从日本化妆文化来看日本人的审美意识毕业论文_日语毕业论文

从日本化妆文化来看日本人的审美意识毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

化妆是一种美化容貌、掩盖瑕疵的手段,人们通过化妆展现自我形象的优点, 弥补外在形象的不足,从而充分展现自己的美。美妆的发展按照日本人的传统习惯和审美意识逐渐延伸到现在,已有几百年历史,经过时代的变迁,日本人的化妆随着审美意识的变化而变化着。日本人对美的意识与他们的价值观、社会环境和文化背景有着密切的关联,所以本论文以化妆的起源为开端,根据日本的历史和文化,从日本的古代、近代以及现代三个阶段论述各个时代的化妆现象和特征, 分析出日本人的审美意识的变化。

关键词:日本;化妆;美意识;文化史;社会环境

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 化粧の起源 3
  2. 日本の化粧文化史 4
    1. 古代の化粧文化 4
    2. 近世の化粧文化 8
    3. 近代の化粧文化 10
  3. 日本現代化粧文化 13
    1. 大正時代後期の日本の化粧文化 14
    2. 昭和 10 年~20 年の女性の化粧文化 14
    3. 昭和 30 年後の日本の化粧文化 15
    4. ノーメークバブル崩壊から今まで 16

おわりに 19

参考文献 20

謝 辞 22

はじめに

人間は美に対する特別な好奇心をもち、もっと美しく見られるように、さまざまな工夫をしているは美しく。化粧は美しくなる多くの手段のーつである。化粧の文化と社会性を深く研究しているうちに、化粧は日本人長時間に養成した美意識を考察し、化粧文化は日本文化意義も改めて見ていくことを目的にしている。『小学館日本大百科』では化粧の風俗に対して顔など部位に赤い粉と白い粉で顔に装飾をすることと表現したが、鉄漿付け( を黒く染めること)、眉を整えて、容貌を改変させることも化粧に属する。

今は「化粧とは何か」と問うと、ほとんどの答えはメークアップとしているが、これは狭義での化粧だ。

広義での化粧について言えば人類学など伝統的な参考で以下 3 つの類型に区分される。①身体変工②色調生成③塗彩。現代での狭義の化粧はボディケア(基礎化粧)、メークアップ、香水をかける、など日常的な生活行為を表示する。

現代人が化粧についた広義的な範囲があまりにも大きいだけでなく、化粧に対する関連研究が少しながら資料が欠乏する。本論文での化粧は狭義の化粧であり、いわゆる基礎化粧やメークアップだ。日本人が美に対する意識と彼らの価値観は社会環境と文化背景と密接な関係がある。

このため、本論文はメークアップ文化の背後の歴史的な動機を発掘して、日本の古代化粧文化史から近代化粧文化史および現代化粧文化史 3 つの段階から、日本人の美意識が化粧方面に対する影響を討論する。日本の文化の影響の中で絶えず発展の変化されてきた。

先行研究

汪南(2006)は『小倉百人一首』を中心に日本人たちの美意識について書いた。『小倉百人一首』は鎌倉時代に現れた和歌集として、歴代の和歌を選択して執筆した和歌集であり、一つの歌集だけでなくまた、歌の史であり、典型的な代表性を持っている。文章は『小倉百人一首』をめぐって、その中で現れた月の歌を探求して、分析して“月”のイメージの変化を得て、日本は歴代審美意識の大概が向かったのを見抜く。

張婉婉(2011)が主に研究したのは日本人の「物の哀れ」の美意識で、歴史的な角度から「物の哀れ」が日本の美意識のうちの一つになった原因について探索をしている。文章は先に日本の美意識のいくつかの形態とこのいくつかの形態の間の関連を紹介した。また平安時代に「物の哀れ」この美意識を提出する背景や「物の哀れ」の成熟の背景を分析した。「物の哀れ」の提出後に日本のそれぞれの階級によって受け入れており、短い間に迅速な発展をした。そして日本の文学と文化の各方面に染み込んだ。「物の哀れ」の文学、芸術などの方面の一部の表現から「物の哀れ」が日本文化で重要な地位を占めているものを見て出すことができ、歴史的視点から「物の哀れ」が美意識になった原因を分析した。

王磊(2012)は化粧の理念の方面から探究を進めた。文章は下記のいくつかの方面で化粧の理念について説明をしており、粧理念には以下のような内包が入っていると認めている。技術分野で昇華創作、創作の芸術のイメージを生きた;化粧美容とその異同;化粧の分類はできるだけ近くに化粧の実踐活動;化粧要続く時代の発展;化粧は文化深いの分野。

1 化粧の起源

化粧は長い歴史を持っている一種の女性美容技術だ。古代人々は顔面と体で各種の色とドーランを塗りつけて、神の化身を表して、これとして悪魔を追ってしまうつもりだった。そして自分の地位と存在を表示している。その後この習俗がだんだん装飾の意味合いを持つ、一方で演劇を行う時、容貌や装飾を改変させて劇中の人物を表現しなければならない。他の面では実用されたため、盛んに行われた。例えば古エジプト人は目の周囲に墨の色を塗って、目が直射日光によって損傷が行かないようにした。;体の上でゴマ油を塗りつけて、肌が日光や虫の侵害を受けないようにした。今のところ、化粧は主に女性が自分の美しさを磨く手段となった。その主な方法は化粧品を利用してそして人工の技巧を運用して美しくするのだ。脂のおしろいと黛墨の沢のある化粧も中国の古代で施行することにした。我が国の唐の時代には後宮の側室が多く、六宮の美女たちが互いに美しさを争った。そうして化粧はますます濃くなった。日本の平安期女性の化粧で起源も唐だった。今、たぶさ、額の黄、眉の青黒色、朱の粉、口の脂に区分される。

史料の記録によると、約 100 年前の日本、女性に対して化粧して比較的厳格な規定がある。その当時、風習の規定によると、貴族家の女性は 40 歳ぐらいになれば、歯を必ず黒色に塗らなければならなくて、眉を全てそって、これとして自分の女性特徴を隠さなければならない、女性の黄金時代が終わったことを宣言する。時代の進歩、女性の地位の高まりに従って、明治政府はこのような制度を廃止して、女性に自分の願望によって自分なりに飾ることができるようにした。

2 日本の化粧文化史

2.1 古代の化粧文化

古代の日本の化粧はほとんど中国の化粧を模倣したといえる。石器

时代の土偶をはじめとして、古墳時代の人物埴輪では、左右の頬に朱を塗った。

3 世紀に書かれた中国の史書『三国志』の「魏志倭人伝」のなかに、日本人たちがこんなにしているのは、中国の化粧と同様と記載した。飛鳥・奈良時代以降、中国を模倣する行為が速やかに拡散され、特に平安時代初期には、天皇も詔勅を下し、すべて文化の面で中国を模倣するのを提出した。国風文化が誕生する平安時代半まで、中国の隋と唐の影響を受けており、美意識もこれによって発達した。特には眉毛に対する美意識が発達しており、眉を描くことも盛んに行われた。中国には十眉風というさまざまの眉が流行した。有名なのでは描いた後にラジアンがいる微細な新月眉、柳眉、蛾眉がいた。白粉、紅、澡豆という洗い粉がもたらされ、白粉をつけた上から紅を塗る紅の化粧ということもあった。ただし、厳格な意味で言うと白粉の登場は次の時代である。

      1. 縄文時代

太古の時の日本は大洋の中で孤立して、あまり外界の影響を受けないため、長期的に一部の独特な風俗を維持した。この時期の男女依然として自然で質素で簡単な容貌を主にして、今日のような化粧が現れなかったが、しかし化粧風俗と似たような記録があった。『後漢書東夷列傳』、『三国志魏書東夷列傳』の記載によると、倭国男たちは入れ墨面の入れ墨をする風習があって、その刺青は顔と手にして、左側または右に入れ墨をし、大

きさが異なり、形式が互いに多様で、尊卑の差別を代表する。これだけでなく男たちは皆冠を使わず、髪の毛が現れて、そして髪を束ねて(髷) になって、女性はそれとも自然な状態が髪を結って湾曲するのになりを出されて、朱丹でからだを塗って、中国の使う粉おしろいのようだ。森豊か(1982)は、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接