中日文化的交流——以“徐福渡海”为例毕业论文_日语毕业论文

中日文化的交流——以“徐福渡海”为例毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

本文以具有2000多年历史的徐福东渡事件作为对象,从相关徐福的文献记载、徐福遗迹、徐福在日本的贡献等方面来分析中日文化的交流。主要运用调查研究、比较分析两种方法,从中日徐福东渡的相关史料入手,事实告诉我们,徐福作为一种独特的文化现象,他是中日文化交流活动的最早楷模和典型代表,开启了中国文化外向传输与探索的先河,在不同文明的积极融合中推进了人类社会的进步,无论从历史的角度,还是现实的状况,对中日两国的交流与交往起着不可替代的积极作用,对于中国文化的探索精神产生了重要的影响。

关键词:徐福;文化交流;民俗;历史;国家关系

目  次

はじめに 1

1 日本にある徐福 2

1.1 徐福が日本に対する貢献 2

1.2 徐福が日本での地位 2

1.3 徐福が日本での遺跡 3

2 徐福東渡から見る中日文化交流の特徴 6

2.1 悠久の歴史 6

2.2 物質の文化交流から精神の文化交流まで 7

2.3 両国の相互勉強、相互影響 8

3 徐福東渡が中日文化交流に対する影響 10

3.1 民間に対する影響 10

3.2 国家関係に対する影響 10

おわりに 12

参考文献 13

謝  辞 14

はじめに

中日両国は一衣帯水の近隣である。2千年余りの交流歴史を持っている。政治、経済、文化などの各領域で、両国人民はずっと密接な関係を持っている。特に中国伝統文化は日本本土文化の形成と発展に対して重大な影響が生じた。21世紀はグローバル化の時代で、各国は更に積極的に地区間の協力を探求し、みんなに期待される競争態勢を形成した。それに、中日関係の発展はアジア地区の経済、政治、文化発展の構造に対して重要な効果を果たし、甚だしきに至っては世界の経済発展に対して大きい影響を与える。現状を簡単にまとめると、歴史の沈殿と未来発展の重視だといえる。古代の中日関係というと、ある歴史学者は「先生と弟子2千年」と言った。このような言い方は両国が交流がある時間から計算し始める。つまり、中日民族の間に交流は古代からある。多くの研究から見れば、日本民族は最初から、中国文化の影響を受ける。古代中国は世界の四大文明の発祥地の中の一つで、古代の先進的な文明代表であった。古中国は華夏族を中心にして、自己を発展している同時に、絶え間ないで周辺民族に先進的な技術、文化を伝え、アジアの各民族の発展を推進した。文献記録の中で、徐福は最初に日本に到着する人だと記録した。徐福は日本の発展のために巨大な貢献をし、中日文化交流の幕を開いていた。本文は徐福渡海を例にして日中文化交流を分析しよう。

1 日本にある徐福

1.1 徐福が日本に対する貢献

徐福は、中国の秦朝(紀元前3世紀頃)の方士である。斉国琅邪の出身で、生卒時間は不詳である。幼いごろから儒学を習い始め、陰陽五行を研究し、修行をし、不老長寿の薬を作った。方術を研鑽し続き、成年後、医者として伝道し、当時斉国方士侯生、燕国方士芦生とは親友であった。彼が医術に精通し、医学や針灸に得意で、口達者であることからこそ、始皇帝に高く評価され、重任を任せられた。司馬遷の「史記」の巻百十八「淮南衝山列伝」によると、秦の始皇帝に、「東方の三神山に長生不老の霊薬がある」[1]と具申し、始皇帝の命を受け、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、五穀の種を持ち、東方に船出し、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て、王となり戻らなかったとの記述がある。徐福は日本へ渡って帰って来ない原因は私達はよく知らないが、彼は日本に対して貢献は確かである。

徐福は日本の先賢達に稲作、医薬を伝授し、その時世界で最も先進的な技術を糸を繰って製錬し、彼が持って行った千童の様々な技術グループは日本文明発展に偉い貢献を作り出した。彼は日本和歌山県、佐賀県、鹿児島県、山梨県、福岡県、秋田県、青林の県などの20余り場所にすべて遺跡の遺物がある。今、多くの日本人はすべて徐福が日本の歴史文化に深い影響に持ってきったと思っている。日本各地で古代の賢人の様々な業績と遺跡を銘記する標識があり、世の変転を幾度も経験したが、現在の人々に忘れ難くて驚かせる。特に日本各地の民衆は彼に対して日本の諸島に明るくて光り輝き率いた千童様々な技術グループを持って代々伝わったことに対して、心から敬虔と敬慕の気持ちがあり、その場に身をおかない人は想像しにくい。

1.2 徐福が日本での地位

徐福は中日文化交流の第一人である。徐福が秦時代の先進文化を持っていって以降、中国歴代の王朝に日本からの渡来人がいる、中国の文化を持って帰った。「新撰姓氏禄」によると、公元 9 世紀初め、近畿地区からの渡来人が総人数の30パーセントを占める。渡来人は日本の発展に重要な効果を果たした。この影響で、日本は文字なし時代から文字時代まで、仏教、教育、経済、生活、風俗などにも激しい変化が発生した。日本各地の民衆は徐福に対して心から敬虔と敬慕の気持ちを溢れている。彼らは徐福を「王」と呼ぶ、「御」のため、「弥生文化の旗手」[2]で、また豊作の神、農耕の神、紡織の神、医薬の神、漁業の神、造船の神、水利の神、殖産の神、土の神などと呼ばれる。その影響は代々に続いて2000年余り一度も中断していない。ある学者は甚だしきに至っては、徐福が日本国史の上で有名な神武天皇を建てると思っている。

日本は3000社の徐福研究会、5基の徐福陵墓、37基の廟祠がある。徐福が登山によって命名される蓬莱山は13基があり、各種の遺跡と出土文物が数百件で、各地が近代に創立された徐福記念組織と研究機構は約90ヶ所があり、祭りはおよそ50個がある。秦と徐を名字にする作品は17個、出版する著作は50余り部がある。「朝日新聞」が掲載した調査結果によると、「氏の子と信者が3400数万に達する」。その中はさらに佐賀、新宮、富士の吉田が最も有名である。この3つの場所で、徐福を祭ることはすでに現地民衆の重要な事件になり、重要な文化と観光産業に発展してきた。徐福の祭祀と紀念活動に参加する人は、労働者、商、学、軍と各界の有名な人と民衆だけではなく、政界の官吏もある。例えば、佐賀、新宮、富士の吉田県長、議長、市長などは現地の徐福会会長がいる。これらのイベントは日本の元首相の羽田孜、三木武夫のなど人から支えてもらう。羽田孜はまた自分の住所を「秦陽館」を門前で刻んでいる。

1.3 徐福が日本での遺跡

中国の歴史文献の中で、徐福は物語で記録される名前である。「徐福東渡」は中国史記載の第1回の航海探険である。

徐福は巨大なチームを率いて堂々と出発した。間もなくて、このチームは海の中で消えてなくなり、音信がなかった。司馬遷は、徐福が「平原の広沢に着いて、王に止まって返しない」[3]と言った。しかし、この「平原の広沢」はどだか?近代学者の研究によると、徐福が到着した「平原の広沢」は現在の日本である。日本で、徐福の遺跡と紀念に関するものがたくさんあり、徐福への紀念は日本の歴史文化の中で書いている。

日本の佐賀市の徐福長寿館は徐福の遺跡がある。徐福長寿館は金立谷間の中で位置する。金立山は佐賀地区山脈の主峰で、海抜は500メートルである。そこは「徐福長寿」を中心にし、広々としていて美しい徐福紀念公園を創立し、多種の貴重な民間薬を栽培している。日本政府は「徐福長寿館」に3億円を投資して作り上げ、中心のホールは徐福の白い玉全身座像で、両側は日本各地の徐福の遺跡画像を陳列している。また徐福の事績歴史の絵巻を紹介する。最も特色があったのはたくさんの民間薬の標本である。それは徐福が日本へ渡って「長生薬」の文化である。紀伊半島の南端の熊野県新宮市にまた徐福と関係がある重要な遺跡があり、それは「徐福公園」である。新宮市は美しい臨海の城で、三面は山に囲まれ、環境が優美で景色がすばらしく、街が整然としていて静かである。新宮市は徐福に関する伝説と遺跡が多い。徐福の名に命名される「徐福町」の大道りがあるほか、地元の人達に好まれる「徐福のお茶」、「徐福の餅」、「徐福の長生果実」などがある。、人々に2千数年前にここに来る神秘的な中国方士を忘れないように気づかせる。全部の新宮市は深い歴史感じが溢れる「徐福城」である。徐福公園は1994年に再建である。公園に中では「不老池」と命名られる湖があり、池辺は7株のテンダイウヤクを栽培し、長生きしてその根茎部は池水にしみ込む。池辺は非常に古い徐福の彫像がある。その高くて大きい楠木の下に墓碑があり、「秦徐福の墓」という字形を彫り刻んでいる。徐福の墓碑の右側に、緑色の石があり、「7墓の碑」と彫っている。徐福の7人の重臣の古い墓、もとは北斗星の形で徐福の墓の周りに分布して、昼夜で自分の首領の陵墓を守る。長い時間を経て、「7墓」はもう無くなってきた。日本の大正4年に「7墓の碑」を建ていた。徐福の墓の左側に、昭和15年に創立された徐福顕と彰の碑があり、篆書で「秦徐福の碑」を書いている。2000余り字の碑文は徐福が日本文化に対して貢献を記述した。その材質は漢白玉大理石で、石板の上で徐福の一生および日本へ渡っている図を刻んでいる。

2 徐福東渡から見る中日文化交流の特徴

2.1 悠久の歴史

中日両国の文化交流の史の上で、徐福は巨大な貢献をした。徐福は秦時代に日本に到着し、歴史上で記載する一番目に日本に到着する人である。つまり、中日文化交流は秦の時に始まり、中日文化交流は長い歴史を持っている。実は古代、日本列島はアジア大陸と繋がっている。日本で発見した古生物化石と石器文化は中国華北地域の石器文化と同じで、原始先賢達がもっと前に往来があると説明する。1万年ぐらいまえの氷河期が終わった後、海面の反発と地殻変動によって、日本列島は大陸と離れているが、海流と季節風の影響で海を渡って日本に来る中国大陸と朝鮮半島の移住者がある。彼らは先進的な生産用具と技術を通じて、日本社会の発展を推進した。2千年歴史の文字記載から見れば、両国の文化交流は非常に密接で、延々と続いて絶え間ない。史料によると、中日両国の文化交流と発展は魏晋南北朝の時期にさかのぼることができる。秦朝で、中国の各物品は9月にすでに日本に伝わり、文化交流が隋唐時期、日本の大和時代、奈良時代と平安時代に続いている。その時の中国政治、経済、文化はすべて発達し、日本は中国の文化を学ぶために、相前後して唐に10回ぐらいの遣唐使節団を派遣した。その回数が多くて規模が大きく、時間が長くて内容が豊富である。中日文化交流はその時に高潮が現れ、大量の傑出な遣唐使が現れ、彼らは歴史でよい事績を貢献した。遣唐使は日本社会の発展と日本文化の友好交流の促進に対して大きい貢献を与えた。 

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接