浅谈日本漆器的发展毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本漆器的发展毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

如果寻根求源的话,日本手工艺的业种和技术,包括思考问题的方法很多都是来自中国,漆器做为手工艺的一种也不例外。漆器不仅是祖先们智慧和经验结晶,而且还体现出了很多的地域文化特征。本稿通过研究近代以来日本漆器的发展原因,探索其带给中国漆器的一些启示。本稿首先是简要叙述漆器的形成和发展。然后是从日本漆器的蓬勃发展有诸多原因中对比中国漆器发展的不足。从与日本漆器发展的对比中可以看出当下中国传统漆器发展过程中还存在的许多不足。据此想要论述,漆器这种传统手工艺在现代生活中依然是有价值的,中国的漆器发展还有一段很长的路要走。

关键词:漆器;手工艺;传统;发展

目 次

はじめに 1

1 日本の漆器 2

1.1 漆器の形成 2

1.2 漆器の発展 2

2 日本における漆器の発展原因 4

2.1 学者と民衆の注目 4

2.2 政府の重視と法律の保護 4

2.3 職人とデザイナーの革新 5

2.4 民衆の注目と認可 5

3 中国手仕事である漆器の発展 7

3.1 中国漆器の発展現状 7

3.2 中国漆器の発展が遅れた原因 9

3.3 日本の漆器の発展から得た示唆 9

おわりに 11

注 釈 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

産業文明が激しく行われてきて、伝統工芸はわれわれのそばにますます消え去れた。それとともに人と物の交流、生命と自然への調和もなくなっていくと思われている。漆器もその工芸である。日本漆器は生活各方面にしみ込んで、その繁栄にはたくさんの原因がある。日本の学者、職人、メディア、政府、デザイナーから一般民衆まで伝統手仕事のことを呼び起こしつつある。日本学者の柳宗悦は「民芸と生活の質の関係の中で、美の物は美の生活を形成し、最後まで美の情操になる」[1]という結論を出した。また、中国の学者たる邱春林は「手仕事は最正統の中国伝統文化を載せて、物質的と精神的のゆえ、自然に今の文化のひとつの担体である」2と述べた。

 本論はまず日本漆器発展原因を述べ、その中日漆器の発展格差を発見し、また、それを通じて近代以来中国伝統手仕事への示唆を探ってみようと思う。

1 日本の漆器

 1.1 漆器の形成

 漢唐から中国の漆の芸は日本まで伝わっていった。江戸の時代、日本は自分の独特な民族の技術の体系を形成し始め、漆の芸も次にそびえ立った。現代社会に入って、日本の漆の芸は世界の前列に登って、漆器の品質の「出藍の誉れ」が中国の前を歩いて1人当たり保有量も世界の首位に位置している。日本の人民の芸の美学家達の思想の中から、日本の漆の芸の文化の道を垣間見ることができる:民衆的、実用的、多くと安値で普通だ。漆器というものは各種の器物の表面の上で漆を塗り、日常の器具と工芸品と美術品である。

2.2 漆器の発展

 明治維新前、日本人はほぼ日本製品を使用していた。当時、その中で多くのは精巧で美しった。漆器はその中一つであった。明治維新後、日本は西洋文明に大規模な模倣を展開し、大きな役割を果たした。工業化の発展に伴い、大規模な機械化は手作り労働の代わりにたくさんの工業制品が生産され、日本漆器も時代に後れたものと見られていた。その結果、日本制品の価値は軽く考えられただけてなく、淘汰されるようになっていた。職人の生存と発展の空間が制限されたため、職人も減少し、伝統手仕事を受け続く若者もすくなくなってきていた。これらの現象は日本文化にとって厳しい問題だと考えられた。国の特色を持つ器物を生産するために日本文化の真髄を尊重しなければならない。その点からすると、危機意識高くの日本人は改めて本国の固有のものにその美しさと伝統価値などを承認し始めた。

 今、日本の漆器は学者、政府、デザイナー、職人から一般的な民衆まで重視され、よく発展していると言えよう。学者たちは漆器の研究成果によって、本を書く。また、職人はテレビを通じて自分の手芸をみんなの目の前にはっきりと示す。これらの番組は人々に手仕事のことに注意され、特に若者である。次に、たくさんのデザイナーは伝統手仕事から霊感を探し、現代人の生活に適応する製品を生産する。そして、政府は手仕事についての法律を制定し、職人の手芸を保護する。そうすると、日本伝統手仕事はよく発展していると思う。

2 日本における漆器の発展原因

2.1 学者の注目

 日本学者の塩野米松は全国各地を旅して職人の聞き書きを行い、失われゆく伝統文化・技術の記録に精力的に取り組んでいる。そして、塩野米松は職人のことを注目し、職人の手芸をテレビでみんなに紹介した。その上、『手業に学べ心』という本を書いた。これによって、多くの人々は職人の手業をだんだん知っているようになった。その結果、手仕事のことに関心を持つ人々もますます増えている。柳宗悦もその中の一人である。彼は日本民芸運動の発起人として「工芸文化はわれわれに捨てられた正統文化であるかもしれない。工芸を離れば生活もなくなるからである」3と言った。そして、彼は『日本の手仕事』という本の中で日本各地の専門手芸品を紹介した。本を書くほかに、彼はまた日本民藝館を設立した。こういう学者の努力があるため、手仕事のことはますます人々に注意され、発展の方向へ進んでいける。

2.2 政府の重視と法律からの保護

 政府は手仕事を保護するため、いろいろな法律を制定した。政府は1890年から美術工芸家を保護したり、芸術創作を奨励したりするため、フランスの芸術院制度を模倣して帝室技芸員制度を制定した。戦後、日本政府が『文化財保護法』という法律を発布した。その後政府は数十回の修正を通じて、この法律の職責機能と保護範囲を一層完備し、特に、1954年で無形文化遺産の指定制度と人間国宝制度を確立した。ここの人間国宝は重要な無形文化遺産の保護者を指す。政府はこれらの保護者に一定の生活保障と仕事環境を提供している。1960年後期につけまして、急速な経済成長と深刻な工業化で、多くの問題がますます出てきた。それゆえに、日本各界は伝統工芸品と地方工芸品の産業の振興に

声を上げる一方であった。1974年5月25日、政府は『保護伝統工芸品産業振興法』という法律を施行した。この法律によって、日本伝統工芸は伝承保護と産業振興という面で規範化の道を歩んでいる。政府はこれらの法律法規を通じて、日本の手仕事事業の発展に力強い保障を提供している。

2.3 職人とデザイナーの革新精神

 伝統手仕事の存在は職人と不可分だと思う。職人は伝統の技を伝承するだけでなく、生徒たちを育てる責任も負っている。職人は作った物には素朴な感情があるからこそ、自分の手芸をしっかりと守り、更に作り物をもっとよくするのを求める。しかし、職人は革新能力を持っていないので、どのようなものを製造するのは今の生活に適応することがわからない。だから、挑戦にあった職人は革新精神を持って、デザイナーと提携し、現代生活に適応する新製品を生産しなければならないと考えられた。革新は職人とデザイナーの発展にとって非常に重要なものだけでなく、日本の手仕事の全体の発展についても同じだと考えられている。日本では、たくさんのデザイナーは伝統手仕事から創作霊感をもらい、新しい作品を作った。日本国宝級の工業デザイナーと呼ばされる喜多俊之はこういうデザイナーである。「1969年から彼はミラノとして自分の設計生涯を開いたとともに日本地方の産業を積極的に交流し、また、当地伝統的職人と提携して伝統工芸を含む現代商品を生産している」4と言われていた。ところで、職人と直接的に提携するほか、多くのデザイナーは職人の作った物から新しい霊感を探している。「安藤建浩は手触りの無限可能性を紡ぎ出す…木村浩一郎は現代生活中でのファッション漆器を現れる…安藤雅信は昔の陶芸の純朴を再現するなど。」5彼らのようなデザイナーがいるので、手仕事の発展が盛り上がっていると思う。

2.4 民衆の注目と認可

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接