关于日本的和服文化毕业论文_日语毕业论文

关于日本的和服文化毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

中文摘要

和服,是日本民族的传统服装,也是日本人最值得向世界展示的文化资产之一,无论从和服的穿著艺术上,还是从和服跟随日本时代变迁而演变从而拥有的风俗文化背景上,和服,都值得学者去琢磨考量。和服的穿着巧技,乃是随着时代的风俗背景,琢磨考验,蕴育而生伴随日本历史一路发展的和服,已然超脱其本身作为服饰领域所拥有的功能,它已成为日本文化的一个组成部分,蕴含着日本民族的价值、审美观念。很多外国人都非常喜欢和服,也会在一些场合穿,但是经常穿错,为了避免我们出现类似问题,所以笔者才借此机会详述和服文化以及今后发展趋势。

但是,和服以及身穿和服的情况逐渐消失,就不得不担心。平时穿洋装的人突然穿浴衣出现, 在过分的艳丽的姿态上一瞬瞠目结舌,这就是和服有魅力。最近, 包含中国人在内的大多数人在神奈川大和阿波舞·西口风铃节等的夏季祭祀中, 以艳丽的浴衣吸引人的注目。特别是女性浴衣颜色丰富鲜艳,祭祀更加看上去华丽。但是可惜的是,也有不知道要浴衣的领子大襟向左扣的穿着方式的人。在这种情况下,文化在哭泣,为了避免再次发生同样的事情,笔者对于和服文化进行了论述。本稿通过研究和服的由来、发展史、种类来了解和服的基本知识,并且研究和服的魅力所在以及现代和服的发展和流行趋势来进一步深入研究日本的和服文化。

关键词: 和 服 的 由 来 ; 和 服 的 种 类 ; 和 服 的 魅 力 ; 现 代 和 服

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 和服の由来と発展史 4
    1. 縄文時代・弥生時代 4
    2. 古墳時代 4
    3. 奈良時代 5
    4. 平安時代 5
    5. 鎌倉・室町時代 5
    6. 江戸時代 6
    7. 明治・大正時代 6
    8. 昭和 6
    9. 平成 7
  2. 和服の種類 9
  3. 和服の魅力 13
    1. 体型を隠す(体型を美しく飾る) 13
    2. 女性の美を展示する 14
    3. 穿着方式が女性的職業及び婚姻状况を伝える 14
  4. 現代和服の流行 15

4.1 20 代の女性 16

    1. 20、30 代の専門職の女性 16
    2. 40 歳以上の女性 16

終わりに 19

注释 21

参考文献 22

謝辞 23

はじめに

筆者にとっては、和服の魅力は沢山あるが、今回の論文を借りて、二つに絞って書きたいと思う。一つ目は、和服は大切にすれば何世代にも渡って着続けることができることである。それで、家族の文化史や伝承も和服の力で以降の世代につたえることができるのではないか。二つ目は、柄や色の美しさである。普段慣れ親しんでいる洋服にはないものが多いので、見ているだけで楽しくなる。洋服だと避けてしまいがちな大胆な色や柄も、不思議と着物だと違和感がなく、素敵に着こなせる。筆者が素敵だと思うものはアンティーク着物と呼ばれる昔のものが多いが、大正や昭和初期のこの分野における日本の技術は、外国からも高い評価を受けていたほど素晴らしいものだったそうだ。現在、ファッションというとヨーロッパはイメージを抱く人が多いと思うが、中国にも、着物について書かれた本がたくさんあることからもわかっていた。

しかし、前文述べたように、日本ごを専門として出身の我々が日本文化を代表する和服について詳しくないというイメージが伝えると感じた。日本語を学ぶ筆者こそ、和服や和服文化の魅力をもっと世界に伝えていくべきではないか。

先行研究

日本の和服文化という問題に関して、国内外の学者は数多くの研究を作り出した。国内の和服に関する研究は主にその歴史の源、その着方、最近はやっている和服の傾向と変化に関わるに過ぎない。例えば、张华(2007)は、和服の美しいのがどこにあって、和服の具体的な形式、その歴史的な脈絡は体に合ってその分類は一体そのパートナだある指摘した。

陈庆官(1995)は、和服をといえば、着るのはチャイナ・ドレスの日本人女性のきれいな絹の衣装を着るという。日本語を勉強していた人たちは、日本語で

「和服」の解釈が多くあるということを知る。また、カレンダーやその他のカラー画面で見て、ほっとしたカラフルな衣装であると感じる場合は少なくない。着者にため、日本シルク業界の専門家を訪問して、調査する。その要点は論述する。

石睿(2010)は、「和服」が日本の伝統衣装であり、日本文化はよく表現する服装であると主張する。また、和服の種類及び和服と日本の文化に関するいくつかの事を論述する。

姜丽(2010)は、日本の民族衣装である着物に多くの中国要素が見られるとする。そして、和服は中日の悠久なる歴史文化の交流の証明として、和服の発展や歴史を紹介している。和服の起用では、片側の材質として芸術的且つデザインの良い刺繍を選択して中国要素を含むものによってが構成するのを述べる。

杨言省と王荣と李星(2007)は、日本民族が大陸民族と違うために、自然地理環境、政治、経済情勢や宗教の文化的影響、民族衣装着物の色、スタイル、とスタイルが、古墳時代、飛鳥奈良時代、平安時代、江戸時代時期に経験して、絶えず発展が変化し、最終的に形成された現代(ヒョンデ)は日本民族の特色の

固定の着物仕様をしており、日本民族の特殊な性格特徴や自然美を愛している証拠であると指摘した。

时安(2012)は、全世界がすべての保護を訴えている伝統文化を背景に、日本自国の伝統衣装文化、それぞれ文化保護政策、文化的なイメージで伝播、服装教育等の五つの方面を分析して、着物の伝承と発展について論述した。

88 国外の研究は主として和服に対する女子大生の見方に集中している。また、和服の材料の材質、価格などに対する評価の調査も行われた。例えば、川又勝子(2002)は「若い人の着ない和服」、「和服の興味・関心」から探求して、祝典や成人式などのイベントの中で若い人が和服に接触する機会が多くあると主張する。河村まち子・今井温子・大野慈枝(2008)は日常に和服を着ている者対して探求を行って、現代の“どうして和服を着る”を解答して、和服の磨損は近代的な和服の課題となると唱える

筆者は現代の和服の流行っている傾向に関して、国内外の学者がともにまだ研究は十分に進まないと思う。そのため、本稿で研究したいのは現代の和服の流行っている傾向と原因である。今回、日常の和服のために女性は限定して研究を行うことにする。和服、立派な服装の着られた情況の大部分として現代で、日常の行為の到着する必要性は薄くなる。特に若い人は主として成人式、卒業式、結婚式などで立派な服装を着る意識があるが、日常生活で和服を着る人がほとんど見られない。一方では、「浴衣のブーム」は、夏のファッションとして繁栄しており、浴衣を着ていることが、夏の象徴として定着してくる傾向が見られる。私は近代日本人が和服に対する態度の転換及び新しく流行ってきた浴衣の傾向の討論を和服につくる。

1 和服の由来と発展史

和服の起源が西暦 3 世紀ごろにさかのぼる。『魏志·階人伝』1 で「一幅の布、中を開け、その中に頭に取って返し穴」だった。これが和服の原型ですした。大和時代、僑民の王は

3 回の使結を派遣で中国に出国して、大量の漢、呉の織物およびすばらしい紡績、縫制技術で、渡航で日本に渡って中国の多くの文人および職人が日本に伝わった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接