从日本文化特色看日语暧昧性毕业论文_日语毕业论文

从日本文化特色看日语暧昧性毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

暧昧语是日语表达中一种常见的语言现象。暧昧的含义并不完全是中文中暧昧二字的意思,而是具有独特的日语韵味,它反映了日本人的传统生活态度,也反映了整个日本民族的文化特性,只有完全置身在日本独特的环境当中,才能更好的理解和体会暧昧语的深长意义。委婉含蓄的日语暧昧语,作为一个重要的因素,不仅营造了和谐的人际关系,而且还构筑了大和民族的“和”文化。它反映出日本独特的语言心理、思维方式以及审美意识。一个民族的语言折射着该民族的个性和历史,反映了该民族的社会文化特征,日语的暧昧表达就是在日本独特的自然环境和社会环境下形成的,它折射着日本民族的个性及日本社会的文化特色。

本稿主要结合具体日剧,着重分析日本暧昧语产生的原因以及暧昧语和日本独特的自然因素和社会因素之间的联系,以此来更加了解日本暧昧语的表达方式及其特色,同时更加深入了解日本文化特色和民族特征。

关键词:暧昧语;表现;影响;特色;日本文化

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 言語で体現された曖昧さ 5
  2. 曖昧語における自然要素 7
  3. 曖昧語における社会要素 9
    1. 言語で体現された仏教思想 9
    2. 曖昧語で体現された儒教思想 11
    3. 曖昧語で体現された神道思想 13
  4. 曖昧語が日本社会に与える影響 15

おわりに 16

注 釈 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

言語と文化との関係が緊密であり、言語は文化の象徴である。『大辞林』によると、曖昧語の意味は(1)はっきりしないこと、確かでないこと、ぼやけていること。(2)いかがわしいさま中途半端な状態を指し。芳賀绥(1996.1) は「日常言語では、語とほかの語の意味の境界、はじめがはっきりしなかったり、一つの語の意味内容が確定しにくかったり、曖昧である。」という「曖昧」に定義をつけた。『現代漢語辞典』(1995)は曖昧を以下のように解釈する。

  1. 態度ははっきりしない。(2)こっそりと行動し、ほかの人に内緒する。曖昧語についての解釈は数多くて、曖昧語は日本語の特である。日本人は曖昧語の伝えが好きで、曖昧な言い方で相談しようとする目標に達するために、直接で明確な伝えを避けるであろう。日本人とコミュニケーションをし始めた外国人はよく日本語の曖昧表現に困らせる。その原因は日本語がほかの国の言語と異なり、真率で直接に言わなく、曖昧表現をよく使うのである。

曖昧表現は日本語の一つの特徴だと言われている。日本では、曖昧表現は最も優れた言語であり、最も重視される。日本人は硬い話し方を避け、含蓄の表現で婉曲的に話す。コミュニケーションするときは自分の主張を言わずに、他人の見解を直接的に否定しなく、婉曲な言い方をする。相手の気持ちを配慮し、よい人間関係を守る。どうして日本人が曖昧表現を好むのか、この独特の曖昧表現がどうして日本で生まれたか、これは日本の歴史文化、風土人情、地理位置などと緊密的な関係があると思われる。本稿は日本のドラマを参考し、曖昧語の特徴を述べ、曖昧語が日本文化に与える影響を分析しよう。

先行研究

あいまいな文化の形成原因の研究に関して、国内外主に集中し自然の原因と社会の原因二つの方面にある。

自然な原因のあいまいな文化に対する影響に関して、李兆忠(1910)は指摘して:日本の島国の自身は一つのあいまいな存在で、果てしなく広い海洋の中 で包囲して、それは閉鎖的で開放的で、狭くて果てしなく広い間に介在して; 極東に位置して、それ東アジアの冊封の体系の中で一つの特殊な存在になって、それと大中華帝国とちかづかずに関係を維持していて、国際地位は宗主国と藩国の間に介在した。矛盾している地理環境の原因、日本人を作って“と”を信念の処世の方法にして、試みて言語と行動の中から大自然の調和がとれているのと法を求めに来るi。鹿業貞(2013)は指摘して:日本は一つの島国で、周りは海に包囲させられて、気候が温和で、環境が優美で、水産が豊富である。このように落ち着いていて気楽な生活の中で発生する言語も自然と落ち着いてい て、気楽な、愛情がこもっているである;同時に、資源の欠乏と自然環境の優美なのを生産して、修養武を尊んでおしゃれな国民性;地震、火山、台風などの天災、運命に組みついて闘って、運命の二重性格に素直に従いを育成した; 四季がはっきりしていて、変動の位置しない地理の気候、日本人の平均してい ない美感に発展して、瞬間に永久不変である。このような特殊性の地理の文化 風土、きっと日本文化“あいまい”の結局は極性の原因をもたらすのであるii

社会な原因のあいまいな文化に対する影響に関して、主に集中し宗教の方面

にある。

    1. 仏教思想のあいまいな文化に対する影響に関して、殷二永(2010)は指摘して:日本人は仏教の禅宗の思想をあがめ尊んで、「以心伝心」は、「心に霊感がありを重んじて、心は通じ合っている」。労働は言語を創造して、しかし日本人は言いる:「木の長い葉の普通のようである、言語は心の中からできるのである。」言語を使って表現して、一心にむしろ体会に行くほうがよいである。あいまいな表現の自身は美しいで、万事がすべて表現するのがとても明らかで、「以心伝心」の独特な魅力を喪失したiii。
    2. 儒家思想のあいまいな文化に対する影響に関して、劉宇(2013)は指摘して:「和」の観念は日本文化の中心論点で、日本精神の核心で、日本人の価値観の基礎である。聖德太子は『17 条憲法』中は明確に「人の和は最も大切だ」を指摘していてことがあって、もしかするとあの時からで、“和”は日本人の伝統の思想になって、「人の和は最も大切だ」も日本人の行為の規範になりました。日本人はできるだけ直接なの、衝突性の表現方式を免れて付いている、もっと相手の角度に立って考慮しに来て、選択の間接的で、婉曲なあいまいな表現方式、人間関係の中「和」に達しに来て、そのため言語はすぐあいまいになってきるiv
    3. 神道教思想のあいまいな文化に対する影響に関して、兪純(2009)は指摘して:神道教は日本の固有の民族宗教で、日本の古い神道の理論によって、宇宙は三つの世界のから構成した。「天上」つまり天国、諸神の居住する場所で、とても明るい世界である。「地下」つまりあの世、凶悪な鬼達の居住する暗い世界である。両者の間の「地上」つまり世の中があって、つやがあって暗く、夜と昼、善と悪が互いに入り組む存在する世界。日本人はすべて神が創造した

のだと思って、それぞれの神に受け答えして寄付して感謝を保存して、昔から異なる日で日本国民はでも異なる祭祀活動を行って、多くの習わしが、今なお続きるv。

米国の学者Ruth Benedict(2011)は出して:米国が全力で対処してことがあるとの戦闘の敵中で、日本人の気性は最も人に熟慮できていなくならせるので、この強大な相手、その行動と考えの方法と私達はこのようにまるきり違って、そのために私達は真剣に必ず対応しなければならなくて、このような情況はその他の戦争の中でないのである。すべての上述のこれらの対立は論著の中で関係する日本縦横に織りなす経緯になって、その上、すべてごく確かである。日本のため長期の自然環境と文化環境の影響、日本人の独特な考えの方法と性格の特徴を生んだvi。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接