中日花艺美感的对比研究毕业论文_日语毕业论文

中日花艺美感的对比研究毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

中日两国的文化历史悠久,并且中日的文化交流自古以来未曾断绝。因此,对于花艺的认识和理解上具有很多的相同和不同之处。插花更重视线条和造型的美感。中国插花受儒教、道教、佛教以及封建伦理的影响,插花追求自然、不在乎花的数量,追求线条美,秀雅美,不对称造型,自然美,意境深邃等等。而日本的插花,重视严谨的构图,高超的技能,表达的思想,花材与花器和几架和配件的组合等。重视所谓的插花艺术的概念。而且注重家元制度,世袭传承。

本文主要以现代的自由式插花、具有礼仪性的结婚式插花,大师的代表作品看插花的艺术性等视点考察插花。还有对各种各样的色彩和审美意识的理解。例如,色彩的美,象征意义的美和构造之美。同时分析了各种美意识的关联性,中日花艺异同的原因。中国插花受儒教、道教等思想文化因素的影响。而日本,由于自然环境的特殊,历史的起源受到中国插花的影响,对花的认识不断变化,以及日本民族的特殊的审美意识等原因。总结了这些是中日花艺异同的主要原因。

关键词:中日文化;花艺;审美意识;异同;原因

目 次

1. はじめに 1

2. 先行研究 2

3. 中日生け花の異同 4

3.1 類似点 4

3.2 相違点 4

4. 中日の生け花作品に見る中国人と日本人の美意識 7

4.1 現代の自由式の生け花 7

4.2礼儀のある結婚式の生け花 8

4.3 僧侶の代表作から見る生け花の芸術性 9

5. さまざまな色彩や美意識 11

5.1 色彩の美 11

5.2 象徴的意義の美 11

5.3 構造の美 12

5.4 関連性 12

6. 中日花芸の美感が異なる原因 14

  6.1 中国文化思想の影響 14

6.2 日本文化思想の芸術への影響 15

7. 終わりに 18

注: 19

参考文献 20

謝 辞 21

  1. はじめに

国際的な交流が日増しに深まり、中国や日本が深く密接に関係し、中日文化でも大きな違いがある。中国と日本は伝統的な東洋の生け花芸術を代表するものである。そのため、花芸に対する認識と理解も多くの類似点を持っている。しかし、いくつかの相違点もある。深い文化的な意味合いを反映するだけでなく、美の象徴として文化が伝えられる。昔から花で親族に贈ると感情的な礼拝の風習が残っている。また、中国の伝統的な美学を出産する。日本の生け花は、隋、唐時代に仏教と一緒に伝わって、それが中国文化の影響を受けたにもかかわらず、花の道を創立し、日本独特の美意識を形成した。美感と色を融合させることで、人々は精神的な美しさを楽しんでいる。

論文は花芸の美感について考察してみる。中日の生け花を比較して、中国と日本の花芸の類似点と相違点を分析する。中日花芸の美感が異なる原因を明らかにする。それが花芸を重視する専門的なスキル、形の外観や芸術スタイルも必要だけではなく、感情と美学と価値の角度から考察する。現代の花芸のシステムは中国と日本の文化の影響を受けていると思われる。そして中国と日本のそれぞれで花芸の美しさを探ってみようとする。

  1. 先行研究

生け花に関する研究は、中国古代まで遡ることができる。唐の詩人の杜牧は『杏園』の詩にいわゆる「市がどのように多くの人のイラストである」の状態で、装飾品だけでなく、民間のあちこちで流行っている。張翊は中国の第1部の有名な花に関する著書『花經(フラワーロード)』の中で、自然界の花は勿論のこと、「九品九命」と競合する品質をもっていると論じた。宋の宋徽宗は絵画の『聽琴圖』で、瓶の花に絶対的な生命と最高の地位を与えた。元朝になると、中国の生け花は美に重きを置いている。明の花道家の袁宏道の『瓶史』は、花を「天地間の一種の慧結びの気」と判断し、さらには個人的な感情や生活を注入する。生け花芸術が誕生する。清朝になると、「写景花」が盛んに行われている。「擬人化」と「神格化」を用い、自然の美しさを追求した。

唐代には日本大使の小野さんは生け花を日本に入ってくる。室町文化の中盤から、二つの重要な生け花の姿が登場し、一つは『仙轉抄』。1445年は富阿弥から秘伝であって。1536年から池坊に伝をして、後になって世を行されている。「山の釈迦塔」や「唯我独尊唯我独尊心」で、仏と同心の境地を体現する。もう一つの本は『池坊伝票を口授』、1542年に出版され、初めて日本の生け花芸術の理論を設立される。本で「花見の人見草木で敞マインドで、体感春秋の悲しみを見せ不惟船荷の興を于飛花落ち葉の風の前で、分かっ悟りの種だ」と話す。

以外には、『瓶史』の影響を受けて、釣雪野叟、1750年に『本瓶史に岸の波』が出版され、花に関する解釈の理論である。「花がメインや令や補佐の区分」と呼ばれる。望月義煥(1722~1804年)は江戸後期の花道家である。生け花の中で『瓶史』の生け花の理念や方法や花材や花器の選択に応用し。幽寂の精神と世俗離れの独特な風格を形成した。田能村竹田(1777~1835年)は、江戸後期の文人画家で、1819年で『瓶花論』を発表し、「汎生け花が必ずまずは花の品格を持つ」という「品格論」を唱えた。「主力論」で「瓶の中の位置分布にならなければならず、尊画家写生の花の法」を訴えようとしている。

現状では、中日の生け花は互に影响を及ぼしている。生け花芸術に対する関心が徐々に高まっている。中日の生け花は、センスと美意識において違いがある。過去の花芸の起源と歴史の発展と専門技術と芸術スタイルなどにばかり関心が集まって、異同の原因と美感を研究したものの数が少なく、言及したとしても、ばらばらであり、十分とはいえないそこで、本論は。そのような面から生け花を研究しようとする。

3. 中日生け花の異同

3.1 類似点

東洋の生け花は抽象的で含蓄のある形式をしている。中国と日本は二つの代表的な物である。東方の生け花は線や造形の美感をより重視するので、次の点において同じであると思われる。

(1) 花の枝と入れ物のサイズは適当であること。

(2) 大きな花は小さい花を伴うこと。

(3) 濃い色と薄い色のバランス。

(4) 葉は一種類しか使わない。

(5) 葉をまっすぐではなく、斜めにしなければならないこと。

(6) 構成を稠密でなく、疏にすること。

(7) 葉の高さが一様ではないこと。

(8) 入れ物と花の色を同じにしないこと。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接