10余りの実用的な巫術を形成あさせた。そして、日本人は陰陽道を自然界の吉兆と災いに対する判断方法及び人類の吉凶を占う手法と見なした。そのあと、陰陽道は本土の特色に富んだ宗教形式に発展してきた。

日本の陰陽道は中国の道教から発展して来たものである。中国の道教は中国古代における世の中の万物の運行を解説する神秘の学説である。日本学者の齋藤励は『王朝時代の陰陽道』の中で、「日本の陰陽道は漢土の陰陽五行説に基づいて発展してきた。」[1]と指摘した。日本学術界から見れば、この本は日本の陰陽道を整理する初の本である。このように、日本の陰陽道が中国古代の陰陽五行に起源したものであり、中国秦朝の陰陽五行学派の思想が日本で広げる結果である。

1.2 陰陽道の基本的な概念

日本の辞典『大辞林』の説明によると、陰陽道が天文、暦法、地理学などの知識で吉凶を占い、瑞祥と災難を推算する古代中国の陰陽五行説に起源した学説であることが明らかになった。史実の上の陰陽道は天文、暦法と水時計関連の公式な作業をすると共に、占いなどの作業をする。それと同時に、陰陽師は科学者や処方師などの身分を持っていた。しかし、民間の伝説中で、陰陽師は魔術使用者と誤解された。安倍晴明[2]が『占事略決』[3]の十二神将を例にして見てみよう。これは中国の六壬神課の中の『黄道十二宮』とセットする12月の神将のことを指し、物事を占い推測する時使われる占術である。しかし、民間の噂によれば、十二神将が安倍晴明の式神になった。現在、夢枕貘が書いた『陰陽師』はとても人気があるので、人々は陰陽道を注目するようになった。しかし、陰陽道に対する認知度を高める必要があると思われる。

無知な太古時代で、人々は災害から免れるため、予め天地の変化を予測すると望んでいる。陰陽学説の出現はこの願望を現実させた。日本において、陰陽道を信奉する術士は陰陽師と呼ばれる。悪い兆しに対して呪い術を与え、患いを未然に防ぐなどは陰陽師の基本的な仕事である。陰陽師が集まる組織は陰陽道と呼ばれる。陰陽道の思想が日本で系統化になったと言っても良い。簡単に言えば、陰陽道は、古代中国の陰陽五行説に基づき、天文、暦法と占いの学科を含み、「天人合一」[4]を中心思想とする学科であり、吉兆、災い、呪いや祭祀などの一連の物事を推算する精神システムである。

 

2 陰陽道の発展

2.1 派生期

陰陽五行説は6世紀の時日本に伝われた。『日本書紀』の記載によると、513年に、百済の五経博士[5]の段楊尓と五経博士の高安茂は526年に次々と日本を訪問し、日本に『詩経』、『尚書』、『易経』、『春秋』、『礼紀』を持ってきた。これらの本は当時の日本人に「貴重な外来科学技術」だと見なされた。『易経』の中でちょうど陰陽五行の基本的な思想を含んだ。『易経』の中の多くの章節は陰陽の哲学思想を徹底的で詳しく解釈した。この時から日本と陰陽学説と深い縁を結んだ。

6世紀中葉に、占い師、暦法師、漢方医者は朝鮮から日本へ来て知識を伝授する。これに関係する天文、暦法、漢方、占いなどは本土の神及び道教と結び付けて、自然と人間の吉凶を占う。『日本書紀』によると、推古天皇十年「暦本、天文地理についての本、遁甲という技についての本も一緒に伝わられた」[6]。690年の中国の元嘉暦及び儀鳳暦も日本で採用された、陰陽五形の学説を基礎とした暦は日本で確立された。天文、暦法は日本という農耕の国家にとって非常に重要と言えばよい。同時に、これも日本が陰陽という学説を導入する主要な原因の一つである。

6世紀に朝鮮から陰陽観念が日本まで伝わった後、「重要な科学技術」と見られていた、天文、暦法、漢方や占いなどの分野に運用する。「新しい知識」として当時の支配者が利用して、当時の日本社会の国家統治の変革を推進した。つまり、陰陽道は天体を観測できる、暦法を知るだけでなく、占いもできる、当時は実用の知識としている。国の栄え、天皇が適当かどうかから庶民のことまで、全部は陰陽道という知識で解釈できる。陰陽観念が日本に伝わった後、重要な科学技術だけでなく、そして政治分野でも独特な作用を発揮した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接