ラーメン料理から見る中日の饮食文化毕业论文_日语毕业论文

ラーメン料理から見る中日の饮食文化毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

随着世界经济文化的不断发展,中日两国的交流更加的密切,在饮食方面的交流也更加的频繁。其实,在饮食方面,中日两国很早以前就有了交流与碰撞,并且通过自身的不断完善与改良,部分已经变成了极具代表性的美食。

中国拉面,是中国北方城乡独具地方风味的面食名吃。而日本拉面,是一种源于中国,但在日本演变成为代表性的大众传统面食。在生活快节奏的今天,拉面在日本飞速发展壮大,成为日本必不可少的食物之一,深受国民喜爱。拉面已经成为了现在日常生活中的人们不可或缺的饮食。

本文主要通过了中日拉面的词源对比,中日拉面的历史对比,中日拉面的内容以及营养成分的对比,还有中日拉面的文化以及就餐环境就餐状态的对比,通过这些对比,来真正意义上的了解中日拉面的起源与发展的相同点和不同点。对比中日拉面的异同,来让更多的人加深对中日的饮食文化的了解,从而推进中日文化的交流与发展,并且拉面的产生与发展也促进了中日经济的各种发展。希望大家在热爱拉面的同时,能够做到对拉面口味的不断创新,让拉面的营养更加丰富,从而让更多人爱上拉面。

关键词:拉面;饮食;食文化;历史;营养

目 次

はじめに 1

1.先行研究 2

2.本論 3

2.1ラーメンの語源の対照 3

2.1.1中国のラーメンの語源の意味 3

2.1.2日本のラーメンの語源の意味 3

2.2ラーメンの歴史の対照 4

2.2.1中国のラーメンの歴史 4

2.2.2日本のラーメンの歴史 5

2.3ラーメンの種類や栄養の比較 9

2.3.1中国のラーメンの種類や栄養 9

2.3.2.日本のラーメンの種類や栄養 9

2.4ラーメンの食事環境 12

3.4.1中国のラーメンの食事環境 12

3.4.2日本のラーメンの食事状態 12

3.5ラーメンからみる中日食文化 12

3.5.1ラーメン文化の比較 12

3.5.2中国の食文化 13

3.5.3日本の食文化 13

終わりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

日本のラーメンは、もともと中国から伝わったが、日本で代表的な大衆伝統的な食べ物になってくる。それに、日本で絶えず新風が出てくる。生活の速いリズムの今日、ラーメンは日本で飛躍的な発展を遂げて、日本に欠かせない料理の一つとして国民から愛されてきた。

甚だしきに至って、ラーメンは今や、ラーメン産業として発展してきて、日本の経済や文化に深く影響している。中国で生まれたラーメンは中国でもいろいろ味がある伝統的な食べ物になった。

中国でラーメンが羽振りを利かせてやらないと麺の感じがない、振ら麺・と結びつけて麺、抻麺は中国北部都市と田舎で独特で有名な食べ物である。中日両国のラーメンの異同の研究を通して、より多くの人にもっと深く中日の食文化を理解してもらい、中日文化交流を推進している。

1.先行研究

李迎春(年)は、「中国の食文化は日本での発展」という文章で、ラーメン、この中国から日本へ伝わった代表的な食べ物から、中華料理は日本人の生活に深く影響した原因を分析して中華文化の日本での影響を探求した。

吉林大学の周琦が「日本ラーメン文化-日本ラーメンの起源、発展、及び分類製作などから日本の外来の文化に対する認識」という文で、日本のラーメンの起源と発展及び種類など7つの点から日本のラーメンを詳しく紹介した。文章の最後に、ラーメンは日本の伝統的な料理になっている原因をまとめていた。

広州大学の方海燕は「飲食を通して日本文化の特徴を見る中日飲食の文化の関係を中心に」という文で、日本の食の特徴と中日飲食習慣の違いとの2点から、ラーメンは日本の食文化に重要な役に立っていることを詳しく説明した。

寧夏大学の李柏彬は「清真ラーメンは食文化での象徴的な意味」という文で、清真ラーメンを例にして、ラーメンの生態因子、文化の伝承および経済現象を紹介した。そして、人間の知識を利用してラーメンの文化的意味を分析してみて、みんなに清真ラーメンの文化知識に対する理解を深めてもらう。

江蘇食品職業技術学院の周曉星は、「日本ラーメンの経済と文化の浅析」という文で、日本ラーメン市場の強い環境で、ラーメンがどのように日本食の魂になって、日本ラーメン業が中国から伝わったが、逆に中国の市場に輸出するようになっていると、いくつかの点からの分析を通して、ラーメン産業は日本経済と文化により大きな影響を及ぼしている。

2.本論

2.1ラーメンの語源の対照

 2.1.1中国ラーメンの語源の意味

ラーメン、手で引っ張るラーメンや抻面とも呼ばれる。作り方は手を練った団をゆく長くなり、折りたたみ、長くなり、何回も繰り返して、麺が十分細くてテンションが強くなっている。優秀な料理人が麺をすごく細くて長く伸ばせる。モチモチですごくおいしい。ラーメンは中国の漢族の麺で、中国北部都市と田舎で独特な名食である。    

2.1.2日本のラーメンの語源という意味
日本語の中で参考にできるようなことは、中国語外来語カタカナで漢語アルファベット「ラーメン」で、日本語の漢字書き方が「麺」という、「老麺」、     「柳麺」という3種類で、日本で他のよく名称は「中華そば」、「支那そば」や「南京そば」である。日本の手打ちうどん中国に導入されたあと、日本との関係が自分の個別地域別の発展の特色、うどんを引いてないのではなく切ったものであり、醤油ラーメン、豚骨ラーメン、海産物ラーメン、味噌ラーメンなどが含まれている。

2.2ラーメンの歴史の対照

2.2.1中国のラーメンの歴史

中国のラーメンの歴史について考察によって、我が国のラーメンの起源は漢代で、およそ2000年以上の歴史がある。当時、すべての麺類は「餠」と呼ばれた、煮るのが「湯餅」と呼ばれた。早期の湯餅は四角などの形で、だんだん細くなってきた。麺が魏晋南北朝の時期ですでに基本的に形成されている。

たとえば、北魏・賈德勰さんの『斉民要術』という本に記述の「水餅」は、現代の麺に似ているということだ。晋・束の「湯餅賦」に、「玄冬猛寒,清晨之会,涕冻鼻中,霜凝口外。充虚解战,汤饼为最。弱似春绵,白若秋练。气勃郁以扬布,香气散而远遍。行人失涎于下风,童仆空瞧而斜眄。擎器者舐唇,立侍者干咽。[1]」と語っている。南北朝から唐朝まで麺の種類が前より豊かになったため、「冷淘」との冷たい麺、食事で治癒できる多様な「索餅」が出た。そして、当時は誕生日にラーメンを食べる風俗が流行していた。 

宋朝はラーメンの種類がさらに増えた。南宋・孟元老さんの『東京夢華録』、呉自牧の『夢梁録』と周密の『武林旧事』などの資料だけに記載された品目が三、四十種類以上もある。元代の時期に長期保存できる「そうめん」が出た。明代の時期にレベルが高い「抻面」が現れた。これらの技術の登場がラーメンの発展に重大な貢献をした。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接