关于日本神道毕业论文_日语毕业论文

关于日本神道毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

中文摘要

日本的神道又被称为神道教,它是日本宗教中流派最多、影响最大的宗教。是在日本固有的民族信仰基础上发展起来的精神行为,是日本固有的民族宗教,

本文主要介绍日本神道的由来、特点、各个时期的发展状况,让大家了解到日本神道的特点相对于其他宗教是有区别的。本文将重点阐述日本神道对日本政治、经济、文化等各方面的影响,让大家了解到日本,日本神道之于日本整个社会,不仅是一种宗教,更是一种文化。另外,希望通过本文使大家更加系统的了解日本神道。

关键词:日本;神道;介绍;发展;影响

目 次

はじめに 1

  1. 日本神道の紹介 2
    1. 神道の由来と基本的な内容 2
    2. 特点 3
  2. 日本神道が各時期における発展 5
    1. 日本古代における発展 5
    2. 日本中世時期における発展 5
    3. 日本の近代時期における発展 6
  3. 日本神道が日本に対する影響 7
    1. 日本の祝日の方面における体現 7
    2. 日本の民衆生活に対する影響 9
    3. 日本企業に対する影響 10
    4. 日本神社に対する影響 11

終りに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

今回の卒業論文のテ一マは「日本神道」である。「日本神道」という論文は、その名の示すとおり、「日本の神道の基本的な内容、それぞれの時期の発展および日本の民衆生活に対する影響」についての論文である。

なぜこのテーマを選んだかというと、日本文化を学んだら、日本人が神道を非常に重視することを知った。そのために、日本の神道が一体どのようなものかを研究したい。

今回の研究を通じて、日本神道の発展過程が長くて、その意義が深いということを明らかにする。実は、神道は日本の政治、経済、文化などの各方面の発展に影響を及ぼす。その他に、研究を通じて、神道が神社と深い関係があるだけではなくて、それ自身が一種の文化であることを明らかにする。

1 日本神道の紹介

神道の由来と基本的な内容

日本の神道は、氏族社会の自然崇拝、祖先崇拝と巫術から起源する宗教である。一般的に言えば、神道はまた「神道教」と呼ばれている。「神道」という言葉は最初『日本書記』という本で登場した。この本の中で、「天皇は仏法を信じ、神道を尊重する」という記録がある。1神道教は最初主に自然を崇拝し、自然界の各種のものを神として信奉していた。『古事記』の記載によって、日本では、8 百万ぐらいの神々が存在している。2日本の「神」の概念を研究すれば、日本古代の神々が肉眼で見えなく、人間以外の知識や能力持ち、人類に対して威力を発揮するような存在であることを明らかにした。当時の神道教は教祖や教義がなく、それを信じるか、信じまいかと問わず、ただ人々の頭における未知の世界に対する恐怖意識である。

西暦紀元 5 世紀から 8 世紀まで、中国の儒学が日本に伝来した後、日本文化の不可欠な部分として大活躍していた。それと同時に、道教と仏教も日本に伝わられた。仏教の影響で、日本の伝統的な民族宗教も大きく変化し、「神道教」という名がついに出現した。その後、仏教のまねをする神社や寺院が徐々に現れ、世襲祭司によって構成される教階制度が確立されたので、比較的な系統的な宗教典籍の『日本書記』と『古事記』が書かれた。この二冊の典籍は天地が開かれた頃から神武天皇、応神天皇、仁徳天皇、推古天皇時期までの神話と伝説を収録し、後世の神道教が宣伝した「神皇一体」、「祭政一致」 に主要な根拠を提供した。

1 『日本書記』の 89 ぺージの「天皇信佛法,尊神道」から指摘する

2『古事記』日本和銅四年9月18日

その後、宗教意味の面において、日本の神道は「神の道」、「神霊の道」と釈明させた。長い変遷を経って、原始の神道は歴史発展の過程で仏教、儒学と道教の各種の思想を吸収して、次第に民族宗教に発展してきた。それと同時に、神道自身の教義や儀礼制度と国家政権の間の関係も絶えず変化してきた。一言に言えば、神道は日本の歴史発展、政治、思想文化などにに大きな影響を与えた。

特点

神道の最も顕著な特徴は多くの神を信仰することである。さらに、神道が信奉した神霊が八百万もいるという言い方もある。この「八百万の神」の中で、主神と付属神が共存し、自然神と社会神が共存し、現地神と外来神が共存している。「身分の高い神もあれば、身分の低い神もいる。強い神もあれば、弱い神もある。優しい神もあれば、凶悪な神もいる。人だけではなくて、鳥獣、山川草木及びすべての変わった物は神だと見なされる」。3このような多神信奉の形態及び宗教心理のため、日本人は知らず知らずの内に世界が複雑であり、世の中の万物がすべて価値を持ち、いわゆる世界原理が多数原理であると思うようになった。また、日本人の多元の思惟と価値観モデルも徐々に形成した。

神道の二つ目の特徴は、教理より更に祭りや儀礼の宗教行為モデルを重視することである。統計によると、公家朝廷と武家政権が残した全国的な祭り或いはイベントについては、一年間中 237 項がある。全国の民間祭り活動は更に数えきれないほど多い。例えば、一ヶ月間だけで、464 項の祭りや行事が行われる。

3 『日本文化研究』2004 年第4期第 119 期

神事のイベントは主に神霊を向かって祭祀し祈願する。そして、祭りの目的は主に幸福を祈り、災害を減らすことであるので、その現実性がとても強い。

神道教の第三の特徴は地縁性のある氏神を信奉することである。神道教の氏神は地縁の関係者によって祀られるが、祖先神の性格を持っている。神道教の氏神は個人を助けることより、更に共同体の利益を重視する。この神々は同一の地域共同体における血縁者と非血縁者が共に祀る集団保護神及び群体のシンボルと見なされる。このような氏神信奉の下で、人々は共同体の安定発展及び自分や子孫の安全幸福を祈願するため、積極的に共同体が組織する各種の「祭り」あるいは「氏神講」に参加する。

神道教の第四の特徴は、国家神道が神と人の一致、祭りと政治の一致、天皇を崇拝することを主旨とする「活神信条」を強調する。 神道教派の中で、支配的地位を占めるのは伯家神道はである。この神道は太陽神・女神や天照大神を各氏族神の神祖と見なす。そして、天皇が天照大神の万世の子孫で、各氏族の守護神の最高なリーダーで、国家神道の最高な神で、「現世人神」と見なされる。

日本神道が各時期における発展

日本古代における発展

日本の原始的な神祇信条の中で、神と人は血縁があり、お互いに転化できる存在である。即ち、「人と神の間に、顕著な境界線がない。神を祭る過程で、汚れを除けば、自分の過ちを改め、神と一緒にいられる。

社会は絶えず前へ進むものである。当時、中国大陸からの宗教の思想と先進的な文化は日本列島に伝われ、「経巻のない」の神道教は徐々に外来の宗教の思想文化と融合し始めた。奈良、平安時代になると、日本固有の神道教は伝統信奉から宗教に向かって転換し始めた。日本社会が封建社会に入る時、統治者は自分の統治を強化するために、人々の精神に対する制御を強化した。宗教は人々の精神を制御する最も良い方法であるので、神道は二つの方面から宗教化の改革を行った。社会の上層は王権を強化するために、固有の神道信奉と関連する民間伝説を整理し、それを系統化し体制化させた。一方で、仏教が民間に広がることにつれて、社会の下層部の民衆は次第に仏教と神道教を結びつけ、いわゆる「神仏融合」を形成させた。

日本中世時期における発展

徳川時代の前に、仏教は「国教」の地位に位置づけられた。それで、神道は仏教と融合し、いわゆる「神仏習合」という対策を取った。これで、神道と仏教が千年ぐらいの相互浸透と相当調和を経験した。徳川の時代に入った後、儒学の影響が益々大きくなり、更に全盛期に入っていた。それと同時に、仏教は

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接