关于招财猫文化毕业论文_日语毕业论文

关于招财猫文化毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

在日本文化中,“猫”占据着极为特殊的位置,已经形成一种文化现象。这一现象经年累月,潜移默化地成为日本民族文化中的重要组成部分。在日本的猫中特别是招财猫最为著名。招财猫经历了怎样的变迁融入现在社会文化中,招财猫的背后蕴藏怎样的文化内涵。本文将从招财猫的起源,招财猫的种类等方面分析招财猫的文化。

关键词:招财猫;中日;起源;种类;文化

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 招き猫の起源 4
    1. 日本の招き猫の起源 4
    2. 中国の招き猫の起源 5
  2. 招き猫の種類 6
    1. 中国の招き猫の種類 6
    2. 日本の招き猫の種類 10
    3. 中国にだけ見られる招き猫 12
    4. 日本にだけ見られる招き猫 12
  3. 招き猫の魅力 13
    1. 若者にとって 13
    2. 商舖にとって 13
    3. 中国市場にとって 14
    4. 日本にとって 15
  4. 現在の招き猫 16

おわりに 18

参考文献 19

謝辞 20

はじめに

日本文化においては、「猫」はきわめて特殊な地位を占めており、既に一つの文化的現象を形成した。このような現象は長い年月を経過し、感化を受けて知らず知らずのうちに日本の民俗文化の中の重要な構成要素となっている。日

本の発展経過の中では、江戸時代に誕生した招き猫の発展も繁栄から没落まで、また繁栄への経過を経歴した。招き猫の色が鮮やかであり、形態もそれぞれ異 なる。ほとんどの日本人は最初に思い付く言葉が「招き猫」であろう。特にこ こ十年では、日本の招き猫は国を出、招き猫の大人気を引き起こした。日本人 に深く愛されているだけでなく、我が国の商業分野にも大量に出現し始めた。中国の伝統的なマスコットキャラクターの中では、猫の痕跡を見付けることが 困難である。現在、我々がどこにも見られる招き猫は、果たしてどこから由来 したのであろうか。また、どのような変化を経歴してから、我々の文化の中に 溶け込んできたのであろうか。このような小さな招き猫の背後にどのような文 化内包が隠されているのであろうか。本論文では、招き猫の由来、種類等の面 から招き猫の背後に隠された文化内包を分析する。

先行研究

  1. 招き猫の出所についての分析

国内の研究:すでにあった研究の大部分は歴史から招き猫の文化の内包を分析したものである、例えば、陈芳・冉秀(2012)は豪徳寺の招き猫の起源を例にしてその内包を分析して来た。しかし、他の視点から分析してきた資料も挙げられる。例えば、韩维霞(2005)では、招き猫の由来の部分ではどうしてキツネを選ばないで猫を選んだのかについて分析を行う。

国外の研究:すでにあった文献の大部分は招き猫の不一致始まる言い方から招き猫の背後の文化を研究する。例えば、今戸神社起源説、豪徳寺起源説、自性院起源説など。

  1. 招き猫の種類から分析する

すでにあった研究の中でほぼすべて招き猫の色、図案、手振りなど方面から文化の内涵の分析を行う。次にの表は招き猫の百度百科の内容から整理してきた。

表 1 招き猫の色と手振りとの関係

右手

左手

白い

福を招く

福を招く

金色

金運は順調

金運は順調

黒い

魔を上げて災難を免れる

魔を上げて災難を免れる

ピンク

恋愛

恋愛

赤い

災害をやめるか病気ない

災害をやめるか病気ない

進学

進学

黄色

結婚

結婚

青い

事業は成功する

事業は成功する

美しい、健康

美しい、健康

表 2 パターンの意味

パターン

意味

パターン

意味

宝船

財産

吉祥

理想と梦想

四季の花

富貴だ

愿望と理想を実現

する

ベル

開運、縁

富士山

富貴だ

愛情

カメ、クレーン

長寿

毎年

招き猫の種類の分析の中で先行研究がすでに非常にそろっていた。しかし、古代にある招き猫が赤い染色生地で敷く、胸先掛ける金鈴、面ない表情、両目ぴったり閉めて、挙げる右手が財源の広いさまを象徴する。あの時の人々はどうして招き猫をこのような外見にならせて、どうして現在の招き猫のように多種多様であるかは筆者が疑問を抱えている。今昔の招き猫の種類の变述を通して、日本の民族文化を示すことを本稿の目的とする。

1 招き猫の起源

日本の招き猫の起源

東京都世田谷区の豪徳寺が発祥の地とする説がある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接