浅析中日建筑的差异毕业论文_日语毕业论文

浅析中日建筑的差异毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

中国是历史悠久的东方古国,在建筑上有着悠久的历史文化,对于中国的建筑文化描写的文人墨客数不胜数,文章也是不计其数。与中国一衣带水的日本,同样有着别有一番风味的建筑。中国和日本的文化交流到日本明治维新,大力提倡学习西方社会文化及习惯,至少有1500年以上的历史,从公元4世纪一直延续到19世纪。期间由于中国地大物博,有着较为完整的名族传统,所以我国的建筑发展体系也趋于稳定。而日本作为一个岛国,四面临海,较为孤立,而且资源和国土有限,以及灾难的频繁出现,造成了一种对外来文化向往和吸收的文化传统。促成了日本早期建筑的模仿之路。但正是由于这种热于学习的理念,也成就了日本在历史的大潮流中的建筑风格自成一派。所以从古到今地对比中日建筑是一个研究中日历史和发展方向的过程,在这个过程中可以从建筑的发展史了解历史发展的大潮流。对比现如今的中日建筑可以了解现在中日现代文化的方向,世界文化的大潮流是一个求同存异的过程,所以在对比的过程中我们可以发现各国的缺点个值得学习的地方。

关键词:中日建筑 比较研究 相异点 文化影响 历史关系

目  次

  1. はじめに………………………………………………..1
  2. 中日建築の文化相違点………………………………………3

2.1風水信仰の相違点………………………………………3

2.2文化価値観の相違点…………………………………….4

3.中日現代建築スタイルの相違点………………………………..5

3.1古代建築の相違点………………………………………5

3.2中日建築構造の相違点…………………………………..6

4.中日建築材料の相違点……………………………………….7

  4.1中国建築材料の発展史と特徴……………………………..7

  4.2日本建築材料の発展史と特徴……………………………..7

5.終わりに………………………………………………….9

参考文献…………………………………………………..10

謝辞………………………………………………………11

1.はじめに

明治維新の後、資本主義が日本で大きく発展したので、日本の伝統文化は、劇的に影響された。同時に、日本経済が発展する時に、伝統文化の保護を忘れなかった。日本人は日本の伝統文化の保護に力を入れている。それを重視したからこそ、多くの文化遺産を残すことができた。1949年1月26日に奈良法隆寺金堂の火災で、日本で最古の木造構造である建物の壁画が破壊されてしまった。それから日本人は文化遺産保護に取り組み始めた。遺産保護の意識を呼び起こすため、1950年に「文化財保護法」を実施した。1954年に、彼らはシステムに大幅な変更を加えた。「重要無形文化財にはベースライン」を定義したうえで、重要無形文化財や「重要無形文化財保持者」が指定されて、積極的にさまざまな保護対策を取った。保護法は非常に全国の文化保護コードとなっている。「文化財保護法」を明示し、これらの措置に関して、日本の伝統文化をケアするパフォーマンスが注目された。伝統文化や芸術有形·無形の文化遺産を保護するために、文化財保護委員会が設立された。

建設業界は、日本の国民経済の柱産業の一つである。日本の建設市場が高度に発達しているが、保守的な市場であると評価されている。バブル経済崩壊後、日本政府と民間投資は建設業界への投資が少なくなっている。建設市場はニーズが減少したため、業界における狭小化傾向が目立ってきた。ますます競争が激しくなってきた。適者生存になってきた。過去20年間、米国およびその他の国は日本の建設市場を開くために、強く圧力をかけ続けたが、固有の特定な業界慣行が存在するため、法律上差別的な政策がなくても、外国の建設会社が日本市場に参入することは非常に困難である。

中国では私たちは主に次のような状況に焦点を当てるべきである。中国の建築は1990後に、国全体で海外の建築を真似する強力な風を巻き起こしている。それに、それは文化や経済にも影響を与えている。知らず知らずのうちに被害を与えてきた。影響を受けている建物は主に以下のとおりである。北京、上海、およびそのような国立劇場、CCTV本部、メインオリンピックスタジアム鳥の巣プログラム、首都博物館、五棵松文化・スポーツセンター、北京テレビセンターなどの建物である。それに、最も重要な建築プロジェクトにも海外の真似をしている。中国の建築文化の欠如による機能の混乱、または、とんでもない驚異的な構造が出てきた。これらの建物は新しい臨時のデザインでもないし、象徴的な建築デザインとして当然笑われてしまう。まだまだ改善する必要がある。

国内および国際的な動向は以下である。1995年秋の際に、日本の建築構造と上海の同済大学は第二セッションの技術交流を行った。会合で議論内容は次のとおりである。①兵庫県南部、日本の地震と被害、②基盤とインフラ、③構造振動制御や地震、④高層ビルの建設、⑤スパン構造、⑥、構造の組み合わせ。会議で検討されているのは、中国と日本の最新な研究作業であると言ってもではない。議論された内容から見ると、中国の建物の開発動向、また建設技術や機能は海外の建築を多く吸収する傾向が明らかである。そのため、ある程度で海外の建築理念と矛盾するかもしれない。将来的に私たちはもはや中国の特色ある長い歴史的な建物が見られなくなる恐れがある。日本の場合は、日本は多くの近代的な建物があるが、けれども、日本の伝統的な理念を失っていない。日本には多くの史跡があり、きちんと守られ、それぞれのユニークな特性を維持している。

2.中日建築の文化相違点

文化的要素は建物の開発に不可欠である。日本建築と中国建築の違いは両国の文化が重要な要因である。異なる理由として中日のアーキテクチャーと開発があげられる。主に以下の二つの側面における中日文化の違いを述べていく。

2.1風水信仰の相違点

中国では、儒教は中国文化の象徴として人の心に残っている。これは自己、家族、国と世界への哲学であると言っても過言ではない。授業文化の影響により、中国の厳格なエチケットのシステム形成がされた。社会全体に序列というものが最も基本的な性能となっている。儀式のさまざまな活動を構築するための材料基礎として、また秩序のレベルを示した。だから、中国の建築レイアウトは多くの場合で、厳格な対称性を持っている。そのように構造化され、その場所にある建物の地位を反映し続ける。でも、庭園には別の風景がある。老子はのんびりとした「楽」を重視している。「音楽」、ストレス、生活の無為の概念を示している。住宅のエチケットシステムによれば、住宅建物や景観建築はその機能によって、分離される。対称的なパターン、および景観建築、レイアウトの自由度を示した。中国における仏教は早期普及のため、その影響を受けている人が非常に多かったが、その後、より多くの中国人が仏教を受け入れてきた。またの名は中国の禅仏教である。禅は中国で多くの仏教流派におけるユニークな形である。けれど、それらは、常に儒教儀式に染められるようになった。それも、また、中国の伝統建築文化の原因であると言うことができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接