从垃圾分类看中日环保意识的不同毕业论文_日语毕业论文

从垃圾分类看中日环保意识的不同毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

随着经济的快速发展,城市数量及人口显著增加,城市规模和范围不断扩大。城市化进程的加快,使中国城市生活垃圾产量不断增长,这也危害着我们赖以生存的环境。如今垃圾处理问题成了一大难题。

在垃圾处理方面,中国的方式还比较落后,人们对垃圾分类回收的概念还没足够的理解,堆积的垃圾占据了大量的土地,产生的污染甚至会威胁到人们的生命安全。而日本在这方面有着丰富的经验,日本人有着极高的环保意识,他们会对垃圾进行分类,并且按规定的时间把垃圾放到指定的地点。而且不同种类的垃圾有不同的处理方式,重视对垃圾再生利用,既保护了环境又节约了资源。日本人的环保意识及垃圾处理方法对我国有很大的启示。我国目前也急需一个完善的垃圾分类回收体系,来改善我们的环境。

本文通过比较中国和日本不同的垃圾分类处理的方法以及人们不同的环保意识,看日本垃圾处理对我国的启示,从而找到更好的适合我国国情的处理垃圾方法,提高人们的环保意识,让每一个人为保护我们的环境尽一份力。

关键词:垃圾处理 环保意识 异同 原因 启示

目 次

1.はじめに 1

2.先行研究 2

3.本論 3

3.1ごみの分別処理に関して 3

3.1.1日本のごみ分別処理 3

3.1.2中国のごみ分別処理 4

3.2中日の異なる環境保護意識 5

3.2.1日本人の環境保護意識 5

3.2.2中国人の環境保護意識 6

  

3.3異同をもたらす要因 7

3.4日本のごみの処理方法の我が国に対する啓発 9

3.5.環境保護のための対策と提案. 11

3.5.1公衆の環境保護意識の向上 11

3.5.2具体的な提案 12

4.終わりに 13

5.注 14

6.参考文献 15

7.謝辞 16

1.はじめに

急速な経済発展と人々の生活水準の向上とともに、物を使用するとき、外観や包装材に注意を払う人が増えてきた。そのため、包装ごみの量がどんどん多くなった。その過剰包装により元の環境が破壊されてしまった。これは現在、各国共通している問題である。周知のように、中国と日本では、廃棄物処理の方法と人々の環境意識もかなり異なっている。人口の多い中国では、廃棄物の排出もたくさんあるので、環境問題が重要な課題となっている。日本人の一人当たりのごみの量が世界で最も少ない[1]。本論文では、中国と日本での廃棄物処理の比較を通して、両国の国民の環境意識がどう違っているのか、探ってみたい。そして、日本の廃棄物処理における進んだ経験や技術をどのように取り入れ、中国の廃棄物処理に生かすことができるか、中国人の環境保護意識をいかにして高めることができるか、いろいろ対策を講じて、今の環境がもっと良くなるように、みんなそれぞれの自分の力を尽くし、私たちが生活環境を守らなければならない。

2.先行研究

先行研究にごみ問題を取り上げる論文がたくさんある。例えば張哲(2011)は『我が国農村の家庭ゴミ処理の問題の対策を論ずる――中日のゴミ処理の比較に基づく』で政治、経済と大衆の環境保護意識などの方面から、日中両国の家庭ゴミ処理の過程の相違に対して比較分析を行った。それによって、我が国農村の家庭ゴミ処理の中に存在する問題を分析し、そして的確に我が国の国情に適合する家庭ゴミ処理の対策を提案した。張暁天は『ごみ分別処理から中日両国の環境保護の管理制度の相違―中日両国のごみ分別処理制度を探究して比較する―――北京と東京を例に』で両国の最も代表的な都市である北京と東京におけるごみ分別処理に対する比較分析を通して、東京の進んだ方法と経験を参考にして、北京市と全国のごみ分別処理の対策を提案した。劉小雁(2012)は『中日の国民の環境意識を論ずる』の中で、環境保護意識を議論するので、家庭のゴミ処理を中心にして分析し、そしてごみの定義、ごみの危害、およびごみ焼却と埋め立ての限界を指摘したうえで、自分の見解としての有効な措置を打ち出し、参考にすべきだ。

先行研究の指摘したように、中国では、ごみ分別処理に関心を持つ人が少なくないし、環境意識もアップしている事実も証明されたが、環境汚染はすでに中国の解決を急がれる難題になった。

よって、本論文では、日本の家庭ゴミの処理方法と中国との違いおよび2つの国家の異なる環境保護意識に対する対比を通して、中国のごみ処理にける不足点を分析し、日本の進んだゴミ処理制度を参考にして、国民の環境保護意識を高め、私達の生存している環境を保護する対策を提案したい。

3.本論

3.1ごみの分別処理に関して

3.1.1日本のごみ分別処理

日本は資源のたいへん乏しい国で、分類し回収するのはごみの資源化の1つの重要な措置で、社会生活の隅々に浸透している。日本の家庭ゴミはだいたい燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミ、危険類のゴミなどの五種類に分けられている。

燃えるゴミは直接ごみ焼却工場に送られ、燃やすことができる。燃えたあとの灰は直接埋立地に送られる。でも一部の日本家庭は小型の生ごみのプロセッサーを買って、いつでも家の生ごみ処理を肥料に変えて、とても良い有機肥料として自家の花園、花壇に使っている。燃えないごみはごみ集積所を通して、不燃ゴミ処理工場に送られ、分解される。リサイクルできる成分を回収し、残ったものは埋め立て処理にされる。粗大ごみは先に分解処理を施され、利用できる部分を回収した後、残りの可燃の物は焼却場に送られ、焼却処理を受ける。焼却灰はまた埋め立て処理をされる。資源ごみは再生する施設に送られ、リサイクル製品の製造に再生する品物を生産します。危険ごみも細かく分類され、それぞれ違う方法で回収される。たとえば、温度計(水銀使用)、体温計(水銀使用)、乾電池(水銀使用)、カセット式ガスボンベ、ガスライター殺虫剤(スプレー缶)、蛍光管などは容器に入れて危険ゴミの日にごみステーションへ出さなければならない。包丁、カッターナイフ、ナイフ、カミソリ、のこぎり、はさみ、釘、針などは、刃を紙等に包んで、危険ごみの日にごみステーションに出さなければならない。

日本では、ごみ収集の時間も決められている。各家庭の壁に二つの時間表が張られている。1枚は電車の時刻表で、もう1枚はごみ収集日の時間表である。毎週ごみが出せる日も限られている。そして日にちによって、出すごみの種類も異なっている。住民は当日の午前8時までにごみを指定場所に出さなければならない[2]。出し遅れたら、次のゴミ収集日か次週まで待たなければならない。こんなに厳格な制度のおかげで、日本の環境が清潔に保たれているのである。

3.1.2中国のごみ分別処理

 中国で、家庭ゴミは普通四種類に分けることができる。ごみ、生ごみ、有害ゴミとその他の回収することができるごみである。例えば紙くず、プラスチック、ガラス、金属などは回収することができる。総合処理を通してリサイクルされ、汚染を減らすことができるし、資源も節約できる。生ごみは残飯や料理、廃棄された食品類などを指す。それらを生物技術をもって堆肥処理すれば、有機肥料を作り出すことができる。有害ゴミが廃乾電池、廃棄蛍光灯、期限の切れた薬品などを含む。これらのごみは特殊で安全な処理が必要である。その他のごみは上述のいくつの類のごみ以外に、レンガ、陶磁器、土、トイレットペーパーなどの回収されにくい廃棄物を含んでいる。衛生的埋め立てを実施すれば、地下水、地表水、土壌と空気に対する汚染を減らすことができる。現在常用するごみ処理の主な方法は、総合利用、衛生的埋め立て、焼却と堆肥である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接