浅析中日相亲文化毕业论文_日语毕业论文

浅析中日相亲文化毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

相亲,是一个古老而又年轻的话题。那些结婚适龄青年,身边总有热心人充当“红娘”,为他们牵线搭桥,由此也成就了一对对美好姻缘。进入信息时代以来,人们认识的手段和媒介越来越多,相亲似乎成为“保守”的代名词。然而,不可否认的是,相亲,这种古老的媒介,却发挥着越来越重要的作用。不同的地区也有各自的相亲文化。作为一衣带水的邻国的中国和日本,在相亲文化上既有相同点,又有不同点。

本论文从本文从相亲的定义、起源、现代流行的新形式以及不同的风俗习惯等方面浅析了中日相亲文化的异同之处。

关键词:相亲;媒人;新形式;文化不同点

目  次

はじめに 1

1.お見合いの歴史 3

1.1 中国におけるお見合い 3

1.2 日本におけるお見合い 4

2.お見合いの形式 6

2.1 現代の流行っているお見合い 6

2.2中国で流行っているお見合い 9

2.3 日本で流行っているお見合い 9

3.お見合いの相違点 10

3.1 礼儀とお見合い 10

3.2 血液型とお見合い 11

3.3 親とお見合い 11

4.お見合いが盛んな原因 13

4.1 売れ残り男女の現れ 13

4.2 観念の転換 13

4.3 伝統的な風俗 14

4.4 インターネットとマスコミの介入 14

4.5 家庭、世論からのプレッシャー 14

5.お見合いの傾向 16

5.1 見合い形式の多様化 16

5.2 見合い年齢層の拡大化 16

5.3 見合い意識の複雑化 16

5.4 見合いの低年齢化 17

5.5 見合い現象の一般化 17

おわりに 18

参考文献 19

謝辞 20

はじめに

中国と日本は一衣帯水の隣国で、文化分野でたくさんの類似点がある。お見合いはその一つである。中国と日本は昔からお見合いの風習がある。お見合い文化は重要な民俗の現象として存在して、婚姻文化の中で不可欠な一部である。同様に、文化現象として、鏡のように、それぞれ国の文化の内包を反映している。両国のお見合い文化は似ているところもあれば、それぞれ独自の文化と行動様式を持ち、たくさんの違うところも存在している。

お見合いは他の風習のように、時代の変遷に従って、受け継がれながら変化し、発展している。よりよく中日のお見合い文化を理解し、中日文化の交流を促進するために、更に深く突っ込んで両国のお見合い文化を考察する必要があると思われる。

中日のお見合い文化について、いろいろな学者がすでに多くの研究成果を挙げている。王蕊(2011)の『お見合い文化についての中日解析-仲人の役割を中心に』は中国と日本両国のお見合い起源を簡単に紹介するだけでなく、中日の伝統的なお見合い文化の同じ点と違う点を分析し、同時にお見合いの現状をも分析した。劉銘(2011)は『日本お見合いも面白い』で見合い前の準備を紹介し、すぐに釣書の用意、同時に見合う日本人には血液型に対する執着があると述べ、それから浴室や寺院で見合う形式を詳しく紹介した。郝建平(2010)の『中国古代仲人についての解析』 は仲人の由来、種類、役割等に対する考察を通して、見合いで仲人が重要な役割を果たすと結論づけた。楊本明(2010)は『日本の独特な見合い方式』で合コンの由来、特徴、盛んな原因から日本独特な見合い文化を分析し、また人数、場所、種類と礼儀方面から述べ、私たちにより直感的で、具体的な情報を提供した。

1.お見合いの歴史

「見合いとは面識のない男女が、縁談のため仲人などを介して顔合せを行うこと」[1]。結婚相手を探す方法のひとつで、日本では長い歴史があった。

1.1 中国におけるお見合い

見合いは中国伝統的な礼儀の一つで、同様に男女双方が結婚する前になくてはならない部分で、古代のお見合いは面と向かって見ることとそばからちらり見ることに分かれた。見ることとは男の側が贈り物を持って女の側の家を訪問し、男女はお互いにひそかに見て、もしお互いに気に入ったら、男の側は女の側の手渡す茶を飲んで、女の側は男の側を残して食事することである。そばからちらり見ることとは男女双方が定期市に連れて人込みでちらりと見て、もしも男が足が不自由であるなどの生理欠陥があって、そうとは必ずはっきり見ることができなく、さらに、一部の両親が仲人とグルになって、替え玉を作って是非を転倒し、女の側が結婚する時やっと騙されるのを発見し、しかし米が煮えてごはんになったが、終始一の如しという習わしは彼女たちが選択することができずに過ごし続ける。資料によると、「お見合いが宋朝に始まった」[2]。北宋時代の首都に次の風習があった。お見合いの日に、男性の身内が女性の家に行くと約束して、気に入ったら、女子の髷に金のかんざしを差し込んで、“かんざし差し込み”と称し、気に入らなかったら、彩り緞子を送って、“慰め”と称し、今のメンタル損害賠償と同様に、小さい補償だと言える。 宋朝の前に、両方の男性と女性が結婚する前に会う機会がなかっただけでなく、両親もめったに娘の婿と息子の嫁に会う機会がなく、すべて仲人に任せて、宋朝後に、見合い即ち結婚まで会う機会は多くなった。

しかし社会の発展に従って、お見合いの形式も変わり、それはつまり宋の男の側の身内は女の側の家に行き、当事者のお見合いに代わっていたが、だんだん男女当人のお見合いまで発展し、今のお見合いの形式に近づくようになってきた。

今の21世紀はリズムが速く、効率が高い時代で、人々が更に自由に自分の幸せを追求するようになった。ネットワーク、テレビ、携帯電話……多様化したお見合い手段は何でも知り合いを可能にした。スピードデイティング、アウトドアなど、新しいお見合い方式が次々と現れて来た。

 1.2 日本におけるお見合い

お見合いの起源は、鎌倉時代に遡ることができる。現在とは違い、当時のお見合いは誰もができるものではなく、貴族の方々のもので一般庶民には縁がなかった。しかしながらお見合いと言ってもその頃は家系の繁栄のための、いわゆる政略結婚で女性には選択肢などがなく、決定権はすべて男性側にあったそうだ。この時代の結婚は個人の恋愛感情というより、家と家とを結び付ける行いだったのだ。

鎌倉時代以降、長い間、お見合いは身分の高い貴族の方々のものであるが、この見合いが庶民層に広がったのは今から約400年前の江戸時代ごろからだと言われている。 当時のお見合いは主に女性側の家で行われて、この時代になっても女性は意思表示することが、ゆるされていなかったそうである。例えば、男性と仲人が席に着くと、女性がその席に茶菓を運び挨拶をする。男性が結婚の意思があるときは、出されたお茶を飲み、菓子を持ち帰るそうである。または自分の扇子を置いて帰ることで結婚の意思表示をしたそうである。逆に結婚の意思が無いときは、出されたお茶菓子には手も付けずに、扇子を置かずに帰るそうだ。

そのため、現在のようなお見合いのスタイルの歴史の始まりは、江戸時代であったといえるかもしれない。現在では、見合いも相互紹介的な色合いが濃くなり、その後の交際により諾否の決定を行うものが多い。

2.お見合いの形式

 2.1 現代の流行っているお見合い

中国と日本は、昔からお見合いの風習があり、伝統的なお見合いは鈍い感じに与えた。社会の発展につれて、見合い文化は形式にそんなに拘泥しないように変わった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接