从日本茶道看“和”的精神毕业论文_日语毕业论文

从日本茶道看“和”的精神毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

日本茶道, 在日本历史上, 它是源于权力者及统治者, 特别在武士阶层拓展开了。茶道作为一种权威的象征, 在当时的社会是一种最为高级的社交工具。因此就衍生了茶道的礼法和成规。茶道在上流社会中诞生了许多有名的掌门人。讲究精神修养, 社交礼法的掌门人们, 把茶和哲学系为一体, 因此就有了“ 道” 这一说法。茶道是象征日本文化的一种典型载体, 其基本精神是“ 和, 敬, 清, 寂”。

本论文通过研究“ 和” 的深层含义, 日本民族的“ 和” 的精神来探索日本茶道中体现的“ 和” 的精神以及其对日本民族的“ 和” 的精神、日本社会的深刻影响。

关键词: 日本茶道; 茶道精神;“ 和” 的精神; 根源

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 日本民族の「和」の精神 4
    1. 「和」の意味 5
    2. 「和」― ― 日本人の価値観の最も根幹をなす思想 5
    3. 「和」の精神の根源と発展 7
  2. 日本茶道の中の「和」の精神 8
    1. 日本茶道の基本精神 8
    2. 日本茶道の本質― ―「和」の精神 9
    3. 日本茶道の「和」の精神の影響 12

おわりに 13

注釈 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

日本の茶道は中国から日本へ伝えられ、伝統文化の象徴として、日本の文化の代表的なものである。日本茶道、茶道の精神について研究することによって、日本の文化理解を促進することに大きな意味を持っていると思う。日常生活の中では、いろいろなものに惑われたり、他のものに合わせて、自分を曲げている。そして、そこでは自分を守るためにいろいろな余分な着物をどんどん重ね着してしまう。茶道と言うものによってそのような無駄なものをすべて捨てて、本当に素の自分に戻る。今の物質化世界には、競争が激烈になり、人心はそわそわしていて、心理は衡を失うことが容易になり、人脈は緊張に赴いた。茶道の精神「和、敬、清、寂」などは今の世界に必要なものがつめられている。だから茶道を提唱して、もっとも調和な社会を築くべきである。本稿では、「和」の意味、日本茶道の中の「和」の精神を探求したい。

先行研究

一 「道」の意味

言葉の定義は重要であって、これは複数の人間が共同作業を行うときのルールと同じで共通の理解がなされていないと作業は成立しない。スポーツやゲームの予めきめられたルールを理解することと同様の事前作業である。

道という文字の意味する所から考えていきたいと思う。道は主として宗教上の特定の教義という一つの解釈がある。人が考えたり、行ったりする事柄の条理、道理という定義がある。一方、道自体の意味は人や車が往来するためのところであり、これが転じて使われる様になった。それぞれの道を究めると、その道の達人ということにも通じ、身体的修練を事とする世界であって、あらゆる動作を伴う行動は綺麗に迅速なモットーであることは論をまたない。それは絶対的な行為また礼儀の世界である。

二 日本茶道の歴史

お茶はアジアに生まれ、アジアが育てた飲みものである。文明社会に知られるようになってからの歴史も、コーヒーに比べるとははるかに古く、またそこから生まれた生活文化の多様さも、はるかに広いものがある。お茶は中国から日本へ、六世紀に伝えられた。そして、九世紀に上流階級の間で、お茶が、一般的だったとされていた。十四世紀お茶と武家社会は、結びついて、茶寄会いという遊びかたが流行。

1326 年茶礼が日常飲食儀礼として用いられた。お茶は日本の伝統と仏教のことに結びついて、日本の茶道が創造された。日本にお茶を飲む習慣とお茶の製法がもたらされたのは、平安時代、遣唐使によってで

ある。室町時代の中期、村田珠光が、さらに精神的交流を重視した茶会のあり方を提唱して、茶を飲む作法として、詫び茶を創出したのである。これが詫び茶の源流となっていく 1 。

室町末期に村田の孫弟子の武野紹鴎はこれを受け継いで堺に広めた

2 。安土桃山時代に入ってから、武野の弟子千利休は詫び茶を完成して、

利休流茶道の根本ろされる「和、敬、清、寂」の標語が生み出された。現在の茶道の原型を完成させた千利休は茶道の心得を「四規七則」

と説き、さらに幕末には、井伊直弼が一期一会の概念を完成した。茶道ではこれらの精神にのっとってお茶をたてることを大切にしている。

千利休の死後、茶道は子孫に受け継がれ、表千家、裏千家、武者小路千家、いわゆる三千家の流派が生まれた。現在の流派としてはこの三千家を中心に多くの流派が生まれ、現在では日本国内のみならず、海外からも注目されている。

三 日本茶道の特徴

日本茶道が特色をもって「美しい宗教」を形成した。日本の茶道の目的は、決してお茶の本質的な優劣を鑑別して、味の濃淡を味わうことではなく、複雑なプログラムと儀式を通して、静寂な境地を追求、達成するであり、調和のとれた、情操を薫育するのが目的だと思われる。日本の茶道は「お茶と禅の一体」を強調して、中国のお茶の文化の一部の内容を吸収し、更に人々に平和共存を勧め、互いに尊敬し、互いに愛し合うことをすすめて、質素で清廉潔白な、精神修養が必要だということをもすすめる 3 。日本の茶道は内を重視して内省し、自分の教養を高め、本来の意味である禅宗の精神に目覚めるもので、宗教、哲

学、美学融合一体化した文化芸術活動となったのである。

四 本稿の考察対象

日本茶道の歴史、特徴と基本精神、また「道」の意味などに関して、学者たちがそれぞれの独自の見解をしてるが、茶道を高度な精神文化に位置づけているという点においては、一致している。それらの中で、久松真一は茶道を「日本に特有な一つの総合的な文化系」と定義している。しかし筆者は日本茶道の「和」という精神がどのように表現されて、どのように日本社会に影響を与えているのかという疑問を持っている。残念ながら、これに関する議論はほとんどなされていない。そこで、本稿では、上記の疑問を書いてみたい。

1 日本民族の「和」の精神

「和」の意味

和の意味は① 穏やかなこと、② 仲良くすること③ うまくつりあっていること④ 他人に合わせること⑤ 数字を足した結果などがある。用例として、調和、平和、総和のほか穏和、和気あいあい、和声、和音などあり、「和」はとにかく良いもの、喜ばしいものを指している。日本民族の「和」の意味は人々がお互いになるべく相手の立場を考えて、話をすることを行う。また、集団主義という思想をもって、お互いに手伝い、ある目標を目指し、一生懸命努力することなどである。

「和」―― 日本人の価値観の最も根幹をなす思想

聖徳太子( 604 ) では、「和をもって貴しとなす」であることはよく知られている。

「和」は日本人が伝統的に抱いている集団原理であると説明されることが多かった。例えばスポーツチームや企業において目標を達成するためには、組織内集団の一致団結を図ることが大事である、これが組織の和であり、集団の和であると説明されてきた。企業での仕事は勝敗をかけたスポーツのチームプレと同じで、一つ一つの仕事は個々人が担うけれども目標であるより大きな仕事は全体で遂行するものである。ほかの人の職務を助けたり補ったりするのは当然であった。このように一団となって与えられた任務に当たるのを日本的集団主義と呼んだり、企業管理上の観点からは日本的経営方法と呼ぶことが多かった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接