浅谈中日两国的古建筑毕业论文_日语毕业论文

浅谈中日两国的古建筑毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

古建筑是铭刻历史的丰碑和文化灵魂的殿堂,对于人类来说 ,建筑不仅是一种情结,更是一种血统。古建筑折射着国家民族的风土人情与历史文化,凸现着民族表现精神。但是,随着社会的高速发展,一些人只注重眼前利益,盲目的拆除古建筑为自己谋福利,实在是一件悲哀的事。

本论文先从古建筑的发展史、中日两国对待古建筑的态度这两方面来表明当今社会中日两国对待古建筑的不用做法。接着从保护古建筑的意义和古建筑的保护原则这两方面进行分析研究,体现保护古建筑的重要性。通过本论文的研究, 希望人们能提高对古建筑的关注力度,加强对古建筑的保护。

关键词:古建筑;中日;思想;文化;经济

目 次

はじめに 1

  1. 中日両国の古い建築の比較 1
    1. 古い建築の定義と発展史 2
    2. 中日両国の思想の違い 3
    3. 建築のイメージとレイアウトの違い 3
  2. 中日両国は古い建築への態度 5
    1. 中国の古い建築への態度 5
    2. 日本の古い建築への態度 5
  3. 中日両国は古い建築を保護する意味 7
    1. 歴史の文化のキャリヤー 7
    2. 歴史研究の重要な根拠 8
    3. 人々の精神文化を豊かにすること 8
  4. 古い建築の保護原則 10
    1. 古い建築の発展観を貫徹すること 10
    2. 古い建築不変の原則を堅持すること 10
    3. 古い建築の価値 10

おわりに 12

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

現代経済の発展のおかげで、人々が飲食の問題を解決してから、精神的な側面に注目するようになってきた。近年、中国の経済は急速な発展をとる一方で、古い建築文化の問題をはじめ、深刻な問題を引き起こした。経済発展の影響で、数多くの古い建築がひどく破壊された。このため、中日両国の古い建築への態度を研究することを以て、人々が古い建築を重視し、古い建築への保護意識を強めることを期待している。

1 中日両国の古い建築の比較

古い建築の定義と発展史

古とは以前のものだ。建築は建築物と構築物の総称で、人々が社会生活需要を満たすために、把握している物質の技術の手段を運用して、一定の科学の法則を作り出した人工環境だ。だから、古い建築は長い歴史の建物だ。中日両国は長い歴史の国家として、古い建築の面で、多様な変化だ。

日本の古い建築は三つの時代を分けた。飛鳥時代(538 年–710 年)この時代は日本の建築が体系的に発展して本当の始まり。法隆寺は飛鳥時代の主な代表建築の作品だ。奈良時代(710 年–794 年)この時代は日本の古い建築の黄金時期だ。この時代、仏教寺院建築が特に盛んで、その建築の新しい象徴を与えてくれた、日本のいわゆる和風建築システムの基礎、そしてこの時代の寺院建築は今もかなり残っている。たとえば、東大寺、西大寺、薬師寺、元興寺、興福寺、大安寺や唐招提寺などだ。平安時代(794 年–1185 年)この時代日本建築史の上で最も特色の時代の一つだ。8 世紀の後期から 12 世紀まで、日本建築は唐文化の影響を受けるため、変化が激しい。しかし仏教の建築は依然として主流だ。

中国の建築は各朝の交替と思想の潮流の影響で大体 3 時期に分けることができる。建築の萌芽時代(西暦前 200 年—西暦 220 年)この時代、建築は多く土壌、草木から直接建った。美しいが、実用だ。繁昌時代(西暦 220 年—西暦 1280 年) この時代、古いの中国は数十個時代が交替したが、古い建築は思いがけない栄えになった。古代皇室の貴族は大部分仏教を信奉するので、この時代に建築の寺院が多い。発展時代(西暦 1280 年—西暦 1912 年以後)この時代、中国は外の世界が交流し始めた。そのため、建築もヨーロッパなどの影響を受けて、風格

は大部分洋式の建物に偏った。

中日両国の思想の違い

建築の発展は文化の基礎に離れられない。中日両国の思想の違いのため、作って似ている。しかしまた不完全に同じ古い建築だ。

中国では、儒家の文化は中国の国学として中国人の心に深く入り込める。儒家文化は修身、国を治めることを重んじた。この文化の影響で、中国の古代社会は厳格な等級の儀礼制度が現れた。しかし建物は物質の基礎として、厳格な対称形が現れた。庭園の方面で、老荘の「楽」の思想が表した。ゆったりしていて、無為の生活の観念を重んじた。

日本の建築は日本本土の原始神道の影響を受けたが、日本は「現実的な本位」と「自然と本位」に基づいて、だから「自然の色、簡素の色」の色彩観、「自然と共生」の自然観や「誠を中心にする」の思想が育った。日本の古い建築はこの思想の影響で自然と呼応する。しかし、唐の文化が日本の浸透に従って決してそっくり当てはめない。そして、特有な文化と審美の観念を融合して、自分の単純な建築の特徴を形成する。

建築のイメージとレイアウトの違い

中日両国は古い建築のイメージとレイアウトにも違う。

イメージには、中日両国では同じ建築な技術が、両国の思想が違うため、古い建築のイメージが違う。日本では自由から、日本の古い建築のは自然のイメージを現して、中国は華やかで美しい。

レイアウトには、中国の古い建築は儒家の等級の思想に影響されて、建築群

の布局にも中軸線の対称の構造を示し、さらに仏寺の企画は同じだ。日本の建築は早期の表れと対称の構造だ。しかし時が経つにつれて、日本では古い建築の修繕に絶えず、だこのレイアウとを変わった、そして建築が不規則なレイアウトを現す。それにしても、日本の建築は人に美しいものだと感じさせる。

  1. 中日両国は古い建築への態度

中国の古い建築への態度

新しい世紀に入ったこの 10 年は、中国の都市化が迅速に発展する 10 年であると言える。大都市から町まで、高層ビルが次々と現れている。しかし、高層ビルが急速に建造されると同時に、中国の古い建築と古町は深刻に取り壊される目に遭った。第三回文化財調査の統計により、30 年以来、4 万箇所の移動不可の文化財はなくなり、その中の半以上は各種の建設活動に破壊された。

2013 年、1500 年の歴史のある陝西韓城古城は強制的に撤去され、600 年の歴史のある明朝建築「三官廟財神殿」1と「陳氏故居」2も強制的に撤去された。近年、古い建築を勝手に再改造したり、撤去したりすることはよく見られる。一部の官員たちは、目の前の利益のために、先祖たちの残した文化精髄まで捨ててしまった。このような行為に、傲慢な権力意識と実績観念が含まれているだけでなく、利益を求める政治における伝統文化の悲しみを反映している。

古い建築を守る地方があるが、彼らの態度と言っては、古い建築を修繕するのではなく、リフォームを求めている。リフォームが古い建築を守るように見えているが、実際は、古い建築を破壊している。

日本の古い建築への態度

中国と同じように、日本は高度な現代化と急速発展の時代に入ったが、伝統のことを現代の対立とみなすのではなく、自分の伝統を非常に大切にしている。日本人たちは、古い建築を宝物とし、文化を伝承させるために、毎年、全国各地で伝統服装でデモすることや、花火大会などのような伝統活動を行う。古い建築を破壊する可能性のある行為に対し、市民たちは自発的に戦うようと組織する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接