日本料理在中国毕业论文_日语毕业论文

日本料理在中国毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

伴随着中日建交、改革开放,中日在经济、政治、文化上的交流不断扩大,日本料理也就自然而然地进入了中国市场。

本文主要先通过对日本料理制作方法及吃法上的描述让人大致了解,接着再分析日本的饮食习俗,然后进入文章的核心究竟日本料理中有哪些中国的元素,最后对日本料理在中国的发展及其原因进行详细地介绍。日本料理也因其外观造型甚是精美而不断得赢得年轻一族的青睐。因此对于日本料理,越来越多的人开始渐渐熟悉。

因此,我想通过这篇论文,让大家对日本饮食文化有个更深入透彻的了解以及研究日本料理在中国又得到怎样的改善。同时也让自己对日本这个四面环海的岛国有更进一步的认识。

关键词:日本料理;特色;中国元素 ;发展

目 次

はじめに 1

先行研究 2

本論 3

1日本料理の調理法及び食事法 3

1.1日本料理の調理法 3

1.2日本料理の食事法 4

2日本の風習 6

2.1日本の食習慣のタブー 6

2.2日本人の食事マナー 7

  

3中日両国の料理を分析する 9

3.1日本料理中の中国の元素 9

3.1.1日本の主食における中国の元素. 9

3.1.2日本調理における中国の元素 9

3.1.3日本の調味料における中国の元素 10

4.中国における日本料理の出現 11

4.1中国における日本料理の発展及び変化 11

4.2中国における日本料理の変化の原因 12

終わりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

グローバル化が絶えず加速するに従って、人々の食べ物に対する知識が増え理解が深まるようになった。韓国料理、タイ料理、フランス料理そして、今回の重点的に研究する日本料理も、味が本場の料理ほどおいしくないだろうが、外国へ行かずに、国門を出ないで、すべて気楽に味わえるようになった。確かにその原因は分かりにくいが、今回の研究テーマとしての日本料理について、いったい中国における日本料理と日本における本場の日本料理とはどう違っているのか、そして、その違いをもたらした原因は何か、中国人は日本料理に対して、どんな見方を持っているのか、日本料理をどうのように変えたのか、中国人ならではの見方などについて、これから、考察してみたい。

日本語を学んだ後に、だんだんこの四方の海に囲まれる島国という日本を理解しようと思い、更にこの国家の料理にも関心を持つようになった。聖地できれいに作られているお菓子、見た目を重んじる食事は視覚上の美感を人に与えて、思わず人を誘発して深く考えさせる。この独特な料理の文化は一体何のために形成したのか。「食べる」は生活の中でなくてはならないのである。今回の論文は中国における日本料理について書く。料理という1つの窓口を通して点でもっと良く日本の文化の各方面を理解する。環境、歴史、人文などを含む。十分に人々の日本文化に対する興味をそそることができる。そしてもっと日本に対する理解を促進することもできる。 

 

先行研究

董微はlt;日本料理の中日対照gt;の中で日本料理そのもの製作だけでなく、並べる食器に対しても日本人は料理の元のままの風味を追求して、皆に日本料理の中で家常菜を紹介した。内容が少なかったが、それを通して日本料理についてだいたい理解できた。 
lt;日本飲食文化に中国元素gt;の主な内容は日本飲食文化が形成されるまで多くの影響を受けている。日本の風土と人情との関係がある以外に、また中国飲食文化の影響を受けて、本文は詳しく日本飲食において中国の元素を説明した。本文はまず日本飲食の特徴を述べて、このように日本の飲食を理解させる。日本主食、料理、精進料理、調味料および茶道において中国飲食の文化を見つけ出す。それからまた料理の方法、器具、食療の養生の中から採用した中国式の方法を全面的に紹介する。これらは私が論文を書く時参考にできる。最後に総括的に中国の飲食文化の日本に対する影響を述べた。でも、私は自分の書いた中国にある日本料理が同じ効果がある、日本料理が中国に入ると、小さい中国の元素は大きく取り入れられ、中国の飲食などの各方面の影響を受けてもっと大きくなった。
lt;日本料理から見た日本人の美意識gt;主にこれを言う伝統的な日本料理は精巧で美しくて、「目が楽しい食べ物」と称される。日本の風土と禅宗を基礎にして、日本人の美意識がだんだん形成された。日本人の自然観や日本人の美意識を形成する上で、重要な要素になっている。長い歴史の中で、日本人の美意識と料理が互いに影響しあって発展してきた。日本料理はただ食べ物の範疇にとどまらず、芸術品としても鑑賞することもできる。本稿では日本料理の発展、素材の選択、盛り付けの芸術といった方面の分析を通じて、日本人の美意識を分析する。

本論

1.日本料理の調理法及び食事法

日本では、最も精緻な料理を食客の目の前に展示することが、全ての料理人の最大な願望である。調理技術の抜群な料理人は、工夫して美味しい食品にする。そのため、日本料理はより多くの人々に好まれている。日本人は料理の調理に対して高い標準を持つため、完璧な最高の味を追求し、そして視覚上でも美の享受である。このように、人々は賞味する時に気持ちがよく、悩みやストレスも発散できる。

1.1日本料理の調理法

味覚上の魅力により、食客を引き付けることができる。しかし、視覚上の美しさは食客の心を掴むことができ、人々に忘れさせない。中国料理は昔から色、香り、味の揃いを追求してきた。そして日本料理も形式は異なるが、本質は同様である。このような優勢を発揮するからこそ、食客に最も本場の味を持つ日本料理を賞味させることができる。

日本では、料理の調理は確実に鮮明な特徴を持つ。例えば、食材の選択、調理の工夫、既成品の精緻さ、栄養バランスの良さ、味の淡さ、油の少なさ等である。これらは人々の現代における健康理念の食習慣にぴったり合致している。そのため、日本人は料理のそのもとのままの味に対してきわめて拘っている。彼らが調理した食品も全て最も自然で新鮮である。日本は四面を海に囲まれている島国であり、したがって、魚介類を主な副食とし、その調理法も色々あり、例えば焼く・煮込む・蒸す等がある。しかし実際に、日本人の観念においては、食材の新鮮さ、豊富さ、そしてそれらの食材に含まれる生命力が最も重んじられる。あらゆる生き物の最高な賞味期限はその新鮮な期間である。そのため、数時間で調理しているうちに、食材の最も本来な状態を保つことが、料理人としての第一目標である。その他にも、日本人は基本的には砂糖、酢、味噌、醤油、鰹節、昆布等を主な調味料としている。これは日本料理が美味しくなる奥の手である。香りの他にも、味覚、触覚、視覚、嗅覚等も軽視できない元素である。

きわめて美しい視覚的な盛宴を呈する時に、知らず知らずのうちに、料理人らの高度な成熟した切る・割る・装う技術を要求している。例えば、「刺し身」は日本特有の生で食用する料理である。その調理法もきわめて簡単である。すなわち、成熟した切る・割る技術を用い、きわめて新鮮な魚介類を料理にすることである。しかし、切るあるいは割る技術が下手であったら、肉質その物の構造と味覚を壊してしまう。言うに値することは、盛り付けにおいては、そのスタイルがより独特である。日本では、盛り付けにより、料理の価格は雲泥の差がある。盛り付けのデザインに拘ることにより、簡単な食材を高級感溢れる料理にすることができる。盛り付けは食客の食欲をそそることができるだけでなく、料理人及び料理店自身の気質を向上させることもである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接