浅谈日本高龄化毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本高龄化毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

随着社会的不断发展,现代医疗水平的逐步发达,人类平均寿命在不断提高的同时,也迎来了新的问题:社会人口高龄化。在亚洲地区日本也面临同样的问题。然而在当今社会如何面对高龄化以及赡养老人的问题上,存在着很严重的问题。

本论文根据中日两国的相关研究,就日本人口高龄化的现状进行分析找出对高龄化社会的对策和解决方案。然后在中国具体现状的基础上,提出解决高龄化问题的有效方法和手段。本论文的考察对现在中国高龄化问题的解决也能起到一种参考。

关键词:高龄化;原因;对策

目  次

はじめに 1

1 日本高齢化の社会現状と特徴 2

1.1 日本の高齢化問題の現状 2

1.2 高齢化の特徴 2

2 日本の高齢化問題の原因と影響 4

2.1 少子化が高齢化を促すこと 4

2.2 生活の改善が寿命を延長させること 4

2.3 先進的な医療技術 5

2.4 高齢社会が日本の高齢者介護保険体系への衝撃 5

3 日本高齢化問題の解決方法と整備政策 7

3.1 勤続年数を延長すること 7

3.2 社会保障の体系を設立、完備すること 7

3.3 移民政策を緩み、外来人口を吸引すること 8

3.4 労働力を代替できるロボットへの開発を強化すること 8

おわりに 9

参考文献 10

謝  辞 11

はじめに

日本には65歳以上の高齢者人口は約二千万人である。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は20%である。今の日本は世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎えているといっても過言ではない。第二次世界大戦後、日本経済の復興と発展に従って医療を含めた暮らし向きがよくなってきた。そして、科学技術の発展で難病を治すこともできるようになってきた。そのために、死亡率が減って人間の寿命がどんどん延びてきた。その上、若者世代は生活と仕事からの様々なストレスが溜まっているゆえに、子供を産まないようになってしまった。この状況は日本社会の高齢化に疎かにならないほどの影響を与えている。それゆえ、低出生率と低死亡率、それに伴う少子高齢化社会に入ってしまった。今の日本にとって高齢化問題は既に深刻な問題になり、この問題を解決することは当面の急務である。本稿は日本社会における高齢化の現状を研究することによって高齢化の解決方法を探しっていきたい。

1 日本高齢化の社会現状と特徴

1.1 日本の高齢化問題の現状

国外側では日本の高齢化という問題において大勢の学者は大量の研究を行った。金子勇は「高齢化と少子社会」で日本の高齢少子化という現象は世界でもめったにない速度で進行していると指摘した。また、永和良之助は「高齢者福祉論」の中で社会の発展に伴い、医学の進歩に従って人口の高齢化が深刻になる一方だという事実を釈明した。その他、生活が豊かになってきたために労働者が早めに退職するようになった。これも高齢化問題に莫大な影響を及ぼした。このような見解を持っている学者は少なくない。総じて言えば、国外の研究者は世界が急速に発展していることにしたがって日本の高齢化問題はますます深刻になっていくと考えている。

中国側では我が国の周云は「社会政策与日本人口的发展」という文の中で日本経済の発展に伴い、若者の世界観は一層自由奔放になったうえで、彼らは自由な生活を追求するために出産、育児を拒否するようになった。それによって高齢化が深刻になってきた。また、王胜今の「人口社会学」は第二次世界大戦の後、日本には人口の激増が二、三度あったことを説明した。つまり、生活レベルが高くなってきたゆえに、人間は生活を享受して自分の体にますます関心を払うようになった。従って高齢化問題が出現して深刻になる一方である。多くの中国学者は以上が述べたような考えを持っている。

1.2 高齢化の特徴

20世紀の70年代以降、日本の新生児の出生率が低下しつつある。この現状の出現に伴い、少子化は既に日本の社会問題になってしまった。そして生活レベルが高くなったゆえに医療をはじめの保険制度がよく改善された。人類の寿命は勿論延長し続けている。そのため、高齢者数の大幅増加している状況が変わっていない。上世紀の70年代ごろ、日本は正真正銘の「少子長寿国」になった。戦敗の後、日本の経済は復興し、さらに高度経済成長を迎えた。生活の改善で死亡率が下がりつつある。1948年、日本人の平均寿命は男性56歳、女性59歳で、2000年になり、男性77.72歳、女性84.60歳であった。なお、2014年、日本全国の百歳(100歳)以上の高齢者が過去最多の5万8820人に上がった。去年より4423人増え、44年連続の増加になった。100歳以上の高齢者の内訳は女性が5万1234人、87.1%を占め、男性が7586人である。厚労省はこのデータに対して「医療技術の進歩や高齢者の健康状態の改善が影響している」という原因を提出した。このデータから見れば、日本は既に世界最高長寿国になった。尚且つ、社会が豊かになったゆえに、日本女性の教育水準が高くなってきた。女性の高学歴化、晩婚化現象それと結婚後の出産問題などは直接的に出生児数(生涯に産む子ども数)の減少に多大な影響を与えた。因みに、日本の大都会では高学歴を持っている女性の非婚化という現象も出現してきた。なお、先進国である日本の物価が騰貴している。即ち、出産、育児に多くのお金をかけるのは明らかである。それゆえ、多くの若者夫婦は子供を産まないという選択にした。その上、夫婦の希望子供数が減少する。これらの要素で日本社会の人口高齢化が非常に厳しくなってきた。

その他、これまでの日本は、家の考え方が強く家庭を重んじている。一般的に言うと、女性は結婚して専業主婦として家事をこなしている。結婚後でも仕事を続ける女性はなかなか少ない。若い時に社会或いは家のために働くことしなかった女性はある意味では早めに退職する行いをする。それによって、社会の労働力が不足になってしまった。この状況で社会保障の負担が増大するようになった。換言すれば、社会福祉制度も大きな挑戦に直面している。

2 日本の高齢化問題の原因と影響

2.1 少子化が高齢化を促すこと

少子化という問題を深く研究する前に、この言葉を正確に理解することが必要だと思っている。

スーパー大辞林[2]の解釈によると、所謂少子化とは親世代よりも子世代が少なくなること。合計特殊出生率が人口置換水準[3]を下回る状態が続き、子供の数が減少すること。総人口に占める子供の人口の割合が低下すること。

戦後の50年代から、経済の発展で人間の生活水準が高まって人々はさらに出産を避けることに傾いて生活品質を獲得することで日本の人口出生率は駆け足で下がり続けた。そしてこの数年以来、未婚化、晩婚化、晩産化の進行に伴い、日本の子供出生率が下がる一方である。それに対して、人間の寿命延長で高齢者の数が増加している。従って日本の総人口が減少することはいうまでもない。のみならず、日本の人口構造も大きな変化が生じた。言い換えれば、日本の若者の数は減少しつつあり、若者人口比率が減少傾向に入った。これは日本が高齢化社会に突入することを促している。

2.2 生活の改善が寿命を延長させること

20世紀60年代から、日本の高度経済成長の時代が始まった。工業や高度先端技術が急速に発展することに伴い、労働力に対する需要が増加していた。それゆえ、20世紀70年代頃、日本は人口高度増加期を一度経たことがある。

その上、社会の発展特に70年代後の日本経済の回復とともに日本の生活水準が高まってきた。これのおかげで、国の税収も多くなった。資金が豊富ので、政府は国民にかかわる生活のさまざまな方面にたくさんの資金を投入することができた。多くの人間は生活を享受するようになって健康に対する意識も高めた。そして人間は体にもっと関心を寄せて始めた。病気に罹ったら人間は自発的に治療を求めるようになった。また、生活に余裕があるので、人間は病気を治すことにお金をかけることができる。且つ、日常生活の中で体を養生することに力を入れている。そのため、人間の寿命は知らず知らずのうちに延びてきた。まとめて言えば、生活の改善が人間の長寿及び高齢者の出現に重大な影響を与えた。これも日本社会の人口高齢化の原因の一つと考えられる。

2.3 先進的な医療技術

周知のように、第二次世界大戦後、日本は一連の民主化、自由化を提唱する戦後改革を行ったことで経済や科学技術などが長足の進歩を遂げた。科学技術の進歩は人間平均寿命の延長に対して大いに重要な効用を発揮した。なぜかというと、先進的な技術を医学に導入して治療に効き目がある薬を開発できるからである。勿論、先進的な医療施設も発明できるために、種々の病気を癒すことに役立つ。なお、立派な医療技術と医療手段のおかげで難病が克服されるようになってきた。その他、数年以来、日本の医療制度への整備も順調に進められた。それによって政府或いは社会が人間に設備の整ったりっぱな医療サービスを提供できるようになった。そのために、死亡率が低下していて人間の寿命が次第に延びてきた。結果として、お年寄の人数が多くなってきた。さらに、高齢者人口は日本の国民全体に占める割合が増え続けている。ここから見ると、先進的な医療技術も日本の高齢化を引き起こす原因の一ともいえる。

2.4 高齢社会が日本の高齢者介護保険体系への衝撃

日本社会の「安定の象徴」と誉められている「高齢者介護保険体系」は既に全面崩壊という危機に深く陥っている。日本の法律では、日本に住んでいる20才から60才までのすべての住民(日本に1年間以上暮らしいてる外国人も含む)は毎月「国民高齢者介護金」を納付することが義務付けられている。同時に、25年以上の納付になった人は、60才に定年になってから高齢者介護金を受け取ることができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接