浅谈日本的鱼食文化毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本的鱼食文化毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

中文摘要

日本文化几乎就是世界文化的混合物,饮食文化也是文化中重要的一部分, 最具代表性的便是鱼食文化。这种饮食文化体现了日本民族的性格。鱼文化也给文化产生影响。 本文从日本的文字、词汇、谚语成语、隐语、诗歌等文学作品几个方面入手,探讨“鱼文化”对本的深刻影响。随着饮食业的快速发展,食文化也发生了质的变化,在日本社会中,鱼食依然受到许多人的喜爱,本文就是从日本饮食中最具代表性的鱼食,从日本鱼文化的历史,鱼食文化的特点,鱼文化对日本文化的影响以及鱼食文化的未来进行分析。

关键词:食鱼文化;刺身;影响;文章;历史

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 日本の魚食文化の歴史 5
    1. 日本の食文化の起源 5
    2. 刺身の歴史 6
  2. 刺身の文化 8
    1. 魚が好きな日本人 8
    2. 刺身の食用 9
  3. 刺身は日本に与えた影響 11
    1. 刺身は日本人にとっての重要性 11
    2. 魚文化は日本の言葉と文学に与えた影響 11
  4. 日本の魚食の未来 15

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

おいしい物を好きな人は多く存在している。自分の国家の料理のほかには、ほかの国のおいしい物の興味もある。日本はとても面白い国家。特にこの国特有の民族美食,例えばそば、味噌汁、ラメン、寿司、和菓子、たこ焼き、天ぷら、うどん、おにぎりが存在している。筆者はいろいろなおいしい物に濃い興味を生じた。その理由は、日本は海に近い国であり、そして、その中国人は海を見る機会はあまり多くないが、海産物がきわめて好きである。そのため、中国人は小さい頃から内陸の淡水湖の中の魚をよく煮えた後で食べる理由を知っている。魚は煮てされていないと、とても生臭い、全然食べられない。しかし、テレビの中に、日本の海産物はただ簡単な加工後で食べることができる、特に刺身、皮をむく、せっべん、少しい醤油を取る。それはとても不思議だと思う。筆者は刺身の味や色艶に対して大きな興味を抱き始め、研究するようになった。さらに、日本陣は魚食の民族である。日本の魚食文化にはとても長い歴史がある。三千年前の古い建物の中日本人の先祖は水産物を利用の証拠を発見した。そして、他の国だけではなく日本の刺身は自国の伝統的な美食として日本の風習、文化、伝統、養生等の面において、最大の意義を持つ食品の一種類である。そのため、本稿では日本の刺身を主な対象として検討する。

先行研究

多くの人は日本の魚食文化及び刺身について研究を行ったことがある世界の中に多くの有名な学者は魚食文化について多くの研究を行い、そして多くの論文を発表した。刺身に関する文章はいろいろな漁業雑誌、漁業の雑誌や文化の雑誌に掲載されている。

まず、赵建国(2004)の文章では、淡水魚は刺身の食材として加工されることができない、川の魚の体の外と中は大量の細菌や寄生虫、及び寄生虫の卵が混入しているからである。そして、これらの食材は必ず高温の消毒を通じ、滅菌処理が行われた後でしか食用できない。改革開放初期、刺身はまず、広東料理まで導入され、そして全国範囲まで広がった。次に、刺身の食材は必ず新鮮で柔らかく鮮度を持ち、汚染されていない深海魚である。例えば,タイ、フウセイ等である。言い換えれば、汚染されている魚は食べられない。深海のクリーンの魚だけが刺身を作られることができる。

そして、于克鋒、袁春紅、木村郁夫が共同作成した文章『日本の魚食文化の歴史変化及び水産品の加工消費の最新動向』がある。簡単には日本の魚食の文化の意味が歴史的、経済的、政治的、地理的、気候など多国間での影響を受け、発展・変化しつつあることが書かれている。近年、西洋の生活方式の影響を受けている。相対的に水産物の消費減少し続けている畜禽肉や乳制品の消費量が毎年に増えている。ところが、動物の蛋白の半分は依然として根ざして水産物だった。本文は日本の魚食文化の歴史や発展を紹介する。そして、最新の水産品の家庭消費量統計データと具体的な水産加工製品の消費量の変化から日本の最新の水産品の消費動向を紹介した。

赵佩(2011)の文章。彼の文章には刺身は日本の国料理を紹介する、そして刺身は一番代表的な料理、刺身の起源や発展や歴史について簡単な紹介された、そして、深さ分析における魚食文化の形成の原因や背景などの理由を研究する。

郭晓(2012)の書いた『「魚文化」による日本語及び文学に与えた影響を浅く討論する』という論文では、主に日本は島国として海洋の影響を受け、その「魚文化」がきわめて特別である。特別な「魚文化」も文化の媒体としての日本語に豊富な素材及び深刻な影響をもたらしている。本論文は日本の文字、語彙、諺、四字熟語、隠語、詩歌の文学作品等幾つかの分野から切入し、「魚文化」による日本語に与えた深刻な影響を討論した。

日本の作家である百合本浩代は「日本の刺身」という文章を書いた。本文章の主な内容は以下に示す通りである。日本人の生活環境はきわめて恵みられている。そして日本は沿海の国のため、海産物もきわめて豊富であり、環境の原因により、日本人は釣りを好んでいるため、よく刺身を食べている。さらに作者は日本各地の刺身の作り方及び様々な魚類加工の食品、例えば、たこ焼き、刺身寿司、刺身味噌汁等を紹介した。

黄晓娟(2007)の書いた「日本語における魚の呼び方及び日本の魚文化」。その論文は主に文化的なことから出発する日本では魚の名前の多様性と及び日本文化との関係を論述した。

前の先輩たちがいろんな日本の魚食文化について文章を書く、内容はとても面白い、一人一人の意見もが鮮明だった、彼らの文章はとても優秀と思っていた、个人の能力はまだまだだ、あまり多くの不足のところを提出することができない。ただ日本の魚食文化--刺身。先輩らの文章を参考にした上で、日本の魚食文化の歴史と起源の形成の原因、刺身の歴史と発展、食べる方法、刺身

の重要性、刺身は日本文化や経済的の発展、世界の影響のまとめ。そして、刺身の色はとてもきれい、薄い刺身が全て綺麗に切られている。それから、刺身の色と刺身を食べる後の考えの姿を描いている。

1 日本の魚食文化の歴史

日本の魚食文化の起源

趙佩(2011)では、日本人は自称「徹底的な魚食民族」であると書かれている。日本の魚食文化はきわめて長い歴史を持つ。19 世紀の日本の明治時代、考古学者たちは約 3000 年前の古代遺跡の中日本人の先祖は例えば貝類等を食用し始めた証拠を発見した。あの時、原始の漁獲道具もあった。人々は多く食べる魚は川の魚である。たとえば、鯉、香魚やサケだった。あの時、魚や貝類などはメイ料理ではない。紀元 3 世紀後半から 5 世紀後半にかけて、漁業は徐々に盛んになっていった。人々はより多くの生の魚類を食用し始めた。生の貝類を食べる人が増えた。彼らは魚の中で塩を付け、魚を塩干し魚にした。また、このような作り方は魚干しやアワビ干し等に対しても良好な保存性を持ち、そして祀りで利用されることもできる。日本料理の中では、その他の肉類でなく、魚が主な料理としている原因は、「肉食禁止令」である。このような「肉食禁止令」を最初には天の武天皇の時代をから始まった。その後でたくさん禁止令を発布された。肉食は禁止の規定を作られる。規定によると、肉食は禁忌であり、肉食が禁止された。これは仏教に深く影響を受けた。仏教は牛や馬や犬や猿などの四足目の動物の肉食が禁止された。その後の江戸時代には、幕府は宗教政策を実行して徹底的に牛や馬など動物が農耕を利用のされたやり方により、明治時代まで、一般庶民は日常の食生活における獣畜肉を禁忌と見なした。そして人々は畜肉を食用しなくなり、その代わりにより多くの魚肉を食用し始めた。

奈良時代には、酒や酢の製造が相次いで出現した。同時に水産品の加工品種の多様化をさせる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接