日本的《潮骚》和中国的《边城》的对比毕业论文_日语毕业论文

日本的《潮骚》和中国的《边城》的对比毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

《潮骚》和《边城》分别是日本作家三岛由纪夫和中国作家沈从文的代表作品。两部作品都在本国的文学界有着极高的评价。两部作品都是描写纯洁爱情故事的文学作品,为什么两部小说非常相似,但是结局却截然不同。一个是最后圆满的在一起,一个却是遗憾的没能在一起。本文主要分别从两部作品的背景,人物形象以及故事情节三方面来对比研究两者的相同点和不同点,从而总结两部作品有两个截然相反的结局的原因。本稿先是对比研究作品的背景。然后是对比研究人物形象。接着是对比研究故事情节。最后是通过对比分析总结原因。

希望通过我的研究,让更多的人了解到中日文化、思维方式的异同,加深对中日文化的理解,推动中日文化的交流。

关键词:潮骚;边城;对比研究

  

1. はじめに 1

2. 先行研究 2

3. 本論 4

3.1 背景の比較 4

3.1.1『潮騷』の背景 4

3.1.2『辺城』の背景 4

3.2 人物のイメージの比較 6

3.2.1『潮騷』の人物のイメージ 6

3.2.2『辺城』の人物のイメージ 7

  

3.3 ストーリーの比較 9

3.3.1『潮騷』のストーリー 9

3.3.2『辺城』のストーリー. 9

3.4 分析 11

4. 終わりに 13

注 14

参考文献 15

謝辞 16

1 はじめに

私がはじめて三島由紀夫を知ったのは日本文学史の授業の時である。そのとき、先生の紹介を聞いて一三島に大変興味を持つようになった。それから、インターネットで三島に関する資料を検索し、三島の書いた小説を何本読んだあと、彼の作品を研究しようと思うようになった。後で、彼の何冊かの中国語版の小説を読んだ。そのうち、『潮騷』は私が最初に読んだ彼の作品であり、最も深い印象を残している小説だ。この小説を読んでいるうちに、私は高校の時に沈從文の『辺城』を思い出した。というのは、この二つの小説に描かれている自然環境と人文環境がよく似ているからである。両方とも純粹な雰囲気に満ちるところで起きた美しい物語である。二つの小説では主人公の間に生まれた純粹な恋の物語は現代人の憧れでもある。しかし、私に理解できないところがある。なぜ、二つの小説の物語の背景、キャラクターデザインとストーリーが似ているが、結果が全然違っていたのか。そこで、私は日本の『潮騷』と中国の『辺城』の違った結果を起こす原因を探ってみようと思い、これを卒業論文のテーマに選んだのである。この研究を通じて、もっと多くの人に日中文化と考え方の違いと共通点を理解したり、相互理解を深めたりしてもらい、日中文化の交流を促進できたらと願う。

2 先行研究

日本の『潮騷』と中国の『辺城』は二つの筋が大体同じで結果が全く違う物語である。日本では『潮騷』を研究する論文がたくさんあると同様に、中国では『辺城』を研究する論文がたくさんある。しかし、いままで二つの小説の違う結果を起こす原因に関する研究は非常に少ないようである。吉林大学の傅貴貞が書いた『沈從文的桃花源与三島由紀夫的伊甸園――『辺城』と『潮騷』の平行研究』はその中の数少ない一篇だ。

傅貴貞はこの論文で主に七つの方面からこの二つの小説を比較研究しそれぞれの類似点と相違点を明らかにした。まずは、湘西の『辺城』と東方の離島からこの二つの作品を比較研究した。この二つの物語は隔てられた閉鎖的な環境で生きて、一つは茶峒だ、もう一つは歌島だ。登場人物たちは外側の世界から隔離され、周りの自然を相手として自分の生活圏を形成している。それから、茶峒の竜船競争と歌島の鮑採り競争からこの二つの作品を比較研究した。竜船競争と鮑採り競争は内容が異なるが、しかし、庶民は同様の純粋な性格を持っている。二人の作者はともに人間性の溢れる庶民生活に言及し、労働の美、青春の活力、勤労の美を賛美している。そして、『辺城』の恋と歌島の恋から両者を比較研究した。二つの小説はすべて純潔で素朴な恋物語の雰囲気に溢れて、純真な自然の香りを放っている。四番目は、燈台神社と渡船白塔の比較研究である。燈台と渡船は実用的な価値を持って、神社と白塔は民衆たちの尊敬と信仰を受けている。両者は強い共通性を示している。五番目は、水の『辺城』と海の歌島からの比較研究である。水の『辺城』で成長した沈從文にとって、水は創作の一要素である。三島にとって、海は特別な存在であると同時に、小説創作の源泉でもある。六番目は、『潮騷』の異国情緒と『辺城』の湘西的色彩からの比較研究である。幼少時から西洋の文学、歴史、哲学に浸って育った三島は、作品の中に巧みに異邦人上陸の古い伝説を加えて、小説が一種の濃厚な異国情緒が溢れる。湘西から出てきた沈從文は湘西の文化を背景にした地方人の生活と人物を描き、作品が湘西の地方色に富んでいる。七番目は、桃源郷の再建とエデンの園の移植からこの二つの作品を比較研究したことである。沈從文は騒乱の故郷に理想的な生活を送る『桃源郷』を再建しようと思った。三島は「エデンの園」を日本文化に移植し、作品に注いだのである[1]。

傅貴貞が書いた論文は論述が非常に詳しく合理的である。彼は対比研究の方法を使用し、多くの方面から『辺城』と『潮騷』の類似点と相違点を比較研究したが、論証がまだ不十分であると思われる。論文は多くこの二つの小説の類似点を分析しているが、両者の相違点に対する分析が少ない。この論文は、本来の論点を離れて、論点が二つの小説の中にどのような類似点があるかになってしまった。

本稿では先行研究の成果を踏まえたうえで、作品の背景や物語の筋や人物像などの面から二つの物語を深くかつ細緻に分析し、さらに筋が大体同じ物語が違う結果を起こす原因を分析してみたい。

3 本論

3.1 背景の比較

『潮騷』と『辺城』はそれぞれ日本の作家の三島由紀夫と中国の作家の沈從文の代表作品だ。この二つの作品はすべて本国の文学界でとても高い評価を得ている。三島由紀夫と沈從文はこれまで会ったことがないが、しかしすべて期せずして一致して彼らの一生の中で最もマイルストーンの意味がある現代の情愛の小説の経典を作り上げた。彼らはすべてどのような環境で創造したのか。次はこの二つの作品の創作背景に対して詳しく対比分析してみる。

3.1.1 『潮騷』の背景

『潮騷』は日本の作家の三島由紀夫のすこぶる高い名声がある作品の中の一つが、彼の作品の中で最も独特な風格がある小説である。1952年に欧米を週遊した後、三島はギリシャでの体験を通して、内部の精神性より、もっと外部の肉体性を重視し、生命、活力と健康を重視することが感じられる。彼は古代ギリシャの最もすばらしい田園の伝奇の愛情の小説『ダフニースとクロエ』を参照して、一冊の日本式の愛情伝奇小説を書いて、質素で誠実な愛情を賛美する考えが芽生えた。小説の材料を収集するために、三島はまた三重県に位置する神島を訪ねた。『潮騒』は1954年に世に出た。当時の日本はちょうど第二次世界大戦を終えたばかりである。三島は日本の伝統的武士道精神と厳しい愛国主義に対してきわめて賞賛して、日本戦後の社会の西洋化と日本の主権の外国に束縛されることに対して強い不満を持っていた。彼は急進的な政治思想が最後に悲劇の重要な原因になる。1968年、三島は武装政変を図ろうとしたが。失敗した後で腹を切って自殺をした。

3.1. 2 『辺城』の背景

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接